ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフトとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフトの意味・解説 

ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 01:03 UTC 版)

1961年のメジャーリーグベースボール」の記事における「ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフト」の解説

10月10日ワールドシリーズ終了した翌日シンシナティ新しく加盟したニューヨーク・メッツヒューストン・コルト45'sのためのエクスパンション・ドラフトが行われた。前年アメリカンリーグの場と同じようにナショナルリーグ各8球団から選手名簿提出があり、それに基づいて行われた若干アメリカンリーグ違って、8球団シーズン中現役登録した25名の中から7名、マイナー球団含めた保留選手の中から8名の15で合120名、さらに25名の現役登録選手中からプレミアムとして1球団2名の合計16名、総計136名の名簿出したニューヨーク・メッツヒューストン・コルト45'sは、最初の1球団15名で8球団120名の中から1球団2名ずつ計16名をそれぞれ指名しこの場合一人当たり75,000ドル支払う。次に8球団からの同じ名簿から1名ずつ計8名をそれぞれ指名しこの場合一人当たり5万ドル支払う。次にプレミアムとして各球団から出された2名の16名の選手からそれぞれ4名を指名(1球団からの2名を指名することは不可)しこの場合一人当たり125,000ドル支払う。このやり方当日選手選抜会議4時間にわたって開かれ最終的にはニューヨーク・メッツ22名、ヒューストン・コルト45's23名を選抜して、この日動いたトレードマネーメッツ180ドルコルト45's185ドルで、合計365ドル上った。(参考1961年のMLBエクスパンションドラフト1952年アスレチックス最多勝1957年ヤンキース移って最優秀防御率取りオールスターゲームにもワールドシリーズにも出場したボビー・シャンツ前年アメリカンリーグのエクスパンション・ドラフト最初の指名ヤンキースから新セネタース行き、すぐにパイレーツトレードされ1年後のナショナルリーグのエクスパンション・ドラフトでパイレーツからヒューストン・コルト45's行き、そしてまたすぐにカージナルストレードされている。シャンツヤンキース以降はナショナルリーグ球団転々としながら1957年から1964年まで8年連続ゴールドグラブ賞輝いている

※この「ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフト」の解説は、「1961年のメジャーリーグベースボール」の解説の一部です。
「ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフト」を含む「1961年のメジャーリーグベースボール」の記事については、「1961年のメジャーリーグベースボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナショナルリーグのエクスパンション・ドラフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1961年のメジャーリーグベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS