生かすと活かすの意味の違いと使い分けとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 生かすと活かすの意味の違いと使い分けの意味・解説 

生かすと活かすの意味の違いと使い分け

読み方:いかす

生かす」と「活かす」の違いは、「生かす生存させる」「活かす活躍させる(発揮する)」と捉えてよいでしょう履歴書などで「学生時代培った経験をいかして~」と記述するような場面では「活かす」の表記意味上適切です。ただし、「活かす」を「生かす」と表記してしまっても、あながち誤りではありません

字義から理解する生かす」と「活かすの意味違い

生かす」と「活かす」という漢字の表記は、文脈によって使い分けられることもありまた、意味合いにかかわらず生かす」と表記されることもあります。

「生」の字用いた生かす」という言葉は、生命活動維持する殺さないという意味で特に用いられます。「生」の字は命や暮らしに関する意味合い用いられる字です。

「活」の字用いた活かす」という表記は、機能能力発揮される活用されるという意味用いられます。「活」の字には「役立てるという意味あります

「《生》は生命の生」「《活》は活躍の活」と考えれば明確に意味や使用場面違い把握できます判断に迷うことはないでしょう

とはいえ実際には活かすの意味で「生かす」と表記する場合多々あります。もし、どうしても迷ったら、「生かすの方選んでおいた方無難です少なくとも、決定的な間違い判断される懸念ありません

日常使用場面はたいてい「活かすの方が適切

日常の場面で「いかす」「~をいかして」のように表現する場合大半は、「発揮する」「活用する」「役立たせる」といった意味合い使われます。この場合基本的には「活かす」の表記が適切といえます

「いかす」を「生かす」と表記する場面は、日常ではそう多くありません。「生かす」は極言すれば殺さないという意味です。とはいえ実際には活かす」の代替表記として「生かす」が用いられる場面多々あります

活かす】の使用例
将来海外留学で身につけた語学力活かせる仕事につきたい
前回反省活かし用意周到に段取り整え
今回失敗経験はぜひ今後業務活かしたい
地の利活かした難攻不落名城
素材本来の味を活かした一品

生かす】の使用例
捌く直前まで生かしておく
・おのれ生かして帰さ

いかして」という表記サ行(五)活用動詞「いかす」の連用形接続助詞「て」が付いた形です。

■ 「活かす」は「生かす」の表記代替する場合多々ある

活かすと書いて「いかす」と読む用法は、実は《常用外》の漢字づかいです。そのため、常用外漢字使用避け新聞公文書などでは「生かす」も「活かす」も区別せず生かす」の表記用いることがよくあります

たとえば文部科学省は、生涯学習審議会1999年4月)の中間報告文書の中で学習成果幅広く生かす」「個人キャリア開発生かす」といった表記用いてます。国語辞典三省堂大辞林でも、リーチreach)」の語の文例として 「長い-を生かした攻め方」という一文記載してます。

※「活」の字は、それ自体常用漢字です。「活」の字読み方が、常用漢字表には音読みの「カツ」のみが記載されており、訓読み(「い-かす」)は記載されていないため、「活かすと書いて「いかす」と読む用法常用外である、というわけです。

履歴書などで「強みいかして」「長所いかして」のように表現する場合の「いかす」は、「能力経験を存分に発揮するという意味であり、その観点でいえば「活かす」の表記が適切と判断できますしかしながら活かす」という表記常用漢字重視する観点から生かす」の表記代替させてしまうことも可能です結局のところ、「生かす」を使っても「活かす」を使っても、あながち不適切ということにはなりません。

ただし《人を生かす》と述べ場合に限っては、「職能発揮のような意味とも、救急救命生殺与奪の意味合いとも、どちらとも解釈できてしまえます。おそらく前後文脈を鑑みれば誤解生じないでしょうけれど、万が一誤読懸念が残る場合には、説明補ったり、あるいは当該の表現を「いかす」以外の語句差し替えることも検討するべきでしょう

■あえて一方選択するなら「生きる」汎用的無難

「生」と「活」は類義語です。どちらの字使っても「いかす」と書いても、意味が大きく隔たことにはなりませんし、使い誤り致命的になる場面そうそう生じません。要はどちらでも構いません。どっちでもOK

生かす」と「活かす」は、結局のところ、ほとんど「ただの異表記」と捉えて大丈夫です。「活かすの意味で「生かす」と表記してしまって問題ありませんとりわけ表記平易さ汎用性度合いという観点においては常用漢字表読み方含まれる生かすの方が有利というか無難です

生かす」を「活かす」と表記した場合も、間違い判断されることはないでしょう。たとえば、活力をみなぎらせるようなニュアンス込めて、あえて「生かす」を「活かす」と表記するような場合充分にあり得ます。ただ、この場合何らかの特殊なニュアンス含まれている」とか「なんだか格好つけてるなあ」とか思われる余地残ります

■「いかす」と同様に「いきる」でも「生」「活」両方使える

ちなみに「生きる」および「活きる」という語形でも、「生きる」と「活きる」どちらの表記使えます。ただし「活きる」と表記する場面限られます。素材そのものの味が活きている」とか、囲碁世界では「石が活きている」とよく表現しますが、そうした例を除くと大抵の場面では、より無難といえる「生きる」表記用いられる傾向あります



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生かすと活かすの意味の違いと使い分けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生かすと活かすの意味の違いと使い分けのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS