ウェイター ウェイターの概要

ウェイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/16 19:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
注文をとるウェイター/ウェイトレス
皿を運ぶウェイター

名前の由来・歴史

英語のWait(待つ)から来ている。店内各所で待ち構えて迅速に接客を行なう姿から「待つ人」として呼ばれている。定説では、17世紀にコーヒー・ハウスが大流行したイギリスフランスなどの西欧で発生した。

日本では大正時代に都市で喫茶店とともに増加し、そのころは給仕、女給と呼ばれていた。また、昭和の頃には一部でレストランのウェイターをボーイと呼び、バーなど酒場の店員をウェイターと、独特の使い分けがされたこともある。

通常、男性をウェイター、女性をウェイトレスと呼ぶ。これは性的に中立でないため、ホールスタッフ、フロアスタッフ、ウェイター/ウェイトレス、ウェイター・ウェイトレス、ウェイター(性別を問わず)、接客係などと呼ばれることもあるが、広く定着したものはない。

ホールスタッフなどの名称はパチンコ店などの外食産業以外の接客業でも用いられている。

業務の概説

日本では極めて一般的な職業である。

小さな飲食店では店舗規模も小さく、皿洗い兼接客係といった形態も多い。大型の外食産業の店舗では多くの専門のウェイター/ウェイトレスを雇用している。どの形態の店においてもウェイター/ウェイトレスの仕事は客の注文を受け、それをキッチンに伝え、料理や飲み物、酒類をテーブルまで運ぶことである。

店によってはさらに特殊なサービスを求められる場合もある。メイド喫茶では誕生日に歌を歌う、特定の料理にケチャップでメッセージを書く、じゃんけんなどのゲームをする、といったサービスをウェイトレスが行なう。またホテルなどではこうした大衆的なサービスではなく、料理を出すタイミングやリラックスして食事を楽しめる環境の整備など質の高いサービスが求められる。海外の大衆向けの大型レストランなどではローラースケートを履いたウェイトレスが配膳を行なうチェーンもある。

チップ

日本ではほとんど定着していないが、アメリカなど欧米文化圏では、チップ (tip) はウェイター/ウェイトレスの重要な収入源である。

チップの始まりについては諸説あるが、イギリスでとある飲食店が従業員のサービス向上のために「To Insure Promptness(迅速さの保障のため)」と書かれた壷を用意して、サービスに満足した客からの募金を募ったことから始まったとされる(頭文字をとってTIPと呼ぶようになったとも言われる)。時期ははっきりしないが17世紀のコーヒーハウスを描いた銅版画にもその記述のある壷がある。

ウェイター/ウェイトレスのいる店ではチップを支払うのが礼儀であり、スタッフの仕事に対する評価になっている。チップがもらえないと、自分の仕事に不満だと受け取られることが多い。

また地域によっては、子供の粗相でテーブルを汚した場合の迷惑料としてチップを置くこともある。

制服

ウェイター/ウェイトレスの制服は店によって異なっている。経営側も利用客も制服は店の雰囲気をつくるものとして重要視している。アンナミラーズのようにウェイトレスの制服が集客要素につながる場合もあり、各店舗でさまざまな制服が見られる。制服としては店舗で用意される貸与のものを着用となるが、概ね靴は自前になる。また女性はパンスト着用を正装とする場合がほとんど(例えばマクドナルドはその例で、そのパンストの色が濃かったり奇抜な色だったりすると注意が入る)であった。しかしパンスト離れといった時代の趨勢を反映して、パンスト着用から、靴下(ハイソックス)に切替える店が多い。個人経営の喫茶店などでは、私服にエプロンをつけただけの場合が多い。


  1. ^ 深川の軽子江戸食文化紀行、歌舞伎座


「ウェイター」の続きの解説一覧




ウェイターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウェイター」の関連用語

ウェイターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウェイターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェイター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS