hydroxyzineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > hydroxyzineの意味・解説 

ヒドロキシジン

分子式C21H27ClN2O2
その他の名称:トラン-Q、ヒドロキシジン、Hydroxizine、Tran-Q、UCB 4492、Hydroxyzine、Hydroxyzin、2-[2-[4-[α-(4-Chlorophenyl)benzyl]piperazin-1-yl]ethoxy]ethanol、2-[2-[4-(4-Chlorobenzhydryl)-1-piperazinyl]ethoxy]ethanol
体系名:2-[2-[4-[4-クロロフェニル(フェニル)メチル]ピペラジン-1-イル]エトキシ]エタノール、2-[2-[4-[4-クロロフェニル(フェニル)メチル]ピペラジノ]エトキシ]エタノール、1-(p-クロロ-α-フェニルベンジル)-4-[2-(2-ヒドロキシエトキシ)エチル]ピペラジン、2-[2-[4-[(4-クロロフェニル)フェニルメチル]-1-ピペラジニル]エトキシ]エタノール、2-[2-[4-(p-クロロ-α-フェニルベンジル)ピペラジン-1-イル]エトキシ]エタノール、2-[2-[4-[α-(4-クロロフェニル)ベンジル]ピペラジン-1-イル]エトキシ]エタノール、2-[2-[4-(4-クロロベンズヒドリル)-1-ピペラジニル]エトキシ]エタノール


ヒドロキシジン

薬物ヒドロキシジン
英名hydroxyzine
化合物名or商品名アタラックス他
分子式C21H27ClN2O2
分子データ
(二塩酸塩
用途精神,向アレルギー
副作用
胎,授乳児への影響安全度
備考塩酸塩として用いる
融点193
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-145(ラット静脈内)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ヒドロキシジン

(hydroxyzine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/17 23:16 UTC 版)

ヒドロキシジン(Hydroxyzine)は構造中にジフェニルメタンピペラジンを含む第一世代抗ヒスタミン薬の一つである。1953年に初めて発見され[2]:1、1956年に発売された[3]。商品名アタラックスまたはアタラックス-P。日本で承認を取得したのは1957年6月である[2]:1。2015年現在も使用されている。中枢神経抑制効果があり、強い抗不安作用と弱い強迫性障害抑制効果を持つので、抗精神病薬として[4]、主に不安や神経症に伴う緊張の緩和、あるいは不安症に伴う器質性疾患の症状軽減補助に用いられる。抗ヒスタミン作用があるので瘙痒感痛覚過敏乗り物酔いによる嘔気にも使われる。鎮静催眠抗不安効果を持つが、治療域内の用量では薬物乱用薬物依存症の危険はないとされる。オピオイド離脱英語版症候群の低減にも使用される[5][6]。またオピオイドの鎮痛効果の増強と、オピオイドの副作用である瘙痒感、嘔気、嘔吐の軽減に用いられる。




  1. ^ Simons FE, Simons KJ, Frith EM (January 1984). “The pharmacokinetics and antihistaminic of the H1 receptor antagonist hydroxyzine”. The Journal of Allergy and Clinical Immunology 73 (1 Pt 1): 69–75. doi:10.1016/0091-6749(84)90486-x. PMID 6141198. 
  2. ^ a b c d e f アタラックス錠10mg/ アタラックス錠25mg インタビューフォーム (PDF)”. ファイザー (2010年11月). 2015年5月5日閲覧。
  3. ^ Shorter, Edward (2009). Before Prozac: the troubled history of mood disorders in psychiatry. Oxford [Oxfordshire]: Oxford University Press. ISBN 0-19-536874-6. http://books.google.com/?id=8VaYF8pIPxgC&lpg=PR13&dq=hydroxyzine%201956&pg=PR13#v=onepage&q. 
  4. ^ SCHRAM, WS (March 1959). “Use of hydroxyzine in psychosis.”. Diseases of the Nervous System 20 (3): 126-9. PMID 13639831. 
  5. ^ FDA DrugInfo: http://dailymed.nlm.nih.gov/dailymed/archives/fdaDrugInfo.cfm?archiveid=51459
  6. ^ Hydroxyzine Facts and Comparisons at Drugs.com”. 2015年5月5日閲覧。
  7. ^ a b c d アタラックス錠10mg/アタラックス錠25mg 添付文書” (2015年8月). 2016年7月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e アタラックス-P注射液(25mg/mL)/アタラックス-P注射液(50mg/mL) 添付文書” (2016年5月). 2016年7月2日閲覧。
  9. ^ a b c d アタラックス-Pカプセル25mg/アタラックス-Pカプセル50mg/アタラックス-Pドライシロップ2.5% 添付文書” (2015年8月). 2016年7月2日閲覧。
  10. ^ a b c d アタラックス-Pシロップ0.5% 添付文書” (2015年8月). 2016年7月2日閲覧。
  11. ^ a b c d アタラックス-P散10% 添付文書” (2015年8月). 2016年7月2日閲覧。
  12. ^ Llorca PM, Spadone C, Sol O, and others (November 2002). “Efficacy and safety of hydroxyzine in the treatment of generalized anxiety disorder: a 3-month double-blind study”. J Clin Psychiatry 63 (11): 1020–7. doi:10.4088/JCP.v63n1112. PMID 12444816. http://www.psychiatrist.com/privatepdf/2002/v63n11/v63n1112.pdf. 
  13. ^ a b c d e f g h Pfizer Labs, Division of Pfizer Inc, NY, NY 10017 (2014) (pdf). Vistaril (hydroxyzine pamoate) Capsules and Oral Suspension. United States Food and Drug Administration. http://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2014/011459s048,011795s025lbl.pdf 2015年5月6日閲覧。. 
  14. ^ a b c Dolan, C. M. (June 1958). “MANAGEMENT OF EMOTIONAL DISTURBANCES—Use of Hydroxyzine (Atarax) in General Practice”. Calif Med. 88 (6): 443–444. PMC 1512309. PMID 13536863. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1512309. 
  15. ^ Porsolt, Roger D.; P. Martin, A.Lenégre, S. Fromage, C. E. Giurgea (1989). “Prevention of "learned helplessness" in the rat by hydroxyzine”. Drug Development Research 17 (3): 227–236. doi:10.1002/ddr.430170306. 
  16. ^ a b Clark, B. G.; M. Araki; H. W. Brown (1982). “Hydroxyzine-Associated Tardive Dyskinesia”. Ann Neurol. 11 (4): 435. doi:10.1002/ana.410110423. PMID 7103423. 
  17. ^ a b c UCB South-Africa, et al., (2004)
  18. ^ Anderson, Philip O.; James E. Knoben; William G. Troutman (2002). Handbook of Clinical Drug Data. McGraw-Hill Medical. ISBN 0-07-136362-9. 
  19. ^ a b c de Brabander, A.; W. Deberdt (1990). “Effect of Hydroxyzine on Attention and Memory”. Human Psychopharmacology (John Wiley & Sons) 5 (4): 357–362. doi:10.1002/hup.470050408. http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/abstract/109710652/ABSTRACT?CRETRY=1&SRETRY=0 2007年3月9日閲覧。. 
  20. ^ Alford, C.; N. Rombautt, J. Jones, S. Foley, C. Idzikowskit and I. Hindmarch (1992). “Acute Effects of Hydroxyzine on Nocturnal Sleep and Sleep Tendency the Following Day: a C-EEG Study”. Human Psychopharmacology 7 (1): 25–35. doi:10.1002/hup.470070104. http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/abstract/109711163/ABSTRACT 2007年3月10日閲覧。. 
  21. ^ NCQA’s HEDIS Measure: Use of High Risk Medications in the Elderly, アーカイブされたコピー”. 2010年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月22日閲覧。
  22. ^ a b c アタラックス-P注射液(25mg/ml)/アタラックス-P注射液(50mg/ml) インタビューフォーム (PDF)”. ファイザー (2010年11月). 2015年5月5日閲覧。
  23. ^ Ucerax (hydroxyzine hydrochloride) 25 mg film-coated tablets. Summary of product characteristics”. Irish Medicines Board. 2014年2月9日閲覧。
  24. ^ [1] "The extent of renal excretion of VISTARIL has not been determined"[2]
  25. ^ Gillard M, Van Der Perren C, Moguilevsky N, Massingham R, Chatelain P (February 2002). “Binding characteristics of cetirizine and levocetirizine to human H(1) histamine receptors: contribution of Lys(191) and Thr(194)”. Molecular Pharmacology 61 (2): 391–9. doi:10.1124/mol.61.2.391. PMID 11809864. http://molpharm.aspetjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=11809864. 
  26. ^ a b c Snowman AM, Snyder SH (December 1990). “Cetirizine: actions on neurotransmitter receptors”. The Journal of Allergy and Clinical Immunology 86 (6 Pt 2): 1025–8. doi:10.1016/S0091-6749(05)80248-9. PMID 1979798. 
  27. ^ a b c Kubo N, Shirakawa O, Kuno T, Tanaka C (March 1987). “Antimuscarinic effects of antihistamines: quantitative evaluation by receptor-binding assay”. Japanese Journal of Pharmacology 43 (3): 277–82. doi:10.1254/jjp.43.277. PMID 2884340. 
  28. ^ a b c WHITE RP, BOYAJY LD (September 1960). “Neuropharmacological comparison of atropine, scopolamine, banactyzine, diphenhydramine and hydroxyzine”. Archives Internationales De Pharmacodynamie et De Thérapie 127: 260–73. PMID 13784865. 
  29. ^ a b Haraguchi K, Ito K, Kotaki H, Sawada Y, Iga T (June 1997). “Prediction of drug-induced catalepsy based on dopamine D1, D2, and muscarinic acetylcholine receptor occupancies”. Drug Metabolism and Disposition: the Biological Fate of Chemicals 25 (6): 675–84. PMID 9193868. http://dmd.aspetjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=9193868. 
  30. ^ Orzechowski RF, Currie DS, Valancius CA (January 2005). “Comparative anticholinergic activities of 10 histamine H1 receptor antagonists in two functional models”. European Journal of Pharmacology 506 (3): 257–64. doi:10.1016/j.ejphar.2004.11.006. PMID 15627436. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0014-2999(04)01262-2. 
  31. ^ Berger, F. M. (1957). “THE CHEMISTRY AND MODE OF ACTION OF TRANQUILIZING DRUGS”. Annals of the New York Academy of Sciences 67 (10): 685–700. doi:10.1111/j.1749-6632.1957.tb46006.x. ISSN 00778923. 
  32. ^ K. D. Tripathi (2013). Essentials of Medical Pharmacology. JP Medical Ltd. p. 165. ISBN 978-93-5025-937-5. http://books.google.com/books?id=FfG8AQAAQBAJ&pg=PA165. 
  33. ^ Barbara Olasov Rothbaum; Stein, Dan J.; Hollander, Eric (2009). Textbook of Anxiety Disorders. American Psychiatric Publishing, Inc. ISBN 1-58562-254-0. http://books.google.com/?id=quQY1R8vsZcC&lpg=PA196&dq=hydroxyzine%20serotonin&pg=PA196#v=onepage&q. 
  34. ^ Lamberty Y, Gower AJ (September 2004). “Hydroxyzine prevents isolation-induced vocalization in guinea pig pups: comparison with chlorpheniramine and immepip”. Pharmacology, Biochemistry, and Behavior 79 (1): 119–24. doi:10.1016/j.pbb.2004.06.015. PMID 15388291. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0091-3057(04)00224-2. 
  35. ^ Wurtzell, Elizabeth (1995). Prozac Nation: a Memoir. New York, London: Riverhead. ISBN 978-1573225120. 


「ヒドロキシジン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「hydroxyzine」の関連用語

hydroxyzineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アカバ

三枚堂達也

テリジノサウルス・ケロニフォルミス

鈴木崇文

オイランヤドカリ

ノースリーブ

5GHz帯無線アクセスシステム

WX321J





hydroxyzineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒドロキシジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS