筑後川とは?

ちくごがわ -がは 【筑後川】 ◇

熊本・大分・佐賀福岡四県を流れ九州第一大河大分県九重山熊本県阿蘇外輪山主水源とし,筑紫(つくし)平野をうるおして有明海に注ぐ。長さ143キロメートル筑紫(つくし)次郎

筑後川

明日拓く川~筑後川
筑後川は、その源を熊本県阿蘇郡瀬の本高原に発し、高峻山岳地帯流下して、日田市において、くじゅう連山から流れ下る玖珠川合わせ典型的山間盆地流下し、その後、再び峡谷を過ぎ、佐田川小石原川巨瀬川宝満川多く支川合わせ肥沃筑紫平野貫流し、さらに、早津江川分派して、有明海に注ぐ、幹川流路延長143km、流域面積2,863km2九州最大一級河川である。

筑紫平野を貫流する筑後川(久留米市付近から下流を望む)
筑紫平野貫流する筑後川(久留米市付近から下流を望む)

河川概要
水系筑後川水系
河川筑後川
幹川流路延長143km
流域面積2,863km2
流域内人1,090,777
流域関係都県福岡県佐賀県大分県熊本県

筑後川流域図
○拡大図
1.筑後川の歴史
"筑後川の歴史洪水治水歴史です。丹羽頼母の水深維持流路固定目的とした水制護岸荒籠」、築堤工事として「霞堤」、成富兵庫大規模連続堤「千堤」等を代表として、様々な伝統技術が筑後川に今もなお存在します。"

筑後川の歴史先人の知恵活用

筑後川の歴史洪水治水歴史である。一度洪水遭遇すれば甚大な被害発生し、それが幾度も繰り返され筑後川の治水工事動機になっている
その一つ目につくのが、きわめて強固石積み水刎(みずはね)である。今日もなお所々見受けられ、この種の構造物としてもかなり高い。これは筑後川が筑前筑後の国境を流れ上流では右岸黒田左岸有馬下流では右岸鍋島左岸有馬および立花各藩対立しており、相手側に向かって水制刎ね返すため互いに争って構築したもの思われる
【荒籠】
荒籠
江戸時代においても舟運は盛んであり、干満利用してかなりの船が貿易を行っていた。そこで、舟運水深維持するために両岸から河心におよぶ荒籠(あらこ)随所につくられその一部は今なお当時の姿を残している。
筑後川の治水先人者として丹羽頼母(にわたのも)があげられる。慶安元年三潴郡中島村荒籠(あらこ)築造したのをはじめとして各地建設した。この荒籠(あらこ)水制護岸目的したもので、流速緩漫な下流水深維持流路固定のため効を奏した。筑後川の水運重要視された当時として、この流路固定水深維持目指した低工事主力が注がれたことは意義があった。また、頼母の築堤工事は現在見るような連続ではなく霞堤と呼ばれ幾重にも平行した不連続堤で、堤防末端解放していたため、洪水となればその解放部から氾濫する状況にあった。当時霞堤主体とし、必要に応じて局部囲堤(かこみてい)乗越(のりこしてい)設け洪水処理をしていたものである。
成富兵庫(なるどみひょうご)元和元年から12年歳月を要し、堤敷幅54m、堤防高7.2m、天端幅3.6m延長12kmにおよぶ大規模連続堤を完成させている。俗に(ちりくてい)と呼ばれ、現在では、流路沿う堤防強化に伴い完成当時の姿を消したが、公園として堤防一部復元されている。
【デレーケ導流提】
デレーケ導流提】
そのほかにオランダ人土木技師ヨハネス・デ・レーケ田中吉政など多く先人達の並々ならぬ辛苦努力結晶であることを忘れてはならない生命傾注して郷土発展のため尽力した先人達の業績今もなお、筑後川に受け継がれている。
2.地域の中の筑後川
"筑後川は、大分県福岡県佐賀県熊本県の4つの県を流れ九州一の大河です。そのため人口集中する都市圏から農山村地域まで地域的多様性を持っています。それを反映して筑後川流域には数多く活動団体存在し、活発な活動が展開されています。"

筑後川と地域社会つながり

筑後川は、大分県福岡県佐賀県熊本県の4つの県を流れ九州一の大河である。そのため人口集中する都市圏から農山村地域まで地域的多様性持っている
【筑後川流域連携クラブ】
【筑後川流域連携クラブ
それを反映して筑後川流域には数多く活動団体存在し、活発な活動が展開されてきた。しかしながら団体同士相互交流はほとんどなく、県境市町村飛び越えて筑後川について語り合える場として始まった「筑後川フェスティバル」は今年18年目を迎えることとなり、さらに福岡都市圏も含む流域連携をさらに深めようと平成11年久留米市にて誕生したのがNPO法人筑後川流域連携倶楽部である。連携倶楽部では筑後川流域全体を川と主題としたテーマパークととらえ、筑後川流域まるごと楽しもうという「筑後川まるごとテーマパーク構想」を提唱して流域圏にある観光スポット自然環境歴史文化特産物などを体験するリバーツーリズムも行われており、さらには「筑後川流域新聞」を発行するなど、流域交流盛んになるように活動続けている。
また、上流域である日田市には平成4年に「子供たちに泳げる川を!」をスローガンとしてNPOひた水環境ネットワークセンター平成14年NPO認証)が設立されており、これまでに、一人でも多く方々に川に近づいてもらい、川で遊び学び楽しさ伝え、川を大切にする気持ちや安全への意識高めることを目的として今年9年目迎える「三隈川リバーフェスタ」を実施している。さらに子供たち対象に川の学校を意味するリバースクールを行い子供環境学習の推進地域住民への河川愛護精神育むための活動も行っている。このような団体存在によって、上流域のために中下流域の人が参加する、下流域のために上中流域の人が駆けつけるといったことが行政のを超えてできるようになり、流域住民が筑後川へと目を向けるきっかけをつくるという住民河川との橋渡し役割担っている
さらに筑後川には、筑後川発見玄関口として三隈川交流センター朝霧の館」、
【筑後川発見館くるめウス】
【筑後川発見館くるめウス
筑後川交流館「はなむね」、筑後川発見館「くるめウス」の3つの河川情報館が存在している。河川情報発信小学校等の総合学習での利活用、関係機関周辺施設との多様な連携を図っており、流域活動している市民団体等の活動拠点一つにもなっている。河川情報館と市民団体連携した利活用を進めていくことは、さらなる河川空間利用を促していく事にもつながっている。
3.筑後川の自然環境
"筑後川流域は、豊かな自然環境を有しており、筑後川と周囲山々調和して緑豊かな景観美を造り情緒豊かな河川景観観光資源としても活かされています。また、阿蘇くじゅう国立公園耶馬日田英彦山国定公園、筑後川県立自然公園等の自然公園にも指定されています。国内最大干満差有す有明海に注ぎ、下流部は特有の汽水環境形成しています。"


源流から夜明渓谷に至る上流部は、日田美林として知られるヒノキからなる豊かな森林恵まれ山間渓谷経て玖珠川合流日田盆地貫流する。河岸にはツルヨシ群落ネコヤナギ等のヤナギアラカシなどの高木林見られる。礫河床流水域にはオイカワカワムツなどが生息し、砂礫河床早瀬にはアユ水際の抽沈水植物生育地にはオヤニラミなどが生息している。また、水のきれいな砂礫地を好むゲンジボタルカジカガエルサワガニなどが生息し、渓流にはカワガラスヤマセミなどが生息している。
【ヤマセミ】
ヤマセミ
夜明峡谷から筑後大堰までの中流部は、九州を代表する穀倉地帯である筑紫平野を緩やかに蛇行しながら流れ、瀬、淵、ワンド河原等の多様な動植物生育生息環境形成し、流域最大都市である久留米市外部貫流する。水際にはエビモヤナギモなどの沈水植物、低敷にはツルヨシ群落など、高水敷にはオギ群落などが分布し、河岸にはアカメヤナギエノキなどの高木林点在し、高水敷には九州北部でも少ないセイタカヨシ群落分布する。
オヤニラミ
オヤニラミ
河川には、流水域を好むオイカワ緩流域を好むウグイフナ類等が生息し、早瀬アユ産卵場となっている。また、水際の抽沈水植物生育地にはオヤニラミキイロカワカゲロウなどが生息している。陸域では、カワセミ河原繁殖するコアジサシツバメチドリなどの鳥類オギ高水敷イネ科植物に巣を作るカヤネズミなどの哺乳類生息している。陸域では、カワセミ河原繁殖するコアジサシツバメチドリなどの鳥類オギ高水敷イネ科植物に巣を作るカヤネズミなどの哺乳類生息している。
【エツ】
エツ
筑後大堰より河口までの下流部は、クリーク発達した筑紫平野の中を大きく蛇行しながら有明海へと注ぎ、23kmに及ぶ長い感潮域で、河口中心に干潟形成されている。水際にはヨシ原広がりアイアシ等の塩性植物群落分布し、エツアリアケヒメシラウオなどが生息している。干潟にはムツゴロウシオマネキハラグクレチゴガニなどが生息し、シギ・チドリ類などの餌場、休息場等としても利用されている。高水敷にはカササギヨシ原営巣するオオヨシキリなどの鳥類生息している。
4.筑後川の主な災害


発生発生原因被災市町村被害状況
昭和28年6月梅雨前線流域全体死者147名、
床上浸水49,201
昭和60年8月台風13号河口床上浸水487
床下浸水1,517
平成3年9月台風1719日田玖珠地域風倒木被害1,500
被害面積19,000ha

(注:この情報2008年2月現在のものです)

筑後川

読み方:チクゴガワ(chikugogawa)

所在 熊本県大分県福岡県佐賀県

水系 筑後川水系

等級 1級


筑後川

読み方:チクゴガワ(chikugogawa)

所在 宮崎県

水系 一ツ瀬川水系

等級 2級


筑後川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/08 03:04 UTC 版)

筑後川(ちくごがわ)は、阿蘇山を水源として九州地方北部を東から西に流れ有明海に注ぐである。河川法に基づき国土交通省[1]政令によって1965年(昭和40年)に指定された一級水系・筑後川水系本流で、一級河川に指定されている。




  1. ^ 当時は建設省
  2. ^ 順位争いで「筑紫三郎」といわれることもある
  3. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  4. ^ 筑後川水系に包括される河川は、ごく一部の流域を除いて概ね一級河川の指定を受けている。指定された河川は140河川、総延長965.8キロメートルに及ぶ。
  5. ^ このうち、国土交通省が直轄で管理する「指定外区間」は松原ダムより有明海の河口までで、残りは熊本県が管理する「指定区間」である。
  6. ^ 水源から田の原橋までの区間は一級河川の指定を受けていない。
  7. ^ 田中忠政が無嗣で改易された後、旧領である柳河11万石に復帰した。関ヶ原の敗戦で改易となった大名が旧領に復帰した希有な例である。
  8. ^ 現在は合併して三養基郡(みやきぐん)となっている。
  9. ^ いずれも現在の三養基郡みやき町の一部
  10. ^ 現在の国土交通省九州地方整備局
  11. ^ 現在の独立行政法人水資源機構
  12. ^ 現在の農林水産省
  13. ^ 現在の経済産業省
  14. ^ 高さ125.0メートルのロックフィルダムとして計画されていたが、ダム建設地点の地質が劣悪で対策を講じていたが、結果的に克服できず中止となった。
  15. ^ 現在はプラジカンテルという特効薬がある。
  16. ^ 若津港導流堤(筑後川デ・レーケ堤)」、土木学会 選奨土木遺産、2015年7月7日閲覧







筑後川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

筑後川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「筑後川」の関連用語

筑後川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

留萌川

宮川

四万十川

六角川

常願寺川

梯川

矢作川

番匠川





筑後川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筑後川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS