ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の概要

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 06:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
新世紀エヴァンゲリオン > ヱヴァンゲリヲン新劇場版 > ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.
監督 庵野秀明(総監督)
摩砂雪
鶴巻和哉
脚本 庵野秀明
原作 庵野秀明
製作総指揮 大月俊倫
出演者 緒方恵美
林原めぐみ
三石琴乃
音楽 鷺巣詩郎
主題歌 宇多田ヒカル
Beautiful World
撮影 福士享
編集 奥田浩史
製作会社 カラー
配給 クロックワークス、カラー
公開 2007年9月1日
2008年1月24日
2008年3月13日
2008年4月3日
2008年4月18日
2008年7月1日
2008年8月21日
2008年8月30日
2008年10月30日
2008年11月19日
2009年1月30日
2009年3月4日
2009年7月3日
2009年7月3日
上映時間 98分(劇場公開版/DVD版 1.0ver.)
101分(BD/DVD版 1.11ver.)
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 20.0億円[1]
次作 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
テンプレートを表示

概要

大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下「TVシリーズ」と表記)を、新たな設定とストーリーで「リビルド(再構築)」したものが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズである。本作はその全4部作の内の第1作目にあたり、スタジオカラー設立第1回作品でもある。タイトルの『序』は、雅楽の用語「序破急」に由来する。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ第1作目として制作された本作は、基本的にTVシリーズの第壱話から第六話までのストーリーを踏襲しているが、製作サイドは新劇場版に関して「リメイク」という言葉は用いず、ガイドブックなど[2]で「リビルド(再構築)」であると解説している。また、TVシリーズの制作母体であったGAINAXは原作協力としてクレジットされるのみにとどまり、同作の監督である庵野秀明によって新たに興されたスタジオカラーによって制作された。ただしGAINAXのスタッフをはじめとするTVシリーズの主要スタッフは、今作でも引き続き制作に関わっている。

TVシリーズの原画、動画やタイムシートを素材として再利用しているものの[3]、絵は全て新たに描き直され、そのままの絵は1枚たりとも使っていない[4]。また全編にわたってデジタル撮影や3DCGが使われて、映像の再構築が行われている。エヴァや使徒の形態、渚カヲルの早い段階での登場や、登場人物の立場や性格の描写など、設定や演出の変更もみられる。エンドクレジットの後には、TVシリーズ予告パートを模した次作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の予告編が上映されている。

本作品は、近年のアニメ製作に多い製作委員会方式ではなく、スタジオカラーが資金を直接調達する自社製作を行っている。また配給・宣伝も大手の配給会社や広告代理店に依頼せず、小規模な会社と組んだ上でこれも自社で行っている。このため、作品の知名度に比べると公開前の宣伝は小規模であり、公開館も封切り段階では85[5]に留まった。しかし、前売り券の売れ行きなどから、公開前に東京・新宿でのメイン上映館が224席の「シネマスクウェアとうきゅう」から、日本最大級である1024席の「新宿ミラノ1」に変更された経緯がある[6]

公開日の2007年9月1日は、新宿ミラノ1をはじめとして最終上映まで満席となる映画館も多く、公開後2日間の週末興行で観客動員数23万6158人、興行収入2億8000万円を記録し、初登場1位となった。この公開規模の映画が週間興行収入成績で1位を獲得するのは本作が初で[7]、最終的には公開105館で観客動員150万人、興行収入20.0億円をあげ[1][8]パンフレットも25万部の売上を記録した[9]。これは2007年に公開された邦画中、15位の興行成績にあたる[1]2008年4月26日から5月16日までDVD特装版の発売を記念して、都内2か所の映画館において特別上映が行われた[10]。第3作『Q』が公開された2012年には、12月31日から2013年1月1日にかけて、ヱヴァストア『あんた、バカぁ?』イベント衛星中継および『序1.11』『破2.22』『Q』の一挙上映を44の劇場にて開催された[11]

ストーリー

舞台は、総人口の半分が失われたという地球規模の大災害「セカンドインパクト」から15年後の世界。主人公の碇シンジは、3年間会っていなかった父ゲンドウに呼び出され神奈川県第3新東京市にやって来るが、その途中、巨大な謎の生命体「使徒」(第4使徒)と国連軍との戦闘に巻き込まれる。第3新東京市の地下空間「ジオフロント」に存在する国連直属の特務機関「NERV(ネルフ)」の最高司令であるゲンドウは、NERV本部に到着したシンジに、NERVが開発した汎用ヒト型決戦兵器・人造人間エヴァンゲリオン」の一体、初号機を見せ、そのパイロットとなって使徒と戦うことを強いる。シンジは出来るわけがないと拒むが、もう一人のパイロット・綾波レイの重傷を目にし、エヴァに乗ることを決める。シンジは、エヴァ初号機を歩かせることに成功するが、2歩目で転んだところを第4使徒に捕まえられ、腕と頭部を破壊される。しかし初号機は暴走を起こして使徒を圧倒、最後は使徒が自爆する。

シンジは、上司の葛城ミサトの家に同居することになった。中学校では鈴原トウジから、先の戦闘で妹が怪我をしたという理由で殴られ、乗りたくて乗っているわけではないシンジは、自分がパイロットである理由を自問する。まもなく第5使徒が現れ、シンジは初号機で迎撃するも、ビルをも容易く切断する使徒の触手に追われ、補給電線のアンビリカルケーブルをも切断される。さらに山の中腹へと投げ飛ばされるが、そこにはシェルターを抜け出し、戦闘を見物に来ていたトウジと相田ケンスケがいた。シンジはエントリープラグへ二人を避難させると、ミサトの退避命令を無視して初号機にナイフを持たせ、使徒へと突撃する。初号機は腹を使徒の触手で貫かれつつも、ナイフを使徒のコアに突き立てその殲滅に成功する。命令無視をミサトに咎められたシンジはミサトの家を出るが、追跡していたNERVの保安部によりNERV本部へと連行される。「誰のためでもなく自分の意志で乗るのかどうか決めなさい」とミサトに言われたシンジは、改めてその意味を考える。

その後、第3新東京市に第6使徒が襲来。シンジは初号機で出撃するが、遠距離から使徒が放った光線により負傷する。破損した初号機が回収された後、使徒はジオフロントに向け地表装甲盤の掘削を始める。攻防ともに強力で守備範囲の広大な使徒に対し、ミサトは遠距離からエヴァの陽電子砲による狙撃作戦「ヤシマ作戦」を立案・実行するが、死ぬ思いをしたシンジはエヴァへの搭乗を拒む。ミサトはシンジにジオフロント深部に置かれている第2の使徒「リリス」を見せ、リリスと使徒との接触による「サードインパクト」を防ぐため、職員全員が使徒と刺し違える(最悪の場合は本部ごと自爆する)覚悟でいると言い、シンジは再びエヴァに乗ることを了解する。囮として使徒への集中砲撃が行われる中、日本全土の電力を接収しての陽電子砲の一撃は、使徒に命中するが、致命傷とはならず反撃される。シンジは恐怖に震え、ゲンドウはシンジが役に立たないと判断、砲手をレイに変えようとするが、ミサトは彼を信じ託すべきと主張しそれが認められる。2射目の準備を始めるシンジを、再度使徒の光線が襲うが、レイの乗る零号機が盾でこれを防ぎ、初号機の撃った陽電子砲の2射目によって第6使徒は殲滅された。

一方、月面では渚カヲルが棺から目覚めていた。




注釈

  1. ^ 新劇場版シリーズを通してS2機関の名称自体が登場しない。
  2. ^ 旧世紀版第1話冒頭では「特別非常事態宣言発令により全住民が避難」しているシーンがあったが、本作冒頭では街中や踏切などは草が生い茂り、少し荒廃しており、E231系と思われる車両や船などが大量に地面に突き刺さっている、山が赤色に染まっているといったシーンに変更されている。
  3. ^ 次作『破』で、「セカンドインパクトの影響で生物の住めない死の海になった」と説明される。
  4. ^ 『破』の公開直前に「真希波・マリ・イラストリアス」の名前が発表された。

出典

  1. ^ a b c 2007年(平成19年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2013年2月14日閲覧。
  2. ^ 『エヴァンゲリヲン新劇場版:序 ENTRYFILE 1』(角川書店
  3. ^ ここがみどころ 公式サイト
  4. ^ 2007年フィギュア王114号 大月俊倫コラムより
  5. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』劇場用配布広告より。
  6. ^ 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」週末興行1位で登場、アニメ!アニメ! 2007年9月3日
  7. ^ 国内映画ランキング : 2007年9月1日~2007年9月2日 トップ10速報、eiga.com、2007年9月4日
  8. ^ 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」パンフレット www.evastore.jp
  9. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序 特装版_期間限定生産、Neowing
  10. ^ DVD発売記念特別上映、公式サイト
  11. ^ 年越しも、サービス、サービスぅ!! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序:破:Q 一挙上映 & EVANGELION STORE TOKYO-01 presents “宮村優子の煩悩108叩き斬り除夜のあんたバカぁ?”一部生中継付き”. ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト (2012年12月21日). 2012年12月21日閲覧。
  12. ^ 2007年9月21日の文化放送アニメ文化通信』より
  13. ^ 週刊プレイボーイ」(集英社)2006.6/5(Vol.23)号の特集記事「エヴァンゲリオン10年目の真実」
  14. ^ 完全数量限定チケット第一弾 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  15. ^ 前売り劇場鑑賞券第一弾発売延期のお知らせ 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  16. ^ 完全数量限定特別鑑賞券第二弾 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  17. ^ 完全数量限定特別鑑賞券第3弾の特典は「綾波レイマウスパッド」に決定 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  18. ^ アニメイト限定特典クリアファイルセット付き 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  19. ^ アニメイト限定特典トートバッグ付き前売券 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  20. ^ a b ローソン限定『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公開記念 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  21. ^ 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』前売り劇場鑑賞券 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト
  22. ^ ニュースリリース ピザハット 2007年8月22日
  23. ^ ヱヴァ缶キャンペーンサイト、2009年現在は第2弾の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のキャンペーンを紹介している。
  24. ^ ヱヴァンゲリヲン ドリトス フリトレー特製グッズプレゼント ジャパンフリトレー
  25. ^ エヴァンゲリヲン新劇場版制作日記 Archived 2007年2月25日, at the Wayback Machine.、Yahoo! JAPAN - 新世紀エヴァンゲリオン 電脳補完計画 第二章、2007年2月12日
  26. ^ ヱヴァンゲリヲン:「おまけ」生フィルムに1万円超 オークションでプレミア化(まんたんウェブ )、毎日jp、2008年4月28日
  27. ^ 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のDVD特典フィルムに3万円以上のプレミア、GIGAZINE、2008年4月28日
  28. ^ 特典「生フィルム」がプレミア化 綾波レイは20万円突破、まんたんウェブ、2008年5月2日
  29. ^ 新世紀エヴァが過去最高の売上を記録!、ORICON STYLE、2008年4月29日
  30. ^ ヱヴァンゲリヲン:DVD22万枚で今年トップ オリコンランキング(まんたんウェブ)、毎日jp、2008年4月29日
  31. ^ 2008年年間総合DVDランキング、 ORICON STYLE、2008年12月19日
  32. ^ EVANGELION.CO.JP、イントロダクション
  33. ^ 「GfK Certified DVDソフト 2008 発表」(PDFファイル)
  34. ^ 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」が5月27日にBlu-ray/DVD化、AV Watch、2009年2月20日
  35. ^ BD版「ヱヴァ新劇場版」に、ソニーのSBMV技術導入、AV Watch、2009年5月12日
  36. ^ 公式サイト
  37. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:第1部「序」BDが史上最高の初週4.9万枚売り上げ オリコン(まんたんウェブ)、毎日jp、2009年6月3日
  38. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:第1部「序」BDがV3 6万枚突破、史上最高売り上げに オリコン(まんたんウェブ)、毎日jp、2009年6月17日
  39. ^ 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集 ビジュアルストーリー版・設定 資料版』発売決定!(2019年4月15日), 2019年4月21日閲覧。
  40. ^ 日本アニメ『ヱヴァンゲリヲン』、釜山国際映画祭の閉幕作に選定、innolife.net、2007年8月29日
  41. ^ 帰ってきた『エヴァ』シリーズ、伝説復活なるか、朝鮮日報、2007年10月14日
  42. ^ 2008_Seattle_International_Film_Festival,Evangelion_1.0:_You Are_(Not)_Alone(英語) 2008年7月17日閲覧
  43. ^ シッチェス_アニメ部門に「ヱヴァ」、「FREEDOM」、「Genius Party」 アニメ!アニメ! 2008年10月4日
  44. ^ iNAFFF08該当ページ 2008年12月24日閲覧
  45. ^ South Korea Box Office, February 29–March 2, 2008
  46. ^ 興行成績:映画版「ヱヴァ」、公開5日で4万人突破、朝鮮日報、2008年1月30日
  47. ^ "福音戰士新劇場版:序 (Evangelion: 1.0 - You Are (Not) Alone)" (中国語) Yahoo!電影 2008-04-24
  48. ^ Hong Kong Box Office, April 24–27, 2008
  49. ^ Taiwan Box Office, May 10–11, 2008
  50. ^ Malaysia Box Office, July 17–20, 2008
  51. ^ selecta-vision - Evangelion 1.01
  52. ^ Spain Box Office, February 6–8, 2009
  53. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序_フランス公式サイト
  54. ^ France Box Office, March 11–15, 2009
  55. ^ Red_Ant-EVANGELION:1.0_YOU_ARE_(NOT)_ALONE Archived 2008年11月15日, at the Wayback Machine. (英語) Red Ant Enterprises 2008年9月30日閲覧
  56. ^ "Evangelion Rebuild 1:0 acquis par Dybex !! (maj 22/04/2008)" (フランス語) MANE 2008-04-22
  57. ^ Evangelion:1.01_in_Italy (イタリア語) Dinit 2008年7月17日閲覧
  58. ^ ファニメーション公式サイト
  59. ^ 11月9日&16日 「金曜ロードSHOW!」 にて 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』 2週連続放送決定”. 株式会社カラー:最新情報 (2012年10月15日). 2020年8月26日閲覧。
  60. ^ NHK BS4K『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3週連続放送&全エヴァンゲリオン大投票”. 株式会社カラー:最新情報 (2020年3月27日). 2020年8月26日閲覧。
  61. ^ “NHK、BS4Kで3週連続「ヱヴァ新劇場版」4Kリマスター&5.1ch放送。大投票も”. AV Watch (インプレス). (2020年3月27日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1243498.html 2020年8月26日閲覧。 
  62. ^ “NHK BSプレミアムで「ヱヴァ新劇場版」3作を5月9日から放送。16日は「全エヴァ大投票」”. AV Watch (インプレス). (2020年5月1日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1250687.html 2020年9月3日閲覧。 
  63. ^ TVステーション 関東版』2020年18号、ダイヤモンド社、 P53・55・57。
  64. ^ 8月26日(水)から3夜連続『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズNHK総合初放送!”. 株式会社カラー:最新情報 (2020年7月30日). 2020年8月26日閲覧。
  65. ^ “NHK総合で初、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」3夜連続放送”. AV Watch (インプレス). (2020年7月30日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1268384.html 2020年9月3日閲覧。 
  66. ^ 週間高世帯視聴率番組10 VOL.35 2020年 8月24日(月)~8月30日(日)”. ビデオリサーチ. 2020年9月3日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の関連用語

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS