造船とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > 造船の意味・解説 

ぞう せん ざう- [0] 【造船】

( 名 ) スル
船を設計造ること。

造船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 15:52 UTC 版)

造船(ぞうせん)とはを作ることである。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 近年では、船主が最初に造船会社へ基本設計と引合を求めるのではなく、船の設計事務所へ基本設計を依頼して、それによって出される基本設計と船価に基づいて、造船会社に引合を募る方法も採られる。
  2. ^ 進水式では式の参加者に、図版や絵などが美麗に描かれた「進水絵葉書」が土産として配られることが通例で、このコレクターが存在する。
  3. ^ 公海航路に就航する船舶は、公海上での試験(公海試験、公試)が必須である。
  4. ^ 潮流や風の影響があれば、それを修正する場合もある。
  5. ^ 日本船では、引渡し式の前に船橋などに神棚が作られ、海の守り神である金毘羅宮を祭る入魂式が行なわれることがある。
  6. ^ 最初の営業航海は「処女航海」(Maiden voyage)と呼ばれる。

出典

  1. ^ a b c 吉識恒夫著 『造船技術の進展』 成山堂書店 2007年10月8日初版発行 ISBN 978-4-425-30321-2
  2. ^ a b 池田良穂著 『内航客船とカーフェリー』 成山堂書店 平成20年7月18日新訂初版発行 ISBN 9784425770724
  3. ^ a b 船と海の研究会編著 『海洋船舶の科学』 日刊工業新聞社 2008年4月30日初版第1刷発行 ISBN 9784526060533
  4. ^ a b 野沢和夫著 『船 この巨大で力強い輸送システム』 大阪大学出版会 2006年9月10日初版第一刷発行 ISBN 4-87259-155-0
  5. ^ 成美堂出版編集部編 『モノができる仕組み事典』 成美堂出版 ISBN 9784415301020
  6. ^ 中道敏彦、坪田実著 『塗料の本』 日刊工業新聞社 2008年4月15日初版1刷発行 ISBN 9784526060526
  7. ^ 徳光康著 『The 船客』 三椎社 2002年5月27日発行 ISBN 4063399834
  8. ^ a b 池田良穂著 『船の最新知識』 ソフトバンク クリエイティブ(株) 2008年11月24日初版第一刷発行 ISBN 9784797350081
  9. ^ 池田良穂著 『船のすべてがわかる本』 ナツメ社 2009年2月9日発行 ISBN 9784816346408
  10. ^ 「打倒韓国」 日本の造船業、思い切った合併で復活朝鮮日報日本語版 2016年4月26日
  11. ^ 不況の韓国造船業、構造調整を訴える下請け企業朝鮮日報日本語版 2016年4月28日







造船と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

造船に関連した本

「造船」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「造船」の関連用語

造船のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

八重紅枝垂

春の平棚田

唐鋤

スマトラオオヒラタ

武者小路実篤

エコバック包み

KTM 250 SX-F

五指山猪





造船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの造船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS