津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクションとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 文化財選集 > 津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクションの意味・解説 

津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション (青森県)

名称
津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション
区分
重要有形民俗文化財
点数
67
所在地
青森県青森市勝田1-3-1
所有者
財団法人 みちのく北方漁船博物館財団

資料一覧
解説
秋田県北部岩手県北部から津軽海峡を挟んだ渡島半島南部地方までの地域使用された,伝統的なムダマハギ型漁船とその変遷過程を示す漁船からなるコレクションである。ムダマハギとは,船底カツラブナヒバスギなどの刳り抜き材を使用し,平底船底タナイタをつけ,アバラと呼ぶ補強材をつけた構造を持つ船のことで,構造クルマガイ使用共通性見られるアワビウニ採取昆布ワカメなどの海藻類の採取カレイなどの刺し網釣り漁などの磯廻り漁に用いられてきた。


津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション

名称: 津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション
ふりがな つがるかいきょうおよびしゅうへんちいきのむだまはぎがたぎょせんこれくしょん
種別 交通運輸通信に用いられるもの
員数 67
指定年月日 1997.12.15(平成9.12.15)
所有者 財団法人みちのく北方漁船博物館財団
所有者住所 青森県青森市
管理団体名:
備考
解説文: 津軽海峡中心に秋田県北部岩手県北部から北海道一円にかけての地域には、かつては、ムダマハギと呼ばれる形式木造漁船広く分布し、漁船の名称・構造使用方法などに多く共通点がみられた。この地域にはその数は少なくなったものの、現在も各地にムダマハギ型漁船やその痕跡を残す木造漁船使用されている。ムダマハギとは、船底カツラやブナ・ヒバ・スギなどの刳り抜き材を使用し、平底船底タナイタカイグともいわれる)をつけ、アバラと呼ぶ補強材をつけた独特の構造をもつものである。この形式は、オモキ造りと呼ばれた造船技術連なるもので、秋田県下では能代市付近を境に南にはオモキ造り、北にはムダマハギ造り漁船分布している。また、北海道一帯かつては広く分布していたムダマハギ型漁船は、ニシン漁の関係で北に広がっていったのであるが、津軽海峡に面した渡島半島南部地域を除いてその消滅進んでおり、現在では礼文島利尻島を除くその他の地域にはほとんどみられなくなっている。
 本コレクションは、みちのく銀行合併二〇周年記念して建設計画している木造漁船博物館仮称)の資料として収集した、この地方木造漁船など一一〇隻余のコレクションのなかから、ムダマハギ技法による漁船その先形態である丸木舟、およびムダマハギ型漁船継承し、船形等にその影響を色濃く残す、四枚接ぎ呼ばれる構造船を選んでとりまとめたものである
 この地域のムダマハギ型漁船は、主にアワビウニ採取昆布ワカメなど海藻類の採取カレイなどを対象とする刺し網釣り漁などの、この地方磯廻【いそまわ】り漁と呼ばれる漁撈に用いられてきた。
 この地域のムダマハギ型漁船に共通してみられることは、
 ○ムダマ・タナイタ・アバラを基本的構造とすること
 ○操船のためにクルマガイを用いること
 ○ムダマの材料は、カツラ材を最良とするが数が少なくブナは重く腐りやすい欠点指摘されるものの入手しやすいために広く使用されており、ほかにクリ・トチ・スギ・ヒバなどが用いられていること
 ○ムダマは昔は一枚ものを基本にしたと考えられるが、材料制約から二、三部材接ぎ合わせることが多く、その方法には「チョウアワセ」という二枚材料合わせる方式、チョウアワセの中にさらに一枚加えて三枚とする「ナカチョウ」の方式船底両端の角の立ち上がり部分補助材を接合する「コスギ・ツケギ」の方式などがみられること
 ○ムダマの接ぎ合わせには、古くは、接着剤として漆が用いられること
 ○ムダマの継ぎ合わせ技法としては、古く接合部彫り込みをいれ、ここに「タタラ」という板を差し込んで接ぎ目から割れるのを防ぎ、「リュウゴ」と呼ぶ鼓型【つづみがた】の【くさび】(チキリとも呼ばれるもの)で材が離れないように固定する方法が用いられたこと
 ○ムダマとタナイタ接合縫い釘によって行うこと
 などがあげられる。なお、ムダマの接ぎ合わせタタラリュウゴ併用する方法は、現在では秋田県地方には残るものの、青森県下では早くから釘の普及進みの「落し釘」と「鎹【てつかすがい】」の併用ないしは落し釘」のみで接合する方法変化している。
 こうした操船方法構造上の共通性念頭において、さらに細部構造外形上の特色着目すると、今回収集地域概ね以下の四つ地域分けることができる。
 秋田県北部青森県西海岸地方 この地方マルキ呼ばれる船は、ムダマの接合タタラリュウゴ使用し、舳先幅広に作られており、丸木舟形態色濃く残している。舳先尖った形態のムダマハギ型の漁船マルキ変化したもので、ホッツと呼ばれており、ホッツにはさらに四枚接ぎ技法で作られたものがある。この地域のムダマはスギが用いられるのが特徴である。青森県側では、早い時期にムダマから四枚接ぎ技法取り入れたイソブネに変化したが、技法的には四枚接ぎ属するもののシキとシタダナは平底接合されており、シキ部分にムダマハギの名残となる彫り込みを残し、これをムダマとも呼んでいることから、完全な四枚接ぎ構造船に移行する過渡的段階船形といえるまた、この地方使用される推進具は、クルマガイとともに・サッカイ・ネリガイも併用している点に特徴がある。
重要有形民俗文化財のほかの用語一覧
交通・運輸・通信に用いられるもの:  大船渡のまるた  沢内のまるきぶね  男鹿のまるきぶね  津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション  田沢湖のまるきぶね  能登内浦のドブネ  背負運搬具コレクション


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクション」の関連用語

津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



津軽海峡及び周辺地域のムダマハギ型漁船コレクションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS