外野手 外野手の概要

外野手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 06:34 UTC 版)

フライを捕球する外野手(オースティン・カーンズ
投手打者捕手一塁手二塁手遊撃手三塁手右翼手中堅手左翼手
野球のポジション図

概要

外野は内野に比べてフェアグラウンドが広いのに加え、内野手4人(投手と捕手も含めれば6人)に対して外野手は3人なので、担当すべき守備範囲(レンジ)が広い。優れた外野手は外野に飛んでくるあらゆる打球に対して打者のスイング時の角度などで打つ前からスタートを切る観察力、スタート時の敏捷性、次の塁を狙おうとした走者を刺殺する強い肩とフライを正しく判断する勘とを強く持ち合わせている[1]

もっとも守備の上手い選手の持ち場で外野守備の要となるのが中堅手、強力な肩力及び正確な送球が重要視されるのが右翼手、必ずしも強い肩は必要とされないのが左翼手である[1]。風の方向や球場の特異性についても知ることが必要である[2]。声をかけることは外野手にとって非常に大切である[3]

一方で、内野手よりボールに触る機会が少なく守備の負担が軽いため、守備力以上に打撃が重視されるポジションでもある。特に左右両翼は、打線の中心を担うだけの破壊力(OPS.850以上)が優先される。なお、右翼手については、強肩も重要な要素である。一方、中堅手は全ポジション中で最も広大なレンジをカバーするためスピード(走力)が大きな意味を持ち、両翼ほどではなくとも一定以上の打撃力も求められる[4]

理想的な外野手とは、5ツール(打撃、パワー、守備、肩、スピード)+ 選球眼を兼ね備えた中堅手であるとする意見もある[4]

脚注

[脚注の使い方]

参考文献


  1. ^ a b キャンパニス(1957年) p.141
  2. ^ キャンパニス(1957年) p.142
  3. ^ キャンパニス(1957年) p.149
  4. ^ a b 出野哲也 「2008外野手ランキング 最高の外野手の条件とは」 『月刊スラッガー No.122 , 2008年6月号』日本スポーツ企画出版社、30-33頁。 


「外野手」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外野手」の関連用語

外野手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外野手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外野手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS