ナショナルリーグの首位打者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ナショナルリーグの首位打者の意味・解説 

ナショナルリーグの首位打者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 23:18 UTC 版)

1942年のメジャーリーグベースボール」の記事における「ナショナルリーグの首位打者」の解説

ボストン・ブレーブスアーニー・ロンバルディ打率.330で1938年以来2回目首位打者となった。ただこの年記録105試合出場打席349打数309安打102本であり、当時首位打者資格1920年から100試合上出であったので有資格者ではあるが、現在からみると1950年から適用され規定打数400テッド・ウィリアムズ1954年投手逃げて四球136記録したため打数386となり首位打者になれなかった)、1957年から適用され規定打席全試合数×3.1)にも満たず最多安打であったカージナルスイーノス・スローター打席687打数591安打188本・打率.318)が首位打者であるとする見方がある。

※この「ナショナルリーグの首位打者」の解説は、「1942年のメジャーリーグベースボール」の解説の一部です。
「ナショナルリーグの首位打者」を含む「1942年のメジャーリーグベースボール」の記事については、「1942年のメジャーリーグベースボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナショナルリーグの首位打者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ナショナルリーグの首位打者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナショナルリーグの首位打者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1942年のメジャーリーグベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS