クレヨンしんちゃん_爆睡!ユメミーワールド大突撃とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クレヨンしんちゃん_爆睡!ユメミーワールド大突撃の意味・解説 

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/03 07:51 UTC 版)

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』(クレヨンしんちゃん ばくすい ユメミーワールドだいとつげき)は、2016年4月16日に公開された『クレヨンしんちゃん』劇場映画24作目。




注釈

  1. ^ オープニング部分やエンディング部分(ダイジェスト)も含まれている。
  2. ^ サキの幼い頃は茶髪だった。
  3. ^ この事がサキの悪夢を生み出した原因となる。
  4. ^ 横柄な態度を取ったり、みさえを「オバハン」と呼んでいた。
  5. ^ この時は悪夢の世界だったにも関わらず、みさえの夢の世界の人物の片割れとして登場していた。
  6. ^ 予告編のナレーションも担当。
  7. ^ 悪夢の世界の幻のみで、本人は登場しない。
  8. ^ しんのすけの夢の中のみで、本人は登場しない。
  9. ^ ひろしの夢の中及び悪夢の世界の幻のみで、本人はEDの映像に登場。

出典

  1. ^ 2016年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2016年7月25日). 2016年9月11日閲覧。
  2. ^ 『オラの引越し物語』映像ソフト収録の特報映像より。
  3. ^ 公式ウェブサイトより。
  4. ^ 「クレしん」ノスタルジーと新しさの共存 映画最新作で意識した初期”. livedoor NEWS (2016年5月3日10時6分). 2016年7月3日閲覧。
  5. ^ a b c 劇団ひとり:映画「クレヨンしんちゃん」で脚本担当 「プレッシャー大きかった」”. まんたんウェブ (2015年10月30日). 2015年10月31日閲覧。
  6. ^ 三原三千夫 (3and15) on Twitter 2016年3月21日のツイート
  7. ^ a b c 「映画クレヨンしんちゃん」に安田顕、吉瀬美智子、とにかく明るい安村が参加”. 映画ナタリー (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  8. ^ 「クレしん」で真面目に遊ぶ大人たち ゲスト声優もイタズラで決定!?”. シネマトゥディ (2016年4月26日). 2016年4月26日閲覧。
  9. ^ ゲス極、子供に人気の映画主題歌消滅…不倫騒動代償”. 日刊スポーツ (2016年2月6日). 2016年2月6日閲覧。
  10. ^ ケツメイシとクレヨンしんちゃん「おケツタッグだゾ」”. スポーツ報知 (2016年2月12日). 2016年2月12日閲覧。
  11. ^ 「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」が2位/ニュース - CINEMAランキング通信”. 興行通信社 (2016年4月18日). 2016年4月18日閲覧。
  12. ^ ユメミーワールド”. おりはらさちこのブログ (2016年4月18日). 2016年4月26日閲覧。


「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クレヨンしんちゃん_爆睡!ユメミーワールド大突撃」の関連用語

クレヨンしんちゃん_爆睡!ユメミーワールド大突撃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アンズタケ

ロンデル

髙橋萌木子

烏丸線10系車両

牛乳

唐鋤

ダブルリボン

仙腸関節





クレヨンしんちゃん_爆睡!ユメミーワールド大突撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS