本州四国連絡道路とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 本州四国連絡道路の意味・解説 

本州四国連絡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/29 05:26 UTC 版)

本州四国連絡道路(ほんしゅうしこくれんらくどうろ)は、国土交通大臣が定めた基本計画にかかる、本州四国を連絡する有料道路一般国道である。略称本四道路




  1. ^ a b c “「平成26年4月からの新たな本四高速料金」について” (プレスリリース), 本州四国連絡高速道路株式会社, (2014年3月14日), http://www.jb-honshi.co.jp/press/140314press-1.html 2015年5月20日閲覧。 
  2. ^ a b 本四高速の概要(第11回高速道路のあり方検討有識者委員会 資料3-3) (PDF, 722KB)
  3. ^ “本州四国連絡高速道路における料金割引社会実験の実施について” (プレスリリース), 本州四国連絡高速道路料金割引に係る社会実験協議会, (2007年8月10日), http://www.jb-honshi.co.jp/press/140314press-1.html 2015年5月28日閲覧。 
  4. ^ 料金割引の評価 (PDF)”. 第1回国土幹線道路部会 配布資料 参考資料2. 国土交通省. p. 2 (2012年11月20日). 2015年5月28日閲覧。
  5. ^ 上限1,000円は2011年6月19日まで実施。
  6. ^ 今後の本四高速料金の基本方針 (PDF, 66KB) - 国土交通省、2012年2月17日
  7. ^ 本四高速、自治体出資24%減で合意 料金は小幅割引に - 日本経済新聞、2012年3月15日
  8. ^ 「今後の本四高速の料金(案)」等について意見募集を開始します (PDF, 565KB) - 高速道路機構、2012年3月15日
  9. ^ 「平成24年4月からの本四高速の料金割引」について - JB本四高速、2012年3月30日
  10. ^ “本四高速の値下げ要望 県など9府県市、国交相らに”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). (2013年6月11日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201306/0006068802.shtml 2015年5月27日閲覧。 
  11. ^ 日本長距離フェリー協会、日本旅客船協会 提出資料 (PDF)”. 第6回国土幹線道路部会 配布資料2. 国土交通省. p. 13 (2013年3月22日). 2015年5月27日閲覧。
  12. ^ 四国旅客鉄道 提出資料 (PDF)”. 第7回国土幹線道路部会 配布資料4. 国土交通省. p. 16 (2013年4月11日). 2015年5月27日閲覧。
  13. ^ 社会資本整備審議会 道路分科会 国土幹線道路部会 中間答申 (PDF)”. 国土交通省. pp. 19-20 (2013年6月25日). 2015年5月16日閲覧。
  14. ^ 新たな高速道路料金に関する基本方針の決定について (PDF)”. 国土交通省 (2013年12月20日). 2015年5月27日閲覧。
  15. ^ 「新たな高速道路料金(案)」等について (PDF)”. (独)日本高速道路保有・債務返済機構 (2014年2月14日). 2015年5月27日閲覧。
  16. ^ 生口島道路および大島道路を除く。


「本州四国連絡道路」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「本州四国連絡道路」の関連用語

本州四国連絡道路のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大雪山

B747

トーマス・エジソン

アエオリディオプシス ランソンイ

汗取り

桂葉清水

ル・マン式

軒高





本州四国連絡道路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本州四国連絡道路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS