御岳神社とは?

御嶽神社

御嶽神社 里宮
おんたけじんじゃみたけじんじゃ

鎮座地 長野県木曾郡王滝村

奥 宮  御嶽山(標高3036m)の頂上

ご祭神 国常立命
    大己貴命
    少彦名命
(俗称岩戸
御嶽神社 鳥居
お山に眠っておられるのかな? 御嶽山山岳そのものが神であるという信仰起源すると考えられています。開山役小角といわれ、大宝2年(702)信濃国高根道基により奥宮創建され里宮文明16年(1484)に創建
 それ以後入山するものが絶えていましたが、天明 年間(1781~89)尾張国覚明(かくめい)が再開し、次いで武蔵国の普寛(ふかん)などの修験行者御嶽山神の功徳を説き世人登山遥拝勧め、再び御嶽山信仰世の注目を集めるようになりました。

 神道十三派一つ御嶽教あります木曾御嶽霊山根本道場とする山岳教派で、岐阜県側の黒沢登山道開闢をした覚明(御嶽教では覚明霊神と仰ぐ)と長野県側の王滝登山道を開いた普寛(普寛霊神と仰ぐ)を開山霊神と仰ぎ、江戸時代中期天明寛政年間(1781~1801)を中心として、山岳宗教から村里布教へと展開して結社された宗派神道です。立教創設者は、熱心な御嶽行者であった幕末明治期神道家下山応助です。御嶽教奉斎主神国常立命大己貴命少彦名命の三で、この三神御嶽大神称え開山霊神(覚明霊神・普寛霊神)と天神地祇八百万神配祀神としています。木曾御嶽に登拝して六根清浄唱え禊祓太陽信仰息吹行法などの修行によって悟道に入るのを教旨としていますが、なかでも根本道場である御嶽山登拝が中心です。

念願の御嶽山登拝にて

御嶽神社

読み方:オンタケジンジャ(ontakejinja)

別名 田島の御嶽山

教団 単立

所在 埼玉県さいたま市

祭神 国常立命 ほか


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

教団 神社本庁

所在 山梨県大月市

祭神 日本武尊 ほか


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

教団 神社本庁

所在 愛知県蒲郡市

祭神 少彦名命


御嶽神社

読み方:オンタケジンジャ(ontakejinja)

別名 みねのおんたけさん

教団 神社本庁

所在 東京都大田区

祭神 国常立命 ほか


御嶽神社

読み方:オンタケジンジャ(ontakejinja)

別名 おんたけさん

教団 神社本庁

所在 長野県木曽郡王滝村

祭神 国常立尊 ほか


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

教団 神社本庁

所在 宮城県本吉郡本吉町

祭神 水分大神 ほか


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

別名 竜沢宮

教団 神社本庁

所在 山形県飽海郡遊佐町

祭神 大己貴命 ほか


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

教団 神社本庁

所在 千葉県千葉市

祭神 戸神 ほか


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

別名 卯の神さま

教団 神社本庁

所在 東京都江東区

祭神 法性尊意


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

教団 神社本庁

所在 東京都豊島区

祭神 倭建命 ほか


御嶽神社

読み方:ミタケジンジャ(mitakejinja)

別名 権現さま

教団 神社本庁

所在 神奈川県秦野市

祭神 倭健之命 ほか

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

御嶽神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/18 08:55 UTC 版)

御嶽神社(みたけじんじゃ)は、蔵王権現を祭った神社金峰神社・金峯神社(きんぶ、きんぷ、きんぽう、みたけ)ともいう。総本社は吉野金峰山寺の蔵王権現堂。




「御嶽神社」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御岳神社」の関連用語

御岳神社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



御岳神社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
神社ふり~く神社ふり~く
Copyright © 2019 ななかまど All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御嶽神社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS