ネマガリタケとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 山菜図鑑 > ネマガリタケの意味・解説 

チシマザサ イネ科

チシマザサ
イネ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
5月6月 タケノコ若芽

ネマガリタケ・ヒジク


芽 葉 花 実

採取法・注意とマナー

タケノコ5月ごろ、地面から顔を出し若芽根本からポキンと折るようにして採ります。

味わう

ササ食べ物を包むのに利用する。笹だんご、ちまきなど、笹の葉に包むと食べ物長持ちするといわれる
タケノコはゆでて皮をむき、にさらして、味噌汁の実、煮物にする。

根本からポキンと折る

薬効

特にはありません。


DATA
チシマザサという名前よりも、タケノコと聞いたほうが馴染みがある。山中群生し、代表的山菜として食卓を飾っている。
タケノコ山菜王者として珍重されるほか、昔からカゴザルアジカを作ったり、スノコやタケゾリに編まれたり、明治から大正にかけては洋傘として大量利用されるなど、人間と深い関わりがあった。
【清見情報
ササ仲間見分けが非常に困難で、清見町内ではチシマザサの他に、ミヤマクマザサ、ヒダノミヤマクマザサが多く分布している。

チシマザサ

(ネマガリタケ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/09 02:10 UTC 版)

チシマザサ千島笹学名Sasa kurilensis)は、イネ科タケ亜科ササ属英語版に分類される、大型のササ(笹)の一種。稈[1]の基部が状に曲がっていることからネマガリダケ根曲竹根曲がり竹[2])の別名があるほか、コウライザサ(高麗笹)、アサヒザサなどとも呼ばれる。


  1. ^ a b (かん)とは、イネ科植物などに見られる、中空構造の
  2. ^ a b 食彩の王国』”. tv asahi (ウェブサイト). テレビ朝日 (2012年7月14日). 2012年7月14日閲覧。 “夏にタケノコ?と驚きますが、実は春に出回る孟宗竹は18世紀に中国から伝来した外来種。古来、日本の山林に自生していたのはこうした笹類のタケノコだったのです。”:第434回「夏たけのこ」 7月14日放送回(紹介記事は「食材のリスト」経由で閲覧可能)。
  3. ^ 大林国彦、鈴木晶久、廣島幸美「スピーカ用振動板素材ホロファイン」、『シャープ技報』第51巻、シャープ研究開発、1991年12月、 55-58頁、 ISSN 02850362


「チシマザサ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネマガリタケ」の関連用語

ネマガリタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネマガリタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2019 ひだ清見観光協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチシマザサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS