蔵王山とは?

ざおう‐さん〔ザワウ‐〕【蔵王山】


ざおう‐ざん ザワウ‥ 【蔵王山】

(「ざおうさん」とも) 宮城・山形両県境にある那須火山帯属す成層火山群。最高峰熊野岳一八四一メートル)を中心とする北蔵王と、屏風岳(びょうぶだけ)(=一八二五メートル)を中心とする南蔵王とに二分される。特に樹氷景観は有名。蔵王連峰蔵王


蔵王山(山形県・宮城県)

 1840m 北緯38度0837秒 東経1402622秒 (熊野岳)(三角点)  ※座標世界測地系による

蔵王山地図蔵王山の写真
                                   (写真クリック拡大:154KB)

概要

 玄武岩安山岩SiO2 4964%)の成層火山群で、山体の上部を形成する熊野岳最高峰)・刈田岳(かっただけ)などが噴出した後、山頂部に直径2km程度カルデラが生じた。五色岳はその中に生じた後カルデラ火砕丘で、火口湖御釜直径360m、別名五色沼)をもつ。蔵王火山噴火活動は、少なくとも約70万年前には始まっていたと考えられ、現在までに4つステージあったとされている。有史後もしきりに活動をしてきたが、被害を伴った噴火御釜内外発生泥流を生じやすい。数地域噴気孔
 別名、刈田岳熊野岳

最近1万年間の活動

 2万年位前までに続いていた五色岳活動の後、やや火山活動静穏時期があったが、20003000年前頃に五色岳東部大規模崩壊した。今から約1000年前には、五色岳西端御釜活動が始まっている(井村1999)。

記録に残る火山活動

  過去の火山活動履歴

※「概要」及び「最近1万年活動」については日本活火山総覧第3版)(気象庁編、2005)、「記録に残る火山活動」については前述活火山総覧及び最近観測成果による。

火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や、火山活動診断結果掲載します。毎月1回、上旬公表します。
 2005年に蔵王山の調査観測実施し、この結果掲載しました蔵王山の最新号(2005年9月の火山活動解説資料(pdf:752kb)


蔵王山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 19:06 UTC 版)

蔵王山(ざおうさん、ざおうざん、ざおうやま)




「蔵王山」の続きの解説一覧



蔵王山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蔵王山」の関連用語

蔵王山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蔵王山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蔵王山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS