毛利輝元とは?

もうりてるもと 【毛利輝元】 ○

(1553~1625) 安土桃山江戸初期武将元就の孫。剃髪後は宗瑞と号す。一五代将軍足利義昭迎え織田信長対立したが,本能寺の変後,豊臣秀吉和睦五大老一人となった。関ヶ原の戦いでは豊臣主将戦後長門周防二か国に減封された。

毛利輝元

読み方もうり てるもと

安土・桃山時代中国地方大名。隆元の子で、元就の孫。幼名は幸鶴丸法名を宗瑞。父の急死によって家督相続織田信長対立したが、備中高松城羽柴秀吉講和を結び、本願寺の変後は秀吉属す文禄・慶長の役大将として出動五大老一人として重きをなした。関ヶ原の戦後、減封されたが一族家臣協和につとめ、毛利家存続の礎を築いた。寛永2年(1625)歿、73才。

毛利輝元(もうり てるもと) 1553~1625

○幸鶴丸 少輔太郎 右衛門督 右馬頭 侍従 参議 権中納言
◇父:毛利隆元 室:宍戸隆家女、児玉元良女、羽根元泰女、井上正女 子:毛利右近衛権少将秀就、日向守就隆
 父の死後、安芸毛利氏当主となるが若年の為、祖父元就、その死後吉川元春小早川隆景の両叔父両川”の後見を受けるが、凡庸な武将であったという。羽柴(豊臣)秀吉講和して以後は、秀吉に従い、朝鮮出兵では大将として渡海豊臣家五大老一人に列せられた。関ヶ原の戦いでは石田三成安国寺恵瓊に担がれて、西軍総帥格になった。合戦では積極的には出なかったが、責任を取らされて防長2国に減封となった。
毛利元秋(もうり もとあき) 1552~1585→椙杜元秋
毛利元清(もうり もときよ) 1551~1597穂田元清
毛利元綱(もうり もとつな) ????~????→相合元綱
毛利元倶もうり もととも) 1555~1571→出羽元倶

毛利輝元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/27 05:32 UTC 版)

毛利 輝元(もうり てるもと)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名豊臣政権五大老の一人であり、関ヶ原の戦いでは西軍の総大将として擁立された。長州藩の藩祖(輝元を初代藩主としていないのは、関ヶ原の戦い後の論功により秀就を初代として数えているため。後述)。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この時、元就は「こうづるいよいよ成人侯わんと、何よりめでたく、月星とこれのみ思い待ち入り侯」と心情を生母・尾崎局に綴っている。
  2. ^ 輝元はこの総攻撃の前に元就に先陣を願い出ているが、叔父の吉川元春小早川隆景の強い反対にあい、断念している。
  3. ^ 元就は輝元の初陣を期に隠居を考えたが、輝元に「父・隆元は、40の歳まで祖父上に後見していただいたではないですか...なのに、まだ15の私を、なぜ見捨てておしまいになるのですか」と言われ、死ぬまでその後見にあった。
  4. ^ 布部山の戦いでは新山城攻撃を目前に「元就、危篤」の報が入り、元春にその場を任せ、隆景と共に元就の病床に駆けつけ、死去後は総大将に復帰し、尼子勝久を追放している。
  5. ^ 山中幸盛の殺害は、元春なのか輝元なのか諸説あり、はっきりしない。ただし、輝元実行の場合、幸盛の忠誠に感激していた元春・隆景が「殺害反対、家臣または助命」と進言したという。しかし、輝元は二度も毛利に捕らえられながらなおも敵対、毛利につくことを潔しとしない態度に憤然としていた。そのため、進言には一切耳を貸さず、命じたと言われる。このとき隆景は「政治的判断よりも感情を優先する」と見て、「総大将の器にあらず」と憂えたという。
  6. ^ 「大老」は後世の呼称であり、当時は「奉行」「年寄」[5])であったとする学説・文献もある。
  7. ^ 異説として輝元自体東軍と西軍の戦力は拮抗していることから、対立は長期化すると判断。一般的に広家や宍戸元続福原広俊、元祥、元直らが中心となって動いたといわれている徳川内応の話を輝元も知っていた、もしくは大坂入城後ないし、関ヶ原前日には知っていた可能性もあると岳真也は指摘している。これは豊臣と東西両方に義理立てし、両軍の損傷著しい時は、そのとき無傷の自分が出兵することで天下を取ることも考えたのではというものである。この説は、いわゆる元就の遺訓に反しているが、「天下が勝手に転がり込む」ので遺訓の違反には当たらないと考えたと岳は指摘している。[要出典]
  8. ^ 輝元の大坂入城は増田長盛の謀反に備えていたという説がある。
  9. ^ 慶長10年(1605年)毛利家御前帳に29万8480石2斗3合と記されている。
  10. ^ 瀬戸内海に面した三田尻や山口の築城が幕府に許可されず、やむなく萩にしたといわれ、この時、「これほど苦労をさせるなら、諸国を流浪していたほうがまだ増しじゃ」と側近に語ったとされる。
  11. ^ 検地では53万9,268石余を算出したが、一揆の発生、東軍に功績のあった隣国の広島藩主・福島正則49万8,000石とのつりあいなどにより、幕閣は申告高の7割を新石高と公認した。
  12. ^ このとき輝元は佐野に一族を末代まで取り立てるという起請文まで出した。
  13. ^ 堀智博の研究によると、この逸話には信憑性がなく、元盛は天正17年(1589年)に輝元から勘気を蒙って追放されており、牢人として拠り所のない元盛は輝元の意思とは無関係に「佐野道可」として大坂籠城を行ったとする[7]
  14. ^ 家中の分裂は秀元や恵瓊が独立大名となったことへの反感や個人的対立等が既に生じていたという説もある(少なくとも広家と恵瓊はもともと反りが合わず、朝鮮出兵以降にその溝は決定的なものになったという。なお、恵瓊を独立大名とする見解には異説もある)。

出典

  1. ^ 光成準治「幸鶴期の毛利輝元―発給文書と側近衆―」(『十六世紀史論叢』6号、2016年)
  2. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』近代文芸社、2000年、50頁。
  3. ^ 「秀吉と海賊大名」藤田達生
  4. ^ a b 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」
  5. ^ 『武家事紀』第三十一、「加能越古文書」「毛利家文書」など
  6. ^ 渡邊世祐『毛利輝元卿伝』(マツノ書店、1982年、初出は1944年)
  7. ^ 堀智博「毛利輝元と大坂の陣」(山本博文・堀新曽根勇二編『偽りの秀吉像を打ち壊す』柏書房、2013年)238-239頁
  8. ^ a b c 朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、1014頁。
  9. ^ 萩市史・第一巻
  10. ^ 福原家文書
  11. ^ 『関原大条志』


「毛利輝元」の続きの解説一覧





毛利輝元と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「毛利輝元」の関連用語

毛利輝元のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

笹紙

富岡海水浴場

インドクジャク

非常駐車帯

南アルプス国立公園

岩崎彌之助

ラリー・ウォール

一葉





毛利輝元のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2016,Hofu Virtual Site Museum,Japan
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2016 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毛利輝元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS