レイライン ワトキンスと『古い直線路』

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > レイラインの解説 > ワトキンスと『古い直線路』 

レイライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 04:41 UTC 版)

レイラインley line)とは、古代の遺跡には直線的に並ぶよう建造されたものがあるという仮説で、その遺跡群が描く直線をさす。レイラインが提唱されているケースには古代イギリスの巨石遺跡群などがある。レイラインの存在は1921年イギリス人のアマチュア考古学者アルフレッド・ワトキンス(en:Alfred Watkins)によって提唱され、その著書『The Old Straight Track』(古い直線路)によって遺跡の直線的配置性が世間一般の注意を引きつけることとなった。


  1. ^ ペニック 1998, pp. 19–25.
  2. ^ dod はカタツムリの古名だが、昔の測量士はカタツムリの角に似た測量尺を持っていたため、測量の意味もあった。(荒俣宏『神聖地相学世界編 風水先生レイラインを行く』集英社、1997年、ISBN9784087486568、p40 による)
  3. ^ ペニック 1998, p. 27.
  4. ^ [1]
  5. ^ ペニック 1998, pp. 31–33.
  6. ^ 訳者 注:Rosslyn chapel、Roselineの単語中に"ライン"らしき字と音を持つ
  7. ^ 抜粋はThe Leyhunter's Manual(レイライン探索マニュアル)1927年発行、88ページより)
  8. ^ a b c d 小澤毅『古代宮都と関連遺跡の研究』 吉川弘文館 2018年 ISBN 978-4-642-04643-5 pp.98-100.
  9. ^ https://onl.sc/Mc6CVZg
  10. ^ https://onl.sc/6kmuyLd
  11. ^ https://onl.sc/caQ49p2
  12. ^ https://onl.sc/aVMgKKm





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レイラインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レイラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレイライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS