強制労働とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 労働 > 強制労働の意味・解説 

きょう せいろうどう きやう-らう- [5] 【強制労働】

労働者意思無視し,強制してさせる労働

強制労働

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 14:43 UTC 版)

強制労働(きょうせいろうどう)とは、自分の意思によるものでなく、他の者に強要されることによってする労働。労働酷使のような意味で使われることが多い。しばしば奴隷的な拘束・待遇を伴う。


  1. ^ 強制労働廃止条約(第105号)
  2. ^ 法的な批准国は174カ国であるが、マレーシアシンガポールが条約の廃棄を宣言している為、実際の批准国は172カ国になる。
  3. ^ 「本条約は、我が国の公務員制度の根幹にかかわる問題とも関連しており、現状では国内法制との整合性の面から批准することは困難である」[1]。「105号未批准の理由は、公務員に対する労働基本権(団結権・団体交渉権・団体行動権)が確立されていないこと、ならびに公務員の団体行動に関して懲役刑を定めていることが抵触することである」[2]
  4. ^ ベーシックインカム入門 山森亮 光文社 2009年 ISBN 9784334034924 p123-124
  5. ^ 村井淳 2010, pp. 118.
  6. ^ 村井淳 2010, pp. 121.
  7. ^ 白井久也 1994, pp. 37.
  8. ^ 戸松建二 2009, pp. 182.
  9. ^ ライナー・ホフマン 訳山手治之 (2005年). “戦争被害者に対する補償――1949年以降のドイツの実行と現在の展開――”. 立命館法学. 2012年4月8日閲覧。、299p
  10. ^ 村井淳 2010, pp. 130.
  11. ^ 村井淳 2010, pp. 132.
  12. ^ ウイリアム・ニンモ著『検証-シベリア抑留』。実数については諸説。
  13. ^ 2005年6月24日産経新聞
  14. ^ 2008年11月14日 産経新聞 中国の強制労働問題、ワシントンで博物館に 人権活動家が開設
  15. ^ ハリー・ウー著『労改-中国強制収容所を告発する』TBSブリタニカ ISBN 448496113X
  16. ^ “中国製品からSOSの手紙=強制労働者、隠し入れる-米スーパー”. 時事通信. (2012年12月28日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201212/2012122800568&g=int 
  17. ^ 2007年06月25日AFPBBNews強制労働の中国れんが工場ら、不法移民5万人以上も使用
  18. ^ 2008年3月21日 朝鮮日報中国・山西省、児童1000人以上に強制労働
  19. ^ 2008年3月21日産経新聞知的障害者34人に強制労働
  20. ^ 韓国で外国人労働者への「虐待がまん延」、人権団体が警告AFP 2014年10月20日







強制労働と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「強制労働」の関連用語

強制労働のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カーデナル

docomo PRO series BlackBerry® BoldTM

P-P方式

葉変わり女竹

鼓形ウォームギヤ

BMW M5

タランドス

2100系





強制労働のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強制労働 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS