DSAとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 国際関係用語 > DSAの意味・解説 

DSA

読み方ディ・エス・エー
英文正式名Debt Sustainability Analysis
日本名(略称):債務持続可能性分析

加盟国公的対外債務維持可能かどうか分析するIMF取組み2002年6月導入以降精緻化向けて作業が行われている。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

DSA

フルスペル:Digital Signature Algorithm
別名:Digital Signature StandardDSS

DSAとは、1991年NSAU.S. National Security Agency)によって開発された、公開鍵暗号方式によるデジタル署名方式のことである。1994年米国立標準技術研究所NIST)によって米国政府標準電子文書認証方式となった。DSAはFIPSFederal Information Processing Standard)によってFIPS 186として定義されている。

DSAは、離散対数問題応用したエルガマル法エルガマル暗号)が改良されたものであるエルガマル法比較すると、デジタル署名ビット長が縮小されていること、あるいは暗号化アルゴリズムとして、離散対数に基づくアルゴリズムからハッシュ関数一種である「SHA-1」に移行していることなどの違いがある。


参照リンク
DIGITAL SIGNATURE STANDARD (DSS) - (FIPS PUB 186
セキュリティのほかの用語一覧
認証方式:  Windows Hello  ワンタイムパスワード
電子証明書:  CRL  DSA  EV SSL証明書  フィンガープリント  IT書面一括法

DSA クラス

デジタル署名アルゴリズム (DSA: Digital Signature Algorithm) のすべての実装継承する必要がある抽象基本クラスを表します。

名前空間: System.Security.Cryptography
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

解説解説
継承階層継承階層
System.Object
   System.Security.Cryptography.AsymmetricAlgorithm
    System.Security.Cryptography.DSA
       System.Security.Cryptography.DSACryptoServiceProvider
スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバ場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

DSA コンストラクタ


DSA フィールド


プロテクト フィールドプロテクト フィールド

  名前 説明
プロテクト フィールド KeySizeValue  非対称アルゴリズム使用されるキー モジュラスサイズビット単位で表します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
プロテクト フィールド LegalKeySizesValue  非対称アルゴリズムサポートされているキー サイズ指定します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
参照参照

DSA プロパティ


パブリック プロパティパブリック プロパティ

  名前 説明
パブリック プロパティ KeyExchangeAlgorithm  派生クラスオーバーライドされると、キー交換アルゴリズムの名前を取得します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック プロパティ KeySize  非対称アルゴリズム使用されるキー モジュラスサイズビット単位取得または設定します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック プロパティ LegalKeySizes  非対称アルゴリズムサポートされているキー サイズ取得します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック プロパティ SignatureAlgorithm  署名アルゴリズムの名前を取得します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
参照参照

DSA メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Clear  AsymmetricAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソース解放します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック メソッド Create オーバーロードされます。 非対称アルゴリズム実行するために使用する暗号オブジェクト作成します。
パブリック メソッド CreateSignature 派生クラスオーバーライドされると、指定されたデータの DSA 署名作成します。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ExportParameters 派生クラスオーバーライドされると、DSAParametersエクスポートします。
パブリック メソッド FromXmlString オーバーライドされます。 XML 文字列から DSA オブジェクト再構築します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ImportParameters 派生クラスオーバーライドされると、指定された DSAParametersインポートします。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToXmlString オーバーライドされます。 現在の DSA オブジェクトXML 文字列形式作成して返します。
パブリック メソッド VerifySignature 派生クラスオーバーライドされると、指定されたデータDSA 署名検証します。
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Dispose  派生クラスオーバーライドされると、AsymmetricAlgorithm によって使用されているアンマネージ リソース解放し、オプションマネージ リソース解放します。 ( AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 ( Object から継承されます。)
参照参照

DSA メンバ

デジタル署名アルゴリズム (DSA: Digital Signature Algorithm) のすべての実装継承する必要がある抽象基本クラスを表します。

DSA データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


プロテクト コンストラクタプロテクト コンストラクタ
  名前 説明
プロテクト メソッド DSA DSA クラス新しインスタンス初期化します。
プロテクト フィールドプロテクト フィールド
  名前 説明
プロテクト フィールド KeySizeValue  非対称アルゴリズム使用されるキー モジュラスサイズビット単位で表します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
プロテクト フィールド LegalKeySizesValue  非対称アルゴリズムサポートされているキー サイズ指定します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック プロパティパブリック プロパティ
  名前 説明
パブリック プロパティ KeyExchangeAlgorithm  派生クラスオーバーライドされると、キー交換アルゴリズムの名前を取得します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック プロパティ KeySize  非対称アルゴリズム使用されるキー モジュラスサイズビット単位取得または設定します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック プロパティ LegalKeySizes  非対称アルゴリズムサポートされているキー サイズ取得します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック プロパティ SignatureAlgorithm  署名アルゴリズムの名前を取得します。(AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック メソッドパブリック メソッド
( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Clear  AsymmetricAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソース解放します。 (AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
パブリック メソッド Create オーバーロードされます。 非対称アルゴリズム実行するために使用する暗号オブジェクト作成します。
パブリック メソッド CreateSignature 派生クラスオーバーライドされると、指定されたデータDSA 署名作成します。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ExportParameters 派生クラスオーバーライドされると、DSAParametersエクスポートします。
パブリック メソッド FromXmlString オーバーライドされます。 XML 文字列から DSA オブジェクト再構築します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ImportParameters 派生クラスオーバーライドされると、指定された DSAParametersインポートします。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToXmlString オーバーライドされます。 現在の DSA オブジェクトXML 文字列形式作成して返します。
パブリック メソッド VerifySignature 派生クラスオーバーライドされると、指定されたデータDSA 署名検証します。
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Dispose  派生クラスオーバーライドされると、AsymmetricAlgorithm によって使用されているアンマネージ リソース解放し、オプションマネージ リソース解放します。 (AsymmetricAlgorithm から継承されます。)
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 (Object から継承されます。)
参照参照

DSA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/25 06:58 UTC 版)

Anode) - 電解液および電解反応で変質・腐食しない陽極。デノラ・ペルメレック社の登録商標。




「DSA」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DSA」の関連用語

DSAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DSAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDSAの記事を利用しております。
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2019 Microsoft.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDSA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS