CODとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > CODの意味・解説 

COD

【英】Cash on Delivery
別名:キャッシュ・オン・デリバリー

商品サービス配送時、またはレストランなどで注文の品がテーブルに運ばれた時に商品受取交換支払を済ませる方法

COD(化学的酸素要求量)

CODとはChemical Oxygen Demand化学的酸素要求量)の略であり,海水河川有機汚濁物質等による汚れ度合いを示す数値で,水中有機物汚染源となる物質通常過マンガン酸カリウム等の酸化剤酸化するときに消費される酸素量mg/Lで表したものです。数値が高いほど水中汚染物質の量も多いということ示します。

COD


化学的酸素要求量(COD) (かがくてきさんそようきゅうりょう)

 水中有機物質などが過マンガン酸カリウムによって化学的酸化分解される際に消費される酸素量のことで、数値大きくなるほど汚濁していることを示す。湖沼海域水質汚濁一般指標として用いられる。これは、湖沼においてはプランクトン等の呼吸作用影響を受け、海域では塩分影響を受けることから、BOD測定する事が難しく、むしろCODのほうが汚濁状況を明確に表していると考えられることによる

COD…化学的酸素要求量(Chemical Oxygen Demand)

水中酸化されやすい物質(主として有機物)によって消費される酸素量のことをいいます。汚水過マンガン酸カリウムと混ぜて、10030分置いたときに、過マンガン酸カリウム中の酸素どれだけ有機物化合して減ったかを量った値です。

.cod

読み方シーオーディー

.codとは、ファイル暗号化ソフト「Cod」によって作成されたテキストファイルに付く拡張子のことである。

.codで暗号化されたファイル半角数字羅列となっている。なお、現在「Cod」は配布中止されている。


COD

英語 chemical oxygen demand

化学的酸素要求量海水湖水中の汚濁物質酸化するときに消費される酸素量mg/Lで表したもの海水湖水汚れ度合いを示す指標として用いられ、数値が高いほど水中汚濁物質の量が多いことを示す。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

COD(シーオーディー)

 化学的酸素要求量Chemical Oxygen Demandの略。

 河川水などの汚れ度合を示す数値で、水中汚濁物質主として有機物)などが過マンガン酸カリウムなどの酸化剤によって化学的酸化されるときに消費される酸素の量をいい、数値が高いほど水中汚濁物質の量が多く汚れ大きいことを示す。水質汚濁法では過マンガン酸カリウムによる検数値(CODMN)が使われ、閉鎖水域総重量規制もそれで行われる


1,5‐シクロオクタジエン

分子式C8H12
その他の名称:COD、1,5-COD、1,5-Cyclooctadiene、cod、1,5-Cyclooctanediene、Cycloocta-1,5-diene
体系名:シクロオクタ-1,5-ジエン、1,5-シクロオクタジエン、1,5-シクロオクタンジエン


(1Z,5Z)‐1,5‐シクロオクタジエン

分子式C8H12
その他の名称:cis,cis-シクロオクタ-1,5-ジエン、COD、cis,cis-Cycloocta-1,5-diene、(1Z,5Z)-1,5-Cyclooctadienecis,cis-1,5-シクロオクタジエンcis,cis-1,5-Cyclooctadiene
体系名:(1Z,5Z)-シクロオクタ-1,5-ジエン、(1Z,5Z)-1,5-シクロオクタジエン


化学的酸素要求量(COD)

CODはChemical Oxygen Demandの略称です。水中有機物などを酸化剤酸化するときに消費される酸化剤の量を酸素の量に換算したものです。CODの測定方法はいくつありますが、わが国では硫酸酸性過マンガン酸カリウムにより沸騰水浴中(100)で30分間反応させたときの消費量測定する方法が用いられています。有機物おおよそ目安として用いられますが、2価亜硝酸塩などが存在する場合はそれらの量も測定値に含まれます。CODは河川には環境基準値がなく、湖沼海域には定められています。

COD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/07 07:35 UTC 版)

COD






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「COD」の関連用語

CODのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



CODのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2018by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2018 Kankyosho All rights reserved.
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.codの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2018 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2018 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2018 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCOD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS