おしん 演劇

おしん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 13:35 UTC 版)

演劇

映画

アニメ映画版

テレビドラマの第1部をアニメーション映画化したもの。1984年3月17日公開。高視聴率を挙げたドラマとは裏腹に上映打ち切りが相次ぎ、興行的には失敗に終わる。制作費3億円に対し配給収入は約2億円。失敗の原因に関してサンリオは「サンリオのファミリー映画はいつも子供が親を引っぱってきた。今回は子供にソッポを向かれたのが原因」としている。2006年、ポニーキャニオンから発売された『サンリオ映画シリーズ』の1作としてDVD化された。

  • アニメ版ではおしんの年齢や年号がはっきりと描写されている。
    • 物語の始まりは明治40年春、おしんは数え年で7歳、満年齢で5歳であった。
    • 俊作、松造とで雪山に篭っている時に明治40年暮れ明治41年となった。この2年前に日露戦争が終わっていた。
    • 加賀屋に奉公に来て最初の年に明治41年から明治42年になり加代と共に新年を祝った。
  • エンディングクレジットには「お豊」という登場人物がおり声を芝田陽子が担当している。芝田陽子はテレビドラマ版では銀山温泉の仲居として登場しているがアニメ版では存在を確認できない。
声の出演
  • おしん:小林綾子
  • ふじ:泉ピン子
  • 作造:伊東四朗
  • なか:大路三千緒
  • 庄次:中村●幸(●はこざとへんに孝)
  • 源助:小倉馨
  • りき:渡辺富美子
  • つね:あき竹城
  • きん:今出川西紀
  • 軍次:平泉成
  • 定次:光石研
  • 店のおばさん:森康子
  • 金太:淵脇誠
  • 少年A:片桐伸二郎
  • 少女B:森田牧子
  • 少女C:小林さくら
  • 松田:三上寛
  • 俊作:奥田瑛二
  • 松造:大久保正信
  • 兵隊ほか:加賀屋純一、三川雄三、山口純平、渡辺司、下坂泰雄、三宅悦子、小沢悦子
  • お豊:芝田陽子
  • くに:長岡輝子
  • みの:小林千登勢
  • 清太郎:石田太郎
  • 加代:志喜屋文
  • きく:吉宮君子
  • ウメ:佐藤仁美
  • 番頭:小野泰次郎
  • 工夫:コント21世紀
  • 医者:ケーシー・高峰
  • エム・スリー
  • 東映児童研修所
  • ナレーション:奈良岡朋子
スタッフ
主題歌
  • 「小さな願い」 歌:小林綾子
  • 「雪割草のように」 歌:上條恒彦
    作詞:山上路夫
    作曲:坂田晃一

実写映画版

2012年6月11日にセディックインターナショナルから、実写映画化が発表された。放映開始30周年を迎える2013年10月12日に劇場公開された。主人公のおしん役は半年にわたる全国オーディションで[44]、約2500人の中から濱田ここねが選ばれた。またテレビドラマ版に出演した泉ピン子、小林綾子、ガッツ石松が別の役柄で出演する[45]。監督は山形県鶴岡市出身の冨樫森。山形県内でオールロケを敢行し、2013年2月15日にクランクインし、3月31日にクランクアップした[46]。第22回金鶏百花映画祭にて国際映画部門の最優秀作品賞を受賞。最終興行収入は4億円だった[47]

キャスト(実写映画)

スタッフ(実写映画)

協力

受賞

テレビ放送

2015年12月31日に『大晦日! 映画特別企画』と銘打って、TBSの9:55 - 11:55(JST)で地上波初放送[48]文字多重放送)。視聴率は1.4%だった。


注釈

  1. ^ 東北地方では1981年の「まんさくの花」の秋田県に次ぐ遠ざかり記録。 なお、宮城県は「おかえりモネ」(2021年)、福島県は「エール」(2020年)、岩手県は「あまちゃん」(2013年)、青森県は「私の青空」(2000年)となっている。 またすべてが東京制作であり、大阪の制作はない。
  2. ^ 和服で座席の上に正座。
  3. ^ 当時の相場で約4~5円。現在の約8~10万円前後。
  4. ^ 現在の約1万円程。
  5. ^ 当時の相場で約6円/俵。5俵は現在の約60万円前後
  6. ^ 現在の約20~30万円
  7. ^ 当時の既婚女性が結う日本髪。
  8. ^ 当時の東京~佐賀の汽車賃は三等客車利用で約20円。30円は現代の15万円程。
  9. ^ 昭和2年 9月12日 台風第9号 死者行方不明者423人
  10. ^ 現在の約20~30万円
  11. ^ 仁は中学(5年制)をきちんと卒業していないので、中学卒(新学制の高校卒に相当)の扱いにもならない。旧制中学では4年修了で上級学校(旧制高校など)の受験資格が得られたが、「四修」は進学しなければ社会的価値がゼロであることをこの場面は示している。
  12. ^ 酒席でお客に酒を注いで回る仕事。現代で言うコンパニオン
  13. ^ 現代パートのおしんはこの発言について「信じてやらなきゃ母ちゃんが浮かばれない」とつぶやいている。加賀屋のくには「おっか様がどげなことをしてもけして悪く思うんでねえぞ」と言っている。
  14. ^ 演じた伊東は後年、CX系「メントレ」にゲスト出演した際、このシーンが実は別撮りによるものであったことを明かしている。
  15. ^ その後、成人した希望によって酒田に移されるが、お墓参りの都合から分骨されて伊勢のお墓にも納められている。余談だが最終回、おしんと浩太がお墓参りをし、後述の奈良岡朋子顔出しシーンに繋がる。
  16. ^ シナリオでは、第113話のみ「久枝」となっている。
  17. ^ 後に浩太からの手紙がきっかけでこの行為が発覚してからは竜三に手紙を渡すようにはなった。
  18. ^ おしんは学業継続を勧めていたが、仁は勝手に中学を飛び出した。旧制中学では4年修了で上級学校(旧制高校など)の受験資格が得られたが、仁はその後東京の百貨店で「せめて中学を卒業していれば」と学歴差別に遭い、不本意な部署に回された。
  19. ^ 長島ナオトの姉。
  20. ^ 第1週のスーパー新規開店セレモニーの会場で、仁は彼女を「嫁のサチコです」と地元有力者に紹介している。
  21. ^ 加代の夫政男は浩太の商才を見抜いており、酒田で飯屋を営んでいたおしんにそのことを話したことがある。
  22. ^ 2019年放送のNHK朝ドラ同窓会"おしん"で泉ピン子と小林綾子が100万円が送られてきたと説明

出典

  1. ^ NHKアーカイブス
  2. ^ 『ドラマと方言の新しい関係』笠間書院、2014年、26-27頁。
  3. ^ FAQ -よくある質問”. NHKグローバルメディアサービス. 2014年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月7日閲覧。
  4. ^ 共演者も仰天した、怪優・田中裕子『おしん』撮影秘話(5/5)”. 週刊現代、現代ビジネス (2019年6月23日). 2019年7月13日閲覧。
  5. ^ a b 最低平均視聴率なのにDVDが大売れ!「ちりとてちん」貫地谷しほりがメッセージ!”. シネマトゥデイ (2008年6月26日). 2016年8月16日閲覧。
  6. ^ 連続テレビ小説「おしん」、新年より再放送開始!”. NHKオンライン (2012年11月22日). 2013年1月18日閲覧。
  7. ^ 再放送情報 連続テレビ小説アンコール「おしん」”. NHKオンライン (2019年2月13日). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 華丸、ついにBS「おしん」の朝ドラ受けも始める 大吉苦笑「時間差あるから」,デイリースポーツ,2019年11月12日
  9. ^ NHK橋田寿賀子さん「おしん」振り返る4時間超特別番組6・8%”. 日刊スポーツ. 朝日新聞 (2021年4月26日). 2022年5月6日閲覧。
  10. ^ おしんのモデルは川根本町の女性だった!(2013年3月10日時点のアーカイブ) - 静岡新聞2013年3月7日15:33配信 配信日に閲覧
  11. ^ 雪国舞台 日本人の苦難体現(2013年5月1日時点のアーカイブ) - 読売新聞 2011年11月9日配信 2013年3月7日閲覧
  12. ^ a b c d 日本経済新聞2019年5月23日付「私の履歴書 橋田壽賀子」
  13. ^ ザテレビジョン編集部[編]『TVの出来事まるごと10年!別冊ザテレビジョン』角川書店・1992年、146ページ
  14. ^ 私の履歴書 橋田壽賀子(23)おしん症候群”. 日本経済新聞 (2019年5月24日). 2019年10月13日閲覧。
  15. ^ 朝ドラ人気ヒロインの名前由来は? おしん、め以子、谷田部みね子…”. スポーツニッポン (2018年4月12日). 2018年4月19日閲覧。
  16. ^ 大好きだから迷わずこの道を進んでゆきます。 小林綾子”. 5L(ファイブエル) 株式会社TARGET (2015年12月2日). 2019年7月7日閲覧。
  17. ^ おしんの生家撮影地”. 山形県中山町観光協会. 2019年7月7日閲覧。
  18. ^ 私の履歴書」橋田壽賀子(21)宿願 歩み始めた「おしん」500人から残った綾子ちゃん 『日本経済新聞』2019年5月25日付朝刊。
  19. ^ 番組エピソード 連続テレビ小説「おしん」”. NHK名作選みのがしなつかし. 2019年7月7日閲覧。
  20. ^ インタビュー小林綾子さん NHK「朝ドラ100」”. NHKオンライン. 2019年4月20日閲覧。
  21. ^ 共演者も仰天した、怪優・田中裕子『おしん』撮影秘話(2/5)”. 週刊現代、現代ビジネス (2019年6月23日). 2019年7月13日閲覧。
  22. ^ 共演者も仰天した、怪優・田中裕子『おしん』撮影秘話(3/5)”. 週刊現代、現代ビジネス (2019年6月23日). 2019年7月13日閲覧。
  23. ^ 小林綾子 - NHK人物録
  24. ^ 伊東四朗 - NHK人物録
  25. ^ 渡辺美佐子 - NHK人物録
  26. ^ 第1回〔1984(昭和59)年〕- 新語・流行語大賞”. 2013年1月7日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g 「『やめられない、とまらない』カルビー松尾孝社長(71歳)の"おしん狂い"」 小林綾子ちゃんのCMデビュー」『週刊朝日1983年昭和58年)7月15日号、朝日新聞社、 27 - 29頁。
  28. ^ 「われらが遺言・五〇年目の二・二六事件」(『文藝春秋』1986年3月号)
  29. ^ 参考・出典 大原誠・著「NHK大河ドラマの歳月」日本放送出版協会
  30. ^ 『週刊日録20世紀 1983(昭和58年)』講談社、1998年、39頁。
  31. ^ おしん(再) ―連続テレビ小説―(46) | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル
  32. ^ 田中は同紅白に審査員として出演した。泉は1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコン最高位37位)のヒットを記録したが紅白には落選となった経緯がある。紅白に対しては「歌手としての意地がある」と何度も応援出演を断っていた(鬼姑ピン子 ポリシー曲げて紅白狙う! デイリースポーツ(2014年9月4日))。
  33. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』全音楽譜出版社、2012年。
  34. ^ a b 連続テレビ小説「おしん」(2)反響編 アーカイブスブログ、NHK, 2008/06/20
  35. ^ a b ベトナムにおける日本文化 ホー・ホアン・ホア(北アジア研究院日本研究センター)2010
  36. ^ ベトナムのメディア・コンテンツ市場に関する研究 香取淳子、長崎県立大学国際情報学部研究紀要 第12号(2011)
  37. ^ 人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!台湾!エジプト!日本人名 2018年1月25日放送 19:30 - 20:15 NHK総合、TVでた蔵
  38. ^ 日本とアラブの交流史―両者の相互理解に関する一試論 Hassan Kamel. 名古屋大学大学院, 言葉と文化 6, 71-86, 2005-03-31.
  39. ^ 連ドラ『おしん』、27年の時を経てふたたび 2013年05月09日付 Jam-e Jam紙
  40. ^ a b 「おしん」から30年:日本の経済発展のモデルは2010年代イランの子供たちにとっての道標(1) 2013年10月10日付 Mardomsalari紙
  41. ^ 朝日新聞1989年2月3日 朝刊 2外◆「おしん」賛美、ホメイニ師「許さぬ」 責任者、一時は禁固刑
  42. ^ 織田裕二病気休養(オールアバウト)
  43. ^ おしん青春篇プログラム
  44. ^ 「おしん」映画化 県内オールロケ、来年クランクイン 山形”. MSN産経ニュース (2012年6月12日). 2012年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月2日閲覧。
  45. ^ おしん : 映画版母親役に上戸彩 主役は新人子役の濱田ここね”. まんたんウェブ (2013年2月5日). 2013年2月5日閲覧。
  46. ^ 上戸彩、『おしん』クランクアップで濱田ここねを抱擁「一生親友でいたい」”. マイナビニュース (2013年4月4日). 2013年7月21日閲覧。
  47. ^ 「2013年 日本映画・外国映画業界総決算」『キネマ旬報(2月下旬決算特別号)』第1656号、キネマ旬報社、2014年、 201頁。
  48. ^ TVステーションダイヤモンド社)関東版2016年1号 84頁






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

おしんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おしんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおしん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS