円山川とは?

円山川

四季あざやか自然豊かな但馬の母なる川 円山川
円山川は、水源朝来郡生野町円山とし、途中大屋川八木川稲葉川出石川及び奈佐川等の95支川合わせて但馬中央部北流して日本海に注ぐ一級河川です。その流域面積は約1,300km2幹川流路延長は約68kmです。東西支川の上流端には氷ノ山等の標高1,000~1,500mの山地が連なっており、平野部豊岡盆地中心とした穀倉地帯となっています。約86%を山地部が占め、残る約14%が平地部となっている流域内には、約15万人人々暮らしており、直轄管理区間となる下流域にはその半分の約8万人集中しています。

「円山川」武田良雄氏 提供 (円山川写真集~フレームで見る円山川~より)
「円山川」武田良雄氏 提供
(円山川写真集フレームで見る円山川~より)

河川概要
水系円山川水系
河川円山川
幹川流路延長68km
流域面積1,300km2
流域内人150,557
流域関係都県兵庫県

円山川流域図
○拡大図
2.地域の中の円山川
"「柳行李」は円山川が生み出し地場産業繰り返す氾濫形成した湿地帯には、その原料であるコリヤナギ生息しました。また、今では絶滅したコウノトリ最後まで生息していた豊岡盆地。現在、人工繁殖させたコウノトリ野生に戻す取り組み地域をあげて実施しています。"

円山川と地域社会とのつながり

●「柳行李(やなぎごうり )」と円山川
柳行李
柳行李
円山川の繰り返す洪水を防ぐために、河口域にあった閉塞部を切り開き豊岡盆地泥流日本海流し込んだ「アメノヒボコ伝説」が実在するのは、この地域住む人々が遙か昔から洪水被害を受け、いかに治水事業苦心していたのかを表しています。
一方被害を受けるということはそもそも人々が川に沿って生活していたことの裏返しといえます。川に沿った平地集落を築かなければこのような伝説もなかったことでしょう豊岡盆地という限られた平地の中では、日常使用農業用水物資輸送などの舟運に「母なる円山川」が欠かせなかったのです。
そのような円山川下流形成された湿地帯には、地場産業である柳行李原料となるコリヤナギ多く自生していました。洪水のたびに川が運んできた肥沃な土がコリヤナギ生育に適していたことに加え多雨多雪気候もたらす多湿空気も、乾燥すると折れやくすなるコリヤナギ加工には都合のよい条件あったようです。さらに、長い冬場に屋内作業できることがその発展につながったといえます。その後豊岡市地場産業となるカバン産業の礎を築きました。

コウノトリ野生復帰
円山川が中央流れ豊岡盆地は、かつて日本中に生息していた野生コウノトリが、1971昭和46)年以降に姿を消ししまうま生息していた場所です。当時豊岡盆地水田は、浅い水域湿地域を形成する湿田でした。コウノトリは、そのような湿地河川浅瀬舞い降りカエルバッタなど多く小動物を餌としていました。人が生んだ自然環境適応して、この地域一帯生息していたことが分かります。
地域では、「コウノトリ救いたい」との思いから1965(昭和40)年、「コウノトリ保護増殖センター」で人工繁殖試み始まりました。それから25年目の1988平成元)年にようやく実を結び、初のヒナ2羽の孵化成育成功その後は順調に増えています。そして1992平成4)年からは、国、兵庫県豊岡市中心となり、「兵庫県立コウノトリの郷公園」で増殖事業最終目的である野生復帰への取り組みが進められています。
コウノトリ
コウノトリ
驚いたことに、2002平成14)年8月まさしく野生コウノトリ一羽が舞い降り大騒ぎになりました。この野生コウノトリ2000平成12)年宮崎飛来してから西日本各地転々とした後、この豊岡盆地にとどまり、一年以上が経過しています。コウノトリ野生復帰控えた今、心強い味方となっています。
3.円山川の自然環境
"円山川の四つ特徴汽水域」「原野」「河畔林」「丸石河原」。これらには、植物809種、魚介類84種、底生動物336種、鳥類163種、陸生昆虫1,537種、哺乳類15種、両生類7種、爬虫類8種(平成3~14年度「河川水辺の国勢調査」)など数多く生物確認されています。"

 
●円山川の四つ特徴汽水域」「原野」「河畔林」「丸石河原
河床勾配が緩やかで低地流れ貴重な生物生息生育する円山川の自然環境は、大きく四つ特徴分けられます。
河口から順にその特徴をあげると、まず第一に河口から約16kmまで侵入してきた海水川の水が混ざりあってできる特殊な水域汽水域」があげられます。ここでは海の生物と川の生物同居する様な生息環境は広がっており、河川敷中州広がるヨシ原には、希少な昆虫類生息し、シオクグなど汽水域特有の植物見られます。また、魚類では、ヒラメスズキなど海の魚生息しています。
第二特徴として、中・下流域の人の生活の場でもあり、川の氾濫繰り返す独特な環境として「原野」があげられます。ここでは低湿地特徴的植物多く見られます。そのなかにはホソバイヌタデ、ヤナギヌカボ、タコノアシミゾコウジュオオマルバノホロシミクリサデクサフジバカマなどといった絶滅が心配されている植物生育しています。
第三特徴は、平地流れる川の特徴ともいえ、長さ1km幅100m広がる河畔林」が形成されていることです。ここにはケヤキムクノキエノキといったニレ科高木が育っていますが、それらの林床コンロンソウなどの多数山地性の植物見られます。それは、円山川の「河畔林」が冬に落とし林床明るくなることや水はけ良いことなど、山地環境類似しているためといわれています。
最後第四特徴は、流れがだんだん速くなり河原石ころが転がっている場所で「丸石河原」が形成されていることです。ここではをためる機能がほとんどなく、につかったときには過飽和になるため、いったんがひくと完全に乾いてしまいます。そんな過酷環境適応できる植物はそう多くありませんが、円山川には”カワラ”という名が付く植物多く生育しており、その代表でカワラハハコ安定して生育しています。
これらの四つ特徴汽水域」「原野」「河畔林」「丸石河原」をもつ多様な円山川には植物809種、魚介類84種、底生動物336種、鳥類163種、陸生昆虫1537種、哺乳類15種、両生類7種、爬虫類8種など(平成3~14年度「河川水辺の国勢調査」)数多く生物確認されています。
4.円山川の主な災害

円山川で起きた主な洪水被害

主な災害
発生発生原因被災市町村被害状況
昭和34年9月26日伊勢湾台風豊岡市城崎町日高町出石町死者7名
負傷者164
浸水面積16,926ha
床上浸水床下浸水 (計16,833戸)
昭和51年9月10日台風17号豊岡市城崎町日高町出石町浸水面積2,115ha
床上浸水1,212
床下浸水1,643
直轄管理区間内被害
平成2年9月19日台風19号豊岡市城崎町日高町出石町浸水面積1,923ha
床上浸水896
床下浸水1,316
直轄管理区間内被害

(注:この情報2008年2月現在のものです)

円山川

読み方:マルヤマガワ(maruyamagawa)

所在 兵庫県

水系 円山川水系

等級 1級


円山川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/25 09:32 UTC 版)

円山川(まるやまがわ)は、兵庫県北東部を流れる一級水系本流朝来川(あさごがわ)とも呼ばれる。2012年(平成24年)7月3日、「円山川下流域・周辺水田」がラムサール条約に登録された[1]




[ヘルプ]
  1. ^ ラムサール条約に登録、豊岡市・円山川下流域 県内初:神戸新聞2012年7月3日
  2. ^ a b c d e f g h 菅村定昌、兵庫県生物学会編、「近畿有数の生物相を誇る円山川」『兵庫県生物学会65周年記念誌 豊かな兵庫の自然力 - 生物の多様性と人々の営み -』、神戸新聞総合出版センター、2011年、14-16頁
  3. ^ 高橋信、兵庫県生物学会編、「円山川が育む野鳥の多様性」『兵庫県生物学会65周年記念誌 豊かな兵庫の自然力 - 生物の多様性と人々の営み -』、神戸新聞総合出版センター、2011年、20-21頁
  4. ^ 上田尚志、兵庫県生物学会編、「円山川河川敷で暮らす虫」『兵庫県生物学会65周年記念誌 豊かな兵庫の自然力 - 生物の多様性と人々の営み -』、神戸新聞総合出版センター、2011年、17-19頁


「円山川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「円山川」の関連用語

円山川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

庄川

大井川

小貝川

関川

十勝川

常願寺川

富士川

石狩川





円山川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの円山川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS