Dollyとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > Dollyの意味・解説 

ドーリー

英語 dolly

台車またはそれに類するものの呼称業界会社によりドーリーと呼ばれる場合があり、いろいろの種類がある。例え下記のものもドーリーとか台車呼ばれている。(1)パレット手押し移動可能にするための平台車、(2)機械などの重量物を移動するために移動物の下にかませるローラーが付いた搬送具、(3)セミトレーラー後ろ連結して、フルトレーラーとするための牽引具を装備した台車

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

当盤

当盤
当盤
鋼材からつくられている手持ち当金です。
作っているものがとても大きく当金に乗せて作業できない時、作品を動かすのではなく金鎚反対の手に当盤を持って腕を伸ばし内側から加工面に当て使用します。
支え強さは腕の力次第なので、腕力鍛えれば色々な作業を可能にします。


ドリー

【英】: Dolly
世界初めての体細胞クローンヒツジ。

6歳の雌の成体ヒツジから摂取した乳腺細胞を、別のヒツジを除いた未受精卵移植し、この未受精卵培養した後、別のヒツジの子宮へ移し出産させることに成功した。ドリーは、乳腺細胞を提供したヒツジと同じDNAをもつことになる。

この技術は、クローン人間誕生につながるといわれ、生命倫理本格的検討するきっかけとなった。

その後、ドリーは、雄羊とのあいだに4頭の子供を出産2001年末ごろから、高齢の羊がかかりやす関節炎発症し、2003年2月進行肺疾患のため死亡。この肺疾患が体細胞クローン起因したのかは不明である。

ドリーの遺体は、スコットランド国立博物館に送られ、展示されている。

体細胞クローン 

クローン


Dolly

名前 ドリー

Dolly

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 14:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
Dolly
出身地 日本
ジャンル ロック
活動期間 2005年 - 2012年(活動休止中)
レーベル marder suitcase
ユニバーサルミュージック
事務所 株式会社フジプロダクション
公式サイト Dolly official website
メンバー 蜜(ヴォーカル
聖(ギター
はち(ベース
亜樹(ドラムス
旧メンバー ゆいな(ギター)

Dolly(ドリィ)は、日本ヴィジュアル系バンド。所属事務所は株式会社フジプロダクション。

概要

2005年10月結成。10月22日に初ライヴを行う[1]。蜜、聖、ゆいな、はちの4人に大正谷 隆(ex.Plastic Tree)をゲストドラムとして迎え[2]、アンティークなおもちゃ箱をイメージした童話の様な世界観をコンセプトに活動開始[3]。同年11月からDollyのライヴに参加していた亜樹が2006年2月に正式加入する[4]

2008年11月2日、赤坂BLITZで行われた『Dolly 3rd anniversary 単独公演「HeavenwArd」』でメジャーデビューを発表[5]

2009年2月4日、サウンドプロデューサーにhide with Spread BeaverのキーボーディストDIEを迎え、シングル「時の列車」でメジャーデビュー[2][6]。『Dolly単独公演ツアー「トワイライトレールウェイ」』ツアーファイナルの5月10日、日本青年館で初のホール公演を開催する[2][5]。同年11月5日の単独公演を以てゆいなが病気を理由に脱退。

2010年3月、アメリカ合衆国テキサス州オースティンで開催されたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)のジャパンナイトにヴィジュアル系アーティストとして初めて出演を果たす[7]

2012年4月27日、公式サイト上にて年内での活動休止を発表[8]。12月21日にShibuya O-EASTで行われた『最終公演「夢の最果て」』で活動休止[2]

蜜とゆいなはDOPPELとして活動し、はちはサポートとして参加。聖はソロとして活動し、亜樹はサポートとして参加。 いずれも活動休止。

メンバー

  • (みつ、1月13日 - ):ヴォーカル担当。愛媛県出身、A型。
  • (まさ、5月10日 - ):ギター担当。愛媛県出身、O型。
  • はち8月2日 - ):ベース担当。愛媛県出身、A型。
  • 亜樹(つぐき、4月3日 - ):ドラムス担当。埼玉県出身、A型。

旧メンバー

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル 規格品番
1 2006年3月8日 2 ripped sweets MSDL-003
2 2006年11月1日 トリコロールオペラ 鬱雪ドロップ MSDL-005
3 2007年2月21日 トリコロールオペラ 浸食ロゼッタ MSDL-006
4 2007年2月21日 トリコロールオペラ 水彩パレット MSDL-007
5 2007年6月6日 カルメゾン MSDL-009
6 2008年2月8日 クロゼットレター MSDL-013
7 2006年6月25日 JULIET MSDL-015
8 2009年2月4日
2009年2月18日
時の列車 POCE-3319 (通常盤)
POCE-9304 (初回限定盤)
9 2011年3月30日 ムーンライトディスコ MSDL-022
10 2012年4月25日 虹色のカナリア MSDL-25 (初回限定盤)
MSDL-26 (通常盤)

アルバム

発売日 タイトル 規格品番
1 2006年7月26日
2008年1月1日
シニカルクロゼット MSDL-004
MSDL-011 (2nd Press)
2 2007年9月5日
2008年1月1日
jewel's dRIP MSDL-010
MSDL-012 (2nd Press)
3 2008年9月17日 HeavenwOrd MSDL-016
4 2008年12月10日 Primary,Premium Best MSDL-018
5 2010年9月1日 CAPSULE MSDL-019 (初回限定盤A)
MSDL-020 (初回限定盤B)
MSDL-021 (通常盤)
6 2011年11月9日 PRIVATE SHELL-Complete The Best 2005-2011- MSDL-023
7 2012年10月10日 トロイメライ MSDL-27 (Type A)
MSDL-28 (Type B)

DVD

発売日 タイトル 規格品番
1 2005年10月26日 SCREEN OF INDOORS MSDL-001
2 2009年2月4日 再コレクトピクチャー POBE-3312
3 2013年6月12日 夢の最果て MSDL-030

会場限定

発売日 タイトル 規格品番
1 2006年1月13日 Pumpkin carriage parade MSDL-002
2 2008年3月8日 花唄 MSDL-014
3 2008年11月2日 四季彩グラデーション MSDL-017
4 2012年1月13日 7番目の天使のパレード MSDL-024

配信限定

発売日 タイトル
1 2010年3月19日 PLAY
2 2010年7月21日 GOTHIC PARTY
3 2011年3月2日 流星群-Shooting Star-

脚注

  1. ^ Dolly 亜樹オフィシャルブログ「亜樹日和3: 一日の終わりに(Dolly結成7周年編) 2012年10月22日」より(2015年6月2日閲覧)
  2. ^ a b c d ARTIST FILE - Dolly”. Visunavi. 2015年6月2日閲覧。
  3. ^ ROCK AND READ 029』TOKYO FM出版、2010年、191頁。ISBN 978-4-88745-228-2
  4. ^ Dolly 亜樹オフィシャルブログ「亜樹日和3: 悪魔ノ囁キ 2006年2月7日」より(2015年10月2日閲覧)
  5. ^ a b 『glare Vol.10』シンコーミュージック・エンタテイメント、2008年、80頁。ISBN 978-4-401-63259-6
  6. ^ Dolly / 時の列車 [廃盤]”. CDJournal. 2015年10月2日閲覧。
  7. ^ 『ROCK AND READ 029』TOKYO FM出版、2010年、194頁。ISBN 978-4-88745-228-2
  8. ^ Dollyより大切なお知らせ”. Dolly Official Web (2012年4月27日). 2015年6月2日閲覧。

外部リンク


dolly

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/02 21:14 UTC 版)

Dolly
出身地 日本
ジャンル ロック
活動期間 2005年 - 2012年(活動休止中)
レーベル 株式会社フジプロダクション
公式サイト Dolly official website
メンバー 蜜(ボーカル
聖(ギター
はち(ベース
亜樹(ドラムス

Dolly(ドリィ)は、日本ヴィジュアル系バンド。所属事務所は株式会社フジプロダクション。

概要

2005年10月結成。10月22日に初ライヴを行う[1]。蜜、聖、ゆいな、はちの4人に大正谷 隆(ex.Plastic Tree)をゲストドラムとして迎え[2]、童話の様な世界観をコンセプトに活動開始。

2006年2月に亜樹が正式加入。

2009年2月4日、シングル「時の列車」でメジャーデビュー[2]。同年11月5日の単独公演を以てゆいな脱退。

2012年4月27日、公式サイト上にて年内での活動休止を発表[3]。12月21日のShibuya O-EASTで行われた『夢の最果て』で活動休止[2]

その後、蜜とyuinaDOPPEL、聖はソロとして活動中。

メンバー

  • (みつ、1月13日 - ):ボーカル担当。愛媛県出身、A型。
  • (まさ、5月10日 - ):ギター担当。愛媛県出身、O型。
  • はち(はち、8月2日 - ):ベース担当。愛媛県出身、A型。
  • 亜樹(つぐき、4月3日 - ):ドラム担当。埼玉県出身、A型。

旧メンバー

  • yuina(ゆいな、2月6日 - ):ギター担当。愛媛県出身、AB型。

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル
1 2006年1月16日 Pumpkin carriage parade
2 2006年3月8日 2 ripped sweets
3 2006年11月1日 トリコロールオペラ 鬱雪ドロップ
4 2007年2月21日 トリコロールオペラ 浸食ロゼッタ
5 2007年2月21日 トリコロールオペラ 水彩パレット
6 2007年6月6日 カルメゾン
7 2008年2月8日 クロゼットレター
8 2006年6月25日 JULIET
9 2009年2月4日 時の列車(通常盤)
10 2009年2月18日 時の列車(初回限定盤)
11 2012年4月25日 虹色のカナリア

アルバム

発売日 タイトル
1 2006年7月26日 シニカル クロゼット
2 2007年9月5日 jewel's dRIP
3 2008年9月17日 HeavenwOrd
4 2008年12月10日 Primary,Premium Best
5 2010年9月1日 CAPSULE
6 2011年11月9日 PRIVATE SHELL-Complete The Best 2005-2011-
7 2012年10月10日 トロイメライ

DVD

発売日 タイトル
1 2005年10月26日 SCREEN OF INDOORS
2 2009年2月4日 再コレクトピクチャー

会場限定

発売日 タイトル
1 2006年1月13日 Pumpkin carriage parade
2 2008年3月8日 花唄
3 2008年11月2日 四季彩グラデーション

配信限定

発売日 タイトル
1 2010年3月19日 PLAY
2 2010年7月21日 GOTHIC PARTY

脚注

  1. ^ Dolly 亜樹オフィシャルブログ「亜樹日和3」より(2015年6月2日閲覧)
  2. ^ a b c ARTIST FILE - Dolly”. Visunavi. 2015年6月2日閲覧。
  3. ^ Dollyより大切なお知らせ”. Dolly Official Web (2012年4月27日). 2015年6月2日閲覧。

外部リンク



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Dolly」の関連用語

Dollyのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Dollyのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2020 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDolly (改訂履歴)、dolly (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS