太田川とは?

おおた がわ おほたがは 【太田川】 ◇

広島県西部流れ広島湾に注ぐ川。県西境の冠かんむり山付近に源を発する長さ103キロメートル広島市街で六つの川に分流

太田川

水の都の太田川 川の文化伝えたい
太田川は、広島県廿日市市(旧吉和村)の冠山にその源を発し、幾つも渓流合わせながら、広島市安佐北区可部山峡の地を離れ支川根谷川三篠川合流後、南に流下し、デルタの要である大芝にて太田川(放水路)と旧太田川とに分派、さらに京橋川天満川元安川猿猴川の計6本の川に分かれ瀬戸内海に注ぐ幹川流路延長103km、流域1,710km2河川です。

太田川と水の都広島
太田川と水の都広島

河川概要
水系太田川水系
河川太田川
幹川流路延長103km
流域面積1,710km2
流域内人980,000
流域関係都県広島県

太田川流域図
○拡大図
1.太田川の歴史
"広島城下町は低平な三角州デルタ)及び干拓地位置するため、江戸時代より治水事業実施され、「水越の策」や「川ざらえ」等のハード的な治水事業の他、鉄穴流し禁止堤防取締令、量水標設置等のが実施されました。中国地方中心都市として発展している広島は、干拓治水という水辺との関わりの中で築かれ、これら広島歴史は、そのまま太田川の歴史につながっています。"

 
干拓の経緯
干拓経緯
7川が流れる市内派川
7川が流れ市内派川
現在6川の市内派川
現在6川の市内派川
干拓歴史
太田川は、広島(ひろしま)県庁所在地である広島(ひろしま)市街地流れる川で、広島(ひろしま)市都心地域原始古代にはほとんど海中にありました。その後、太田川(おおたがわ)の搬出する土砂により砂州自然堤防ができ、中世1400年頃)には三角州デルタ上流部が形成されました。天和5年(1589)に毛利輝元(もうりてるもと)が広島(ひろしま)築城をしたのを契機として、太田川(おおたがわ)三角州デルタ)は安芸(あき)の国(広島(ひろしま)県)の政治・経済文化中心となっていきました。それ以前は「五か(五ヶ庄)」と呼ばれる土地幾つか分かれていましたが、城下町として整備下流向けて干拓進行しました。明治以降陸上輸送発達するにつれて中小河川埋め立て進み、現在は広島(ひろしま)城内堀(堀川(ほりかわ))を除きほとんどの水面埋め立てられました。
治水歴史
広島(ひろしま)城下町は低平な三角州デルタ)及び干拓地建設されているため、数々洪水見舞われ、太田川(おおたがわ)の治水歴代為政者宿命づけられた課題でした。その洪水対策としては、川筋固定や城側の堤防を高くし、対岸を低くする、いわゆる水越の策」や、「川ざらえ」等のハード的な治水事業の他、上流からの土砂による埋没懸念されるため、寛永5年1628)には、穴流(かんななが)しを禁止寛永9年(1632)には堤防取締令を出して、堤防保護を命じています。その内容は、「川を除き、木、杭木抜き取り申しまじき候、くり石取りまじき候・・・。土手無造作打ち、舟並びに牛馬繋ぎ申しまじき候・・・。土手外側1間内側3尺の間は(建物作りまじき候・・・」などといったものでした。また、その設置年代は明らかではありませんが、洪水高を示す量水標水尺)も設けられていたようで、この量水標をもとに、寛政9年(1797)5月、藩は「防水につき藩令」を出し勘定奉行及び藩士に対し、出水時に水防出勤すべき水位定め平時より堤防保護を図り、ならびに急変に応じるため、堤防付近家宅間には必ず通路設けておくこと。」などといった内容でした。しかしながら太田川(おおたがわ)の洪水繰り返し発生し、抜本的な改修工事必要性が叫ばれ、近代広島(ひろしま)における太田川(おおたがわ)治水の要である放水路事業昭和7年より着手しました。太田川(おおたがわ)市内7川の(山手川(やまてがわ)、福島川(ふくしまがわ)、天満川(てんまがわ)、本川(ほんかわ)、元安川(もとやすがわ)、京橋川(きょうばしがわ)、猿猴川(えんこうがわ))内、山手川(やまてがわ)、福島川(ふくしまがわ)を統合する形で放水路整備され、昭和42年完成しました。
中国地方中心都市として発展している広島(ひろしま)は、干拓治水という水辺との関わりの中で築かれ、広島(ひろしま)の歴史は、そのまま太田川(おおたがわ)の歴史につながっています。
2.地域の中の太田川
"太田川は、古くから川舟による輸送路として利用され、水辺に今も残る雁木は当時の荷揚場として往時の盛んだった舟運物語っています。中流部に建設されている高瀬堰貯水池より、広島市もとより太田川流域外の水源乏し瀬戸内海島しょ部まで送られています。また、毎年8月には市内各所において灯籠流しが行われるなど、周辺原爆ドーム平和公園との景観にも調和しています。"


筏ながしの風景
ながしの風景
[太田川と舟運
太田川(おおたがわ)は、古くから川舟による輸送路として利用され、太田川(おおたがわ)上流からは木炭、紙などが運ばれ、材木は筏によって運搬されていました。それに併せ船乗り船大工、舟問屋などの職業発達し、また、神田(かんだ)の渡し、ときはの渡しなど随所渡し船が行き来していました。水辺に今も残る雁木(がんぎ)は当時の荷揚場として往時の盛んだった舟運物語っています。江戸時代後期(1862)には川床が埋まり通船などに支障がでてきたために藩に願い出町民出資で川ざらえが行われた記録もあり、舟運によって発達していた当時暮らし伺い知ることができます
今でも太田川残る雁木
今でも太田川残る雁
[太田川の水利用]
太田川(おおたがわ)の豊富なは、古くから農業用水上水道用水工業用水水力発電などに利用されています。現在においては中流部に建設されている高瀬堰(たかせぜき)の貯水池内に貯められた太田川(おおたがわ)のは、広島市もとより太田川(おおたがわ)流域外の水源乏しい呉(くれ)市や瀬戸内海(せとないかい)の島しょ部まで送られ水道用水などに使われています。
灯籠流し
灯 籠 流 し
せせらぎの夕べ
せせらぎ夕べ
[太田川の水辺利用
太田川(おおたがわ)の利用について上流部は、西中国山地国定公園内にあり、一帯自然景観美を誇り中でも戸河内(とごうち)町にある三段峡(さんだんきょう)は国の特別名勝にも指定されています。また、平成13年度末に完成した温井(ぬくい)ダムアーチ式ダムにおいては富山(とやま)県の黒部(くろべ)ダムに次ぐ2番目の156mのダム高を誇り年間30万人の方がスポーツ自然観察などに訪れています。 太田川(おおたがわ)中流部を流れ古川は、昔は太田川(おおたがわ)の本川として流れていました。支川となった今では市街地近くありながら比較的自然も豊かな環境を活かし、多自然型川づくりを行っています。地域方々取り組み盛んに行われ年間通じ清掃活動、夏には毎年古川(ふるかわ)を舞台に「せせらぎ夕べ」と題したコンサート併せお祭り開催され大変賑わっています。下流部の広い河川空間は、地域方々にとって手軽に自然とふれあえる場であり、一帯魚釣り水遊びバードウォッチング等の場として親しまれている他、河口部は潮干狩り魚釣りなどの身近なレクリエーション施設の場として、市民に深い愛着をもたれています。また、広島(ひろしま)に原爆落ち8月6日には、元安川(もとやすかわ)を始めとする市内各所において灯籠流しが行われるなど、人々接することができるようになっており、周辺原爆ドーム平和公園などとの景観にも調和しています。
4.太田川の主な災害


発生発生原因被災市町村被害状況
昭和18年 9月台風26号広島市死者39
負傷者22
全半壊家屋1,504
浸水家屋16,128
昭和47年 7月梅雨前線広島市死者3名
全半壊家屋6棟
浸水家屋843棟

(注:この情報2008年2月現在のものです)

太田川(中流域)(おおたがわ(ちゅうりゅういき))

河川 広島県広島市安佐北区安佐南区東区西区
名水画像
西中国山地国定公園冠山をその源とし、本流その後瀬戸内海に注いでおり、下流デルタ形成している。河岸緑地親水公園整備など良好な河川景観形成意識した水辺や河川の整備積極的に行われている。
位置情報

周辺の自然環境
上流急峻山間蛇行しながら支流集め河床には礫なども見受けられる可部地先一転して平野が広がっており、以前田園地帯であったものが、現在は宅地化が進行している。
利用状況
河川敷親水公園ゴルフ場として整備されており、市民憩いの場になっている。豊富かつ良好水質維持している表流水は、広島市中心とする地域水道水源として人々のくらしを支えている。
イベント情報
初夏には鮎釣り解禁となり、多く愛好家訪れる。また、毎年8月には、住民による「太田川イカダ下り」のイベントが行われている。
水質・水量
玖村観測点での平水流量40m3/秒と中国地方有数の河川流量維持している。この水量支えられて、水質良好で、環境基準A類型を満たしている。
由来・歴史
現在の広島平野をかたちづくったものは、太田川の氾濫繰り返しだった。しかし、昭和47年太田川放水路整備されてからは、目立った洪水被害発生ていない
水質保全活動
地元住民による清掃活動が行われているほか、流域小学校では太田川をとりあげ環境学が行われている。
アクセス
鉄道バスでお越し場合
■『祇園水門』・・・・ JR可部線安芸長束駅下車徒歩15
■『行森川合流点』・・ JR可部線可部駅下車広島交通バス宇津可部線大野下車

お問い合わせ
広島市環境環境保全
〒 730-8586
広島県広島市中区国泰寺町1丁目6‐34
TEL : 082-504-2188
ka-hozen@city.hiroshima.jp
http://www.city.hiroshima.jp/
アクセスマップ
アクセスマップ図

太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 山形県

水系 最上川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 福島県

水系 阿賀野川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 福島県

水系 太田川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 茨城県

水系 利根川水系


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 新潟県

水系 阿賀野川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 新潟県

水系 阿賀野川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 新潟県

水系 信濃川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 新潟県

水系 信濃川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 富山県

水系 神通川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 石川県

水系 太田川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 福井県

水系 太田川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 長野県

水系 信濃川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 静岡県

水系 太田川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 愛知県

水系 矢作川水系


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 滋賀県

水系 淀川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 京都府

水系 由良川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 兵庫県

水系 円山川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 兵庫県

水系 市川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 兵庫県

水系 大津茂川水系大津茂川


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 奈良県

水系 大和川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 和歌山県

水系 太田川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 島根県

水系 江の川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 広島県

水系 太田川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 徳島県

水系 吉野川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 徳島県

水系 太田川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 愛媛県

水系 渡川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 熊本県

水系 菊池川水系


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 大分県

水系 筑後川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 大分県

水系 大野川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 鹿児島県

水系 永吉川水系

等級 2級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 岩手県

水系 北上川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 岩手県

水系 新井田川水系


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 岩手県

水系 馬淵川水系


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 岩手県

水系 北上川水系


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 岩手県

水系 北上川水系


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 宮城県

水系 北上川水系

等級 1級


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 福島県西白河郡泉崎村


太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 群馬県利根郡川場村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

太田川

読み方:オオタガワ(ootagawa)

所在 愛知県(名古屋鉄道河和線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

太田川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 23:55 UTC 版)

太田川(おおたがわ)は、広島県を流れる一級河川太田川水系の本流。中流域は環境省名水百選に選定されている[1]




注釈

  1. ^ 7月31日から元号は大正
  2. ^ ピーク時対応の揚水式発電である南原発電所を含まず。
  3. ^ 0.8758メガkWh x 365日 x 24時間
  4. ^ 明神ダムへ揚水して発電、下池が南原ダム、1974年に竣工した島根原発に合わせたもの

出典

  1. ^ 環境省選定 名水百選 詳細ページ”. 環境省. 2017年9月22日閲覧。
  2. ^ a b 建設省中国地方建設局 太田川工事事務所編『太田川史』、1993年。
  3. ^ 太田川下流ブロックの概要”. 河川生態ナレッジデータベース. 2017年9月22日閲覧。
  4. ^ a b c 太田川水系の概要”. 国土交通省中国地方整備局. 2017年9月22日閲覧。
  5. ^ 西中国山地国定公園』 - コトバンク
  6. ^ 中国地方の地形環境 広島県 古川”. 徳山大学総合研究所. 2017年9月22日閲覧。
  7. ^ 平成13年度中国地方一級河川の水質現況”. 国土交通省中国地方整備局. 2017年9月22日閲覧。
  8. ^ 日本の水力発電の歴史 「明治21年 - 明治30年」
  9. ^ a b 中国電力・環境@エネルギー 「広島」[リンク切れ]
  10. ^ a b 広島市亀山公民館 「亀山発電所」
  11. ^ a b 太田川・Fanの集い 「太田川の水力発電」 [リンク切れ]
  12. ^ 経済産業省資源エネルギー庁 「都道府県別エネルギー消費統計・34 広島県」 [リンク切れ]
  13. ^ geocities 「中国地方の水力発電所概要一覧」
  14. ^ 第3章 その他の再生可能エネルギー”. 広島県庁. pp. 33. 2017年9月19日閲覧。
  15. ^ 国土交通省・中国地方整備局 太田川水系の概要


「太田川」の続きの解説一覧





太田川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

太田川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「太田川」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

六角川

力水

小瀬川

出合清水

北上川

柿田川湧水群

加古川

白山川





太田川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太田川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS