ナショナルリーグとのトラブルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ナショナルリーグとのトラブルの意味・解説 

ナショナルリーグとのトラブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 04:30 UTC 版)

1891年のメジャーリーグベースボール」の記事における「ナショナルリーグとのトラブル」の解説

前年プレイヤーズ・リーグに「フィラデルフィア・クエーカーズ」が加盟したが、アメリカン・アソシエーションにはフィラデルフィア・アスレチックス (1882-1890年)が既に加盟していた。しかしわずか1年プレイヤーズ・リーグ解散し、また同時にアメリカン・アソシエーションの「アスレチックス」がリーグ脱退する事態が置きたため、クエーカーズは翌1891年アメリカン・アソシエーション加盟し元のアメリカン・アソシエーションの「アスレチックス」を吸収合併して前のチーム愛称アスレチックス」を引き継いでフィラデルフィア・アスレチックス (1890-1891年)となった。 このプレイヤーズ・リーグから来たフィラデルフィア・アスレチックス(前年はクエーカーズ)と、ナショナルリーグボストン・ビーンイーターズ(後のブレーブス)及びピッツバーグ・パイレーツとの間で、前年プレイヤーズ・リーグ引き抜かれた元アメリカン・アソシエーションの2選手元のアスレチックス前年アスレチックスとは別になる)に戻ることなく、ナショナルリーグの両球団移ったことから横取りされたとして、両リーグ間で対立生じた結局調停委員会持ち込まれて2選手の保有ナショナルリーグにあるとの裁定出た。この選手の移籍問題についてはファン委員会ナショナルリーグ批判しアメリカン・アソシエーションナショナルリーグフランチャイズがあったシンシナティ新しくシンシナティ・ポーカーズ1891年)を加盟させたりして、両リーグ反目続いた。そしてシーズン途中から両リーグ対立事態膠着したままシーズン終えたシンシナティについては1889年までアメリカン・アソシエーション所属していたシンシナティ・レッドストッキングス(後のレッズ)が1890年ナショナルリーグ移ったことでアメリカン・アソシエーション反発していたことも影響していたが、このシンシナティ・ポーカーズ1891年途中で破綻してミルウォーキー・ブルワーズ(1891年)が8月から加わった。そしてポストシーズン全米選手権19世紀ワールドシリーズ)は開催されなかった。

※この「ナショナルリーグとのトラブル」の解説は、「1891年のメジャーリーグベースボール」の解説の一部です。
「ナショナルリーグとのトラブル」を含む「1891年のメジャーリーグベースボール」の記事については、「1891年のメジャーリーグベースボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナショナルリーグとのトラブル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ナショナルリーグとのトラブルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナショナルリーグとのトラブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1891年のメジャーリーグベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS