ナショナルホッケーリーグ ナショナルホッケーリーグの概要

ナショナルホッケーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 15:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ナショナルホッケーリーグ
National Hockey League
競技 アイスホッケー
創立 1917年11月26日(103年前) (1917-11-26
コミッショナー ギャリー・ベットマン
開始年 1917-1918シーズン
参加チーム 31 [1]
カナダ (7チーム)
アメリカ合衆国 (24チーム)
本部所在地 ニューヨーク州ニューヨーク
大陸 北アメリカ
前回優勝 タンパベイ・ライトニング (2回目)
最多優勝 モントリオール・カナディアンズ(25回)
公式サイト NHL.com

リーグの概要

所属チームは現在、アメリカ合衆国24、カナダ7の計31チームあり、イースタン、ウエスタンの2つのカンファレンスにイースタン16、ウェスタン15に振り分け、更に各カンファレンスはイースタン、ウェスタンの2ディビジョンに分かれている。

レギュラーシーズンは10月初旬から翌年4月上旬にかけて各チームにつき82試合(ホーム41試合、アウェイ41試合)が行われる。試合は、同ディビジョンの間の試合ではそれぞれ6試合、同カンファレンス他ディビジョンのチームとは4試合、残りの18試合を他カンファレンスとの間で行う。また、他カンファレンスのチームのフランチャイズ(専用球場と保護地域)で試合をするのは3年に1回になった。NFLMLBなど他のアメリカのプロスポーツリーグと同じく、ディビジョン間、カンファレンス間の交流試合もある。

試合時間は20分×3ピリオドの計60分。60分終了で同点の場合は5分間の延長戦(サドンデス=ゴールデンゴール(Vゴール)方式)を行うが、この場合フィールドプレーヤーは各チーム1人ずつ減って4人同士となる。2005-2006シーズンからは、延長戦の引分けがなくなり、代わりにシュートアウト(shootout)方式(別称に「ゲームウィニングショット合戦(GSW)」)が導入された。このシュートアウトでは各チーム3人の選手が1人ずつ相手ゴーリーに1対1で対峙しフリーショットの成功数を競う(3人までで同点の場合はサドンデス方式で他の選手がフリーショットに登場する)。試合の結果、勝ちチーム(延長戦及びシュートアウト含む)に勝ち点2、60分での負け0、延長戦及びシュートアウトの負けに1が与えられる。

各カンファレンス(15チーム間)の勝ち点上位8チームがプレーオフに進出する。プレーオフ1回戦は各カンファレンスの「1位vs8位」「2位vs7位」「3位vs6位」「4位vs5位」のたすきがけ方式となっており、それぞれ7戦4勝制で試合を行う(もっとも、1938年以前には5戦3勝制、3戦2勝制が採用されたこともあった)。1~3位は各ディビジョンチャンピオンチームで勝ち点の多いチームから順位がつけられ、勝ち点が多くてもディビジョン2位以下のチームが2位、3位になることはない。上位チームは通常ホームゲーム・アドバンテージとしてそれぞれの試合の1、2、5、7戦の主催権利を持つ(相手チームは3、4、6戦。4勝して次のステップを勝ち上がる場合もホームゲーム・アドバンテージは同じ。例外として上位チームが1、2、6、7戦の主催権利を持つ場合もあるが極めて希)。プレーオフでは引き分け無しの完全決着で、同点の場合は15分の休憩後、20分の延長戦を勝敗が決するまで繰り返し行う。両カンファレンスの優勝チームによってNHLの頂点を決める「スタンレー・カップ・ファイナル」がおこなわれる。

加盟国の一つであるカナダでは最も人気のあるプロスポーツリーグであり、リーグの選手のおよそ半分をカナダ人が占めている。一方、アメリカではNHLの人気は低迷しており[2]、アメリカンフットボールのNFL、バスケットボールのNBA、野球のメジャーリーグベースボール(MLB) など2次ぐ4大プロスポーツの一つとして数える事に対して賛否がある。 2012年のスタンレー・カップ・ファイナルの視聴率も最高3%台に留まっており[3]NASCARゴルフテニスWWEなどより低い水準に甘んじている。

歴史

創設期、NHAからNHLへ

NHLは、先行して存在した(カナダの)ナショナル・ホッケー・アソシエーション (National Hockey Association、略称:NHA) における幾度とない論争の後、1917年に設立された。この論争の目玉となったのは、トロント・ブルーシャツのオーナー、エディー・リビングストン(エドワード・J・リビングストン)であった。彼は同じNHAのオーナー仲間から、「不公平な有利さをもたらすと思われるリーグ規則を作るよう働きかけ、その抜け穴を利己的に利用するよう誘導している」と常々非難されていた。

ブルーシャツが有力選手を引き抜かれたため、リビングストンは自己がトロントに所有していた2チーム (オンタリオズとブルーシャツ) を合併させたが、特にこのことが他チームのオーナーの怒りに油を注ぐこととなった。また、リビングストンは他チームの選手に「試合に出ないこと」を条件とする契約を提示したり、モントリオール・ワンダラーズがブルーシャツの有力2選手の引き抜きにかかったときにはワンダラーズをリーグから追放するキャンペーンを張った。

このような他のオーナーとのいざこざの中で、リビングストンは繰り返しアメリカで、既存リーグと対抗するリーグを始めるとの威嚇を行った。

1916年 - 1917年のシーズンにおいては、NHAは次の6チームから構成されていた。

  • NHA構成チーム
    • モントリオール・カナディアンズ (Montreal Canadiens)
    • モントリオール・ワンダラーズ (Montreal Wanderers)
    • オタワ・セネターズ (Ottawa Senators)
    • ケベック・ブルドッグス (Quebec Bulldogs)
    • トロント・ブルーシャツ (Toronto Blueshirts)
    • トロント駐留陸軍第228歩兵大隊 (an army team from the Toronto-based 228th Battalion)

1917年2月10日、当時最も人気が高かった陸軍第228歩兵大隊が、第一次世界大戦により召集を受けた。翌日の2月11日に、残る5チームのオーナー達は、リーグの将来について検討するためモントリオールに会同した。リビングストンは病のため参加できなかったが、他のオーナー達が彼とブルーシャツをNHAから事実上追放する道を選んだことを知ると驚きを隠せなかった。

リビングストンはNHA会長を辞しフランク・ロビンソンと連携関係を結んでから、自らリーグの会合には出席せず弁護士に利権を代弁させるようになった。1917年9月29日に招集されたオーナー会議では、他のオーナー達は5日以内にブルーシャツを売却するようリビングストンに迫った。

このためリビングストンは、トロント・アリーナ・ガーデンズがブルーシャツの日常業務を執行するという、実質的にはNHAを存続させるためにはリビングストンの権限を復活させる旨の条件を提示して交渉に臨んだ。これに呼応する形でNHAの他のオーナー達は、1917年11月26日モントリオールのウインザーホテルにて会同し、既存のカナディアンズ、ワンダラーズ、セネターズ及びブルドッグスに新たにトロント・アリーナズを加えた各チームを創立メンバーとして、ナショナルホッケーリーグ(NHL)を誕生させた。

  • NHL発足時の構成チーム
    • モントリオール・カナディアンズ
    • トロント・アリーナズ
    • オタワ・セネターズ
    • モントリオール・ワンダラーズ
    • ケベック・ブルドッグス

1918年のリーグ発足年度において、NHLはブルドッグスの一時的なチーム閉鎖などに見舞われる前途多難なスタートを切った(なお、ブルドッグスは4年目から本拠地をハミルトンに移転した)。また同年1月2日に、ワンダラーズ及びカナディアンズの本拠地であるモントリオールのウェストマウント・アリーナが火災で焼失した。ワンダラーズはカナダにおける初期プロホッケーチームのなかでも最も歴史あるチームだったが、当時既に人気に陰りを見せ始め、火災の発生によりチームは解散、その歴史に幕を閉じた。

ブルドッグスとワンダラーズの不在によって、NHLは発足年の第2ハーフ及び2年目を残り3チームで運営した。リビングストンはリーグから締め出されたものの、彼がNHAに対して提案した通常シーズンの分割案は新リーグにおいて採用され、プレイオフ制度としてまとめられた。NHLのスタンレー・カップ(当時はカナダでのホッケーチャンピオンに与えられる賞)の初代優勝チーム(1893年シーズン)はトロント・アリーナズであった。

しかしながら、気性の激しいリビングストンは、アリーナズから上がった収益の分け前に与ろうとして失敗に終わると、チームとNHLを訴えた。この紛争は1930年代までだらだらと続き、結局アリーナズはトロント・メープルリーフスと改名するに至った。リビングストンとNHLの生成の歴史を振り返ってみると、いささかの皮肉がある。リーグの他のオーナー達を排除することに熱心だった男が、カナディアンズオーナーのジョージ・ケネディの弁を借りれば、実は「NHLを真のリーグとする」のに貢献したのに等しいのである。

発足後10年間、リーグ自体は事業を軌道に乗せるのに四苦八苦していた一方で、氷上ではNHLの各チームはかなりの成功を収めており、スタンレー・カップにおいては最初の9年間で7度の優勝を達成している(なお、1919年は、シアトルで猛威を振るったスペイン風邪によりシーズンが中止)。

1926年頃より、NHLの選手の平均年俸が他のカナダのリーグと比較して著しく高騰したために、NHL加盟チームのみがスタンレー・カップに出場することになった。また、NHLはアメリカ合衆国へも拡大をみせ、1926年から1931年までにチーム数が10まで増加した。ところが、1929年世界恐慌によりNHLは大きな痛手を被ることになった。例えば、ピッツバーグ・パイレーツやニューヨーク・アメリカンズなどのチームが現れては消滅し、伝統のあるオタワ・セネターズでさえも財政的困窮によりチーム閉鎖を余儀なくされた。

第二次世界大戦中、オリジナル・シックス時代

このような成り行きに追い討ちをかけるかのように第二次世界大戦の勃発によって、発足25周年を迎える1942年にはNHLのチーム数は6チームまでに減少した。なお、このときの6チームは、後に「オリジナル・シックス」と呼ばれるようになった。なお、オリジナル・シックスという文言から、NHL創設時からの構成チームを想像するがこれは誤解である。次のチームがこれに該当する。

大戦後、エクスパンション・シックスの加入

第二次世界大戦による選手不足から、多くの選手がプロホッケーチームでプレーする機会が与えられたが、終戦後は多くの選手がマイナーリーグへと追いやられるに至った。とりわけアメリカ合衆国及びカナダの西部地区のマイナーリーグは、ややもするとスタンレー・カップの覇者をも破る実力を持った強豪チームを擁していた。このようなリーグをメジャーリーグへと格上げしスタンレー・カップへの進出を目論んで台頭しつつあったウエスタン・ホッケーリーグ (Western Hockey League) に触発される形で、NHLは1967年、1942年来続いたオリジナル・シックスによるリーグ編成を拡大させることとなった。こうして新たに6チーム (エクスパンション・シックスと呼ばれる)がNHLに加盟した。エクスパンション・シックスには、次のチームがこれに該当する。

WHAの盛衰とNHLの拡張路線

1972年にはWHA(ワールドホッケーアソシエーション)というリーグが発足した。このリーグはスタンレー・カップには臨まないこととされていたが、NHLの有力なライバルリーグとなるかどうかについては懐疑的な見方をされていた。しかしながら、才能ある選手層が各チームで希薄化するという現象は、プレーの質全体に悪影響をもたらした。さらに、ソビエト連邦・スタイルのホッケーが支配的になってくると、NHLやWHAに属するカナダ選手の多くが相対的に能力に劣るといった、ソビエト・スタイルホッケーとの純然たる違いが明らかになった。

1979年にWHAが解散するまで、NHLとWHAは選手やファンに対するサービスを巡って互いにしのぎを削った。そしてWHA解散後は、4チームがNHLに新規加入した。NHLは続く20年間においても拡張路線を歩むこととなり、2017年には31チームを数えるに至る。

なお、1967年に6チームが加入したいわゆる「ファースト・エクスパンション」以降のNHLのエクスパンションを時系列に整理すると次の通りとなる。

1979年シーズンよりウェイン・グレツキーエドモントン・オイラーズでプレイし、1984年、1985年、1987年、1988年にオイラーズをスタンレー・カップ優勝に導いた。その後ロサンゼルス・キングスにトレードされアメリカでのホッケー人気復活に貢献した。

年俸高騰と労使対立

NHLの興隆とともに、スター選手たちの年俸はうなぎのぼりに高騰を続けた。契約を巡っては、経営陣と選手との軋轢が高まったこともあり、NHL史上で次の4度のストライキ又はロックアウトがあった(2013年12月現在)。

  1. 1992-1993シーズン : 1992年4月NHL選手会 (NHLPA) のストライキが10日間続いた。(シーズン終了までの予定で始まったが、影響するゲームの日程を再調整しすぐに解決した。)
  2. 1994-1995シーズン : シーズン開幕からのロックアウトは3カ月間に及び、試合数を84から48へと減らすことを余儀なくされた。また、このロックアウトで短くなったシーズンでは、各チームはカンファレンス内での試合しか行わなかった。
  3. 2004-2005シーズン: 概要は次のとおり。
    • 経営者側が年俸総額の上限を設定する「サラリーキャップ」と呼ばれる年俸システムの採用を巡って選手会側と対立。開幕1ヶ月前の2004年9月16日(現地時間)から会場や練習場などの各施設を封鎖する「ロックアウト」という処置を取り、本来のシーズン開幕期間も試合が行われない非常事態となった。欧州リーグなどに流れた選手もいた。
    • 本来のシーズン中盤になって選手会はサラリーキャップの導入を容認し1チーム当たり上限4900万ドルとするとともに、経営者側はそれよりも低い4250万ドルとすることを提案したがその差を狭めることができず、2005年2月16日(現地)当シーズンの公式戦全試合(リーグ戦、スタンレー・カップを含む1230試合)を取りやめにすることを発表した。
    • これまで北米4大スポーツリーグで、シーズン途中での公式戦中断・打ち切りがあったが、全試合が中止になるケースは今回のNHLが初めてのことだった。
  4. 2012-13シーズン。





「ナショナルホッケーリーグ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナショナルホッケーリーグ」の関連用語

ナショナルホッケーリーグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナショナルホッケーリーグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナショナルホッケーリーグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS