開くとは?

はだ・く【開く】

[動カ下二はだける」の文語形


ひら・く【開く】

【一】[動カ五(四)

㋐閉じふさがっていたものがあけ広げられる。あいた状態になる。「戸が—・く」「傷口が—・く」

花が咲く。「梅の花が—・く」

物事が始まる。業務が始まる。「店が—・く」

二者の間に差ができる。隔たり・差が大きくなる。「値が—・く」「点数が—・く」

わだかまりがなくなる。「心が—・く」

㋕力のためがなく、姿勢向きがすぐ変わる。「からだが早く—・くので打球ファウルになりやすい」

㋖《投票箱を開くところから》開票が始まる。

㋐閉じふさがっていたものをあけ広げる。「窓を—・く」

㋑(「披く」「展く」とも書く)畳んであるもの、閉じてあるものなどを広げる。「本を—・く」

物事始める。業務始める。また、金融機関口座設ける。「幕府を—・く」「店を—・く」「口座を—・く」

㋓(「拓く」とも書く)未開拓の場所・土地などに手を入れて利用できるようにする。開拓する。開墾する。「山林を—・く」

㋔あけて道をつくる。道をゆずる。「血路を—・く」「後進に道を—・く」

㋕よい方へ向くように努める。「自分で運を—・く」

隔たり・差を大きくする。「差を—・く」「後続ランナーとの距離を次第に—・く」

わだかまりなどを取り去る包み隠してあるものをなくす。「胸襟を—・く」

身をかわす。「右に体を—・いて投げを打つ」

㋙(「啓く」とも書く)知識を授ける。啓発する。「蒙(もう)を—・く」

㋚会などを催す。「展示会を—・く」

数学で、平方根立方根求める。また、括弧(かっこ)付きの式を括弧のない形に変える

原稿の、文章中の漢字をかなに書きなおす。「かなに—・く」→閉じる

忌み詞で、終わる、逃げる。

急ぎいづ方へも御—・き候ふべし」〈古活字本保元・中〉

盛んにする。

楽しみを春の花前に—・き」〈古活字本平治・中〉

疑わしいことを解明する。

不審を—・かんために」〈太平記・二五〉

→明(あ)ける[用法]

[可能] ひらける

【二】[動カ下二ひらける」の文語形

[下接句] 肝胆を披(ひら)く・胸襟を開く襟(きん)を披(ひら)く口を開く心を開く枯木(こぼく)に(はな)開く・小間物屋を開く愁眉(しゅうび)を開く・叩(たた)けよさらば開かれん・鉢を托(ひら)く・兵端を開く眉を開く目を開く蒙(もう)を啓(ひら)く門戸を開く


あ・く【明く/開く/空く】

【一】[動カ五(四)

(開く)

隔て仕切り覆いなどが、動かされて除かれる。閉じていたものがひらく。「窓が—・く」「鍵(かぎ)が—・かない」⇔閉まる。

営業が始まる。営業が行われる。「店は何時まで—・いていますか」⇔閉まる。

開票がはじまる。「票が—・く」

(明く)

衣服の襟などが、ひらかれている。「この服は襟ぐりが—・きすぎている」

㋑閉じていた目や口がひらいた状態になる。「小犬の目が—・く」

物忌み契約などの、一定の期間が終わる。「喪が—・く」「年季が—・く」

(空く)今までそこを占めいたもの、ふさいでいたものが、除かれたり、なくなったりする。

㋐穴ができる。「胃壁に穴が—・く」

㋑そこにいた者やあった物がなくなり、からになる。「—・いている部屋ありますか」「席が—・く」

空間空白余地ができる。間隔広がる。「行間が—・いている

㋓器の中のものが全部使われてからになる。「瓶が—・く」「—・いた銚子かたづける」

仕事終わり、暇になってゆとりができる。「からだが—・く」「手が—・く」

㋕用が済んで、当面使わなくなる。「—・いたら貸してください

欠員になる。「課長ポストが—・く」

(開く)あける。「口を—・く」

[補説] 2㋑は「開く」、3は「明く」とも書く。

【二】[動カ下二「あける」の文語形

[下接句] 穴のあくほど片目が明く地獄の釜(かま)の(ふた)も開く・手が空く手が空けば口が開く・幕が開く・が空く・埒(らち)が明く


はだ・く【開】

自他下二〕 ⇒はだける(開)


ひらく【開】

〔名〕 民間暦の中段に記す十二直一つ芸事建築転居旅立結婚人間関係などのすべての物事について、開始するのに縁起のよい日とされる。開日(ひらくにち)。

*簠簋内伝14C後頃か)二「開 者、法蔵開戸日也」


ひら・く【開・披・拓】

1 〔他カ五(四)

[一] 閉じふさがったものを押し広げる。まとまっているものをほぐして広げる

あけひろげる開放する。

(イ) 開き戸、門などをあける。

万葉(8C後)二〇・四四六五「ひさかたの 天の戸比良伎(ヒラキ) 高千穂の 嶽に天降(あも)りし」

(ロ) 瞼(まぶた)、口、手、足などを広げる

日葡辞書(1603‐04)「マナコヲ firaqu(ヒラク)」

(ハ) 閉ざされた場所、建物などを人がはいれる状態にする。「広く門戸を開く」「開かれた世界

書紀720応神一六八月北野南北朝期訓)「汝等(いましたち)〈略〉新羅(しらき)を撃(う)ちて其(そ)の道路(みち)を披(ヒラケ)」

(ニ) (「心を開く」「胸襟を開く」などの形で) 自分の殻を解き放って、隠すところなくする

蔭凉軒日録寛正五年(1464)九月七日小斎会、并日譚笑開老懐也。殆不快乎」

② (「披」「展」とも)

(イ) たたんであるもの、くっついているものなどを広げる

守護国界陀羅尼経平安中期点(1000頃)一〇「袈裟を披(ヒラキ)挂け」

(ロ) 文書書籍などを見るために広げる

浄瑠璃吉野忠信(1697頃)二「判官文をひらいて御覧ずるに」

(ハ) 魚の腹または背から刃を入れて切って広げる

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「不断着を開いたやうに日南並べて干してある」

横風帆走適するように、帆を片寄せてのばし広げることをいう、船方ことば。

日葡辞書(1603‐04)「Firaite(ヒライテ) ハシル

④ 「割る」「砕く」などの意で用い忌み詞。→鏡開き

歌舞伎裏表柳団画柳沢騒動)(1875)六幕「力を入れて鏡餠を開(ヒラ)かうと」

(5) 酒杯をからにする。飲みほす

歌舞伎盟三五大切(1825)大詰「その酒を開(ヒラ)いてくりやれ」

(6) 数学で、開平開立をする。累乗根求める。一般に、n乗根求めることをn乗に開くといい、平方根求めることを平方に開く、立方根求めることを立方に開くという。

舶用機械学独案内(1881)〈馬場新八吉田貞一〉附録四百四十八なる数あり之を平方立方に開(ヒラ)けば各何程なるや」

(7) (「括弧を開く」の形で) 数学で、括弧つかない式に変える

(8) 印刷物校正などで、漢字平仮名改める。平仮名にする。

[二] 物事新たに興す創設する。また、物事良い方に展開させる。

① (「拓」とも) 未開拓の場所・土地などに手を加え整える。

漢書楊雄天暦二年点(948)「(ヒラ)き、移楊をあつむ」

新し流儀学説などをたてる。「一派を開く」

大唐三蔵玄奘法師表啓平安初期点(850頃)「法門を闢(ヒラケリ)」

事柄開始する。

(イ) 事業商売会合などを始める。起こす

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「銭湯天明(よあけ)ていまだ店を開(ヒラ)かず」

(ロ) もよおす。開催する。

満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉二〇「寄席もしくは講演を開(ヒラ)く様な設備もある」

(ハ) 托鉢始める。→鉢開き

日葡辞書(1603‐04)「ハチヲ firaqu(ヒラク)」

(ニ) 器物などを初めて使う。

日葡辞書(1603‐04)「ダウグヲ firaqu(ヒラク)」

繁栄、幸福、幸運などを求めて、その状態になるようにする。

大鏡(12C前)六「門をひらき、栄花をひらかせ給へば」

(5)木版印刷で) 開板する。出版する。

御湯殿上日記享祿五年(1532)六月七日さかいにてちかき比あたらしくひらきたる年代記のはんき」

[三] (「啓」とも) 事柄明らかにする解き明かす

疑念などを晴らす弁明する。

守護国界陀羅尼経平安中期点(1000頃)三「四方衆生斉しく疑ひを啓(ヒラカ)しめたまふ」

無知蒙昧(もうまい)を教えただす。「蒙を開く」

太政官第二一四号‐明治五年(1872八月二日法令全書)「身を修め智を開き才芸を長するによるなり」

真理道理などを明らかにするまた、その奥義悟りの域に到達する。

大唐西域記長寛元年点(1163)四「世親菩薩書を覧論を閲(ヒライ)て沈吟することやや久くして」

反駁(はんばく)する。弁駁(べんばく)する。

*敬斎箴講義(17C後)「頓(とみ)に難説と云は、是孟子所謂遁辞たりと闢くべし」

[四] 米相場で、高値になってから売り埋める。〔稲の穂(1842‐幕末頃)〕

2 〔自カ五(四)

① 閉じふさがったものが広がりあく。

松浦宮(12C終)二四「ひらけるかどよりうちいる道もさりあへず、人はうち散らされ」

② 花などがほころびる。開花する。

日葡辞書(1603‐04)「ハナガ firaqu(ヒラク)」

物事良い方向にゆく。繁栄したり幸運な状態になったりする。

浄瑠璃源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)七「開(ヒラ)く御運が定ならば」

④ (敵の攻撃などに対して) 身を引いて構える。また、身をかわす

太平記14C後)三二「件の鉞(まさかり)を以て開き〈略〉思様に打ける処を」

(5)武士用いる「落ちる」「ひく」などの意の忌み詞退陣する。退散する。逃げる。

保元(1220頃か)中「いそぎいづ方へも御ひらき候べし」

(6) 転じて、宴会会合などが終わって帰るまた、解散する。→お開き

咄本・さとすゞめ(1777)婚礼こんれいにわ、かゑるといふ事を、ひらくといふ物だ」

心の闇(1893)〈尾崎紅葉〉九「席は一先(ひとまづ)十時に開(ヒラ)きて」

(7) ものとものの間に隔たりができる。

(イ) 距離や年齢が隔たる。

(1972)〈三木卓〉「二人姉弟なのだろうか? 年はいくつひらいているだろう?」

(ロ) 差がつく。格が違う

当世花詞仙人(1832)「よほど上な事、ひらく」

絵合せ1970)〈庄野潤三一六「あんまり明夫が勝つので、二位との差がひらき過ぎた」

(ハ) 値段違いが出る。値が離れる

3 〔自カ下二〕 ⇒ひらける(開)

[補注]古くは、四段活用の「ひらく」は、他動詞としての用法に限られ、自動詞用法は、下二段活用の「ひらく」が対応していた。→ひらける


あ・く【明・開・空】

1 〔自カ五(四)

隔て覆いなどが、とり除かれる。閉じていたものが開く。

*竹取(9C末‐10C初)「たてこめたるところの戸、すなはちただあきにあきぬ」

② そこを占めいたものがなくなる。

(イ) 詰まっているものが除かれたり間が広がったりして、空間ができる。

*竹取(9C末‐10C初)「あける隙もなくまもらす」

更級日記(1059頃)「穴のあきたる中より出づ水の

(ロ) 中にはいっているものがなくなる。からになる。

天草本伊曾保(1593)蜜作りの事「ウツワモノノ コトゴトク aitauo(アイタヲ) ミテ

(ハ) 官職地位などに欠員ができる。

源氏100114頃)行幸ないしのかみあかば、なにがしこそ望まんと思ふを」

(ニ) 収入より支出多くなる。欠損になる。

浮世草子懐硯(1687)二「二度節季の帳まへたび毎に三五の十八はらりと違て次第ましの不足、積れば大きに虚(アク)ところありて」

差し止められていたことが、してよいことになる。解禁になる。→方(かた)あく。

蜻蛉(974頃)中「方あきなばこそは、まゐりくべかなれと思ふに」

④ ある一定の期間が終わりになる。

蜻蛉(974頃)中「ものいみも、けふぞあくらんと思ふ日なれば」

(5)時間、場所、品物などについて用いる) 使われない状態になる。

(イ) 仕事をしないでいられる時間ができる。

日葡辞書(1603‐04)「ヒマガ aqu(アク)〈訳〉時間を持つ。または、場所があく」

(ロ) 使われていない状態になる。必要でなくなる。

洒落本仕懸文庫(1791)二「うつくしゐのが二三人、あいてけへりやしたが、すぐにでやした」

(6)入り口が開く意から) 人が出入りできるようになる。多く商店などが営業始める、また、営業していることにいう。→口があく

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「ヲヤままだ明(アカ)ね、明ね、明ねか。あ、あひやね(朝寝)なべやぼ(べらほう)だぜ」

(7) 壁や建物などにさえぎられないで、外が見える。また、見通しのいい状態になる。

行人(1912‐13)〈夏目漱石〉兄「其処(そこ)は南と西の開(ア)いた広い座敷だったが」

(8) (「らちがあく」の意) 物事うまくいくかたがつく。→あかぬ・あかん。

浮世草子好色二代男(1684)二「大かたは八つの鐘がなれども、あかずすぐにはかへらず」

2 〔他カ五(四)〕 ふさいでいるものや閉じているものなどを開く。

ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「メヲ aqumo(アクモ) フサグモ コチノ ママデ アル

3 〔自カ下二〕 ⇒あける(明)(一)

4 〔他カ下二〕 ⇒あける(明)(二)

[語誌]この語は、下二段自動詞「あく(明)(→下一段「あける」)」と同源考えられているので一項で扱ったが、「明く」は明るくなる、「開(空)く」は閉じているものが開いてすきまができる、が原義であること、また、前者四段他動詞「あかす」と対になるのに対し、後者下二段他動詞「あく(→下一段「あける」)」と対になる点などによってこれを疑問視するむきもある。確かに「あく(明)」は「くる(暮)」と対義語であり、これは「あか(赤)」と「くろ(黒)」との対に対応しており、さらに明度にかかわる「あかる」「あかるし」「あきらか」「あきらけし」「あきらむ」などと関係する点でも、「開(空)く」とは差があるようである。


開く

読み方:あく

カ行下二段活用動詞「開く」の終止形
「開く」の口語形としては、カ行下一段活用動詞開ける」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オープン

別名:開く
【英】open

オープンとは、外部に対して閉ざされていないこと、外部から接触を図ることが可能であることなどを意味する語である。

IT用語としては、ファイルフォルダ含まれるデータ表示させて読み書き可能な状態にすること、または、そのための表示領域設けたりすることなどをオープンと表現することがある日本語で「ひらく」と表現する場合多くカタカナ表記でオープンと述べる場合プログラミング言語コマンド念頭にかれている場合も多い。

外部に対して閉ざされていない、という意味合いでオープンの語を用い場合比較的多い。「オープンガバメント」は第三者閲覧できるよう公開することを指し、「オープンソース」は閲覧加え再利用・再配布認められている場合もある。Webサイト一般公開することをオープンすると呼ぶこともある。


開く

出典:『Wiktionary』 (2019/09/18 14:20 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. ひらく 参照
  2. あく 参照



開くと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「開く」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「開く」の関連用語

開くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開くの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオープンの記事を利用しております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの開く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS