達磨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 達磨 > 達磨の意味・解説 

だるま [0] 【達磨】

○ Bodhi-dharma 菩提達磨と訳す〕 中国禅宗の祖。南インド王子として生まれ般若多羅から教えを受け,中国渡って禅宗伝えた。少林寺に九年面壁したといわれる。五世紀末から六世紀末の人とされる。なお,「達摩」と表記して,歴史上の人物として扱うことを示し宗門上の伝説区別することがある円覚大師達磨大師生没年未詳
座禅姿をして作った張り子玩具。赤く塗り全体を丸くかたどり,底を重くして倒してもすぐ起き上がるようにしてある。開運縁起物とされ,最初片目だけを書き願いのかなった時にもう一方の目を書き込んで祝う。起き上がり小法師不倒翁
形が丸いものや,全体の色が赤いものをいう。 「 -ストーブ」 「血-」 「火-」
〘仏〙 〔 Dharma〕 「 」に同じ。
〔すぐにころぶことから〕 売春婦のこと。

達磨

読み方:ダルマ(daruma)

神社や寺の縁日で開かれる縁起物の達磨を売る市


だるま 【達磨】

上り玩具一種中国禅宗始祖菩提達磨が壁に向かって九年間坐禅したとの故事面壁九年)から、その坐禅姿をうつした人形室町時代に「起上り小法師」と称する玩具流行し、江戸中期から達磨が起上り玩具の代表となった。七転八起縁起物として達磨市みられる疱瘡呪物ともされ(目無し達磨)、大願成就にも使われる。男性器連想させるので性の縁起物ともされ、養蚕縁起物にもする。

達磨

読み方:だるま

  1. (一)売淫婦をいふ。東北地方の語。(二)明治以来行はるる西洋式の大伝馬船をいふ。(三)北海道産の豆をいふ。東京囚徒の語。
  2. 1 淫売婦をいふ。2 殺人をいふ。盗賊用ふ隠語血達磨より来る。
  3. 金の無いお客のことをいふ。達磨はお足がないからといつたものである。又淫売婦の事をいふ。転ぶからいつたもの。
  4. 〔隠〕①金のないお客の事。達磨はお足がないをお銭(あし)がないにかけたもの。②淫売婦のこと。淫を売るために転ぶから。
  5. 羽織マント半纏などの類。或は大豆のことを云ふ。
  6. 金銭のないこと。お銭を「足」に通はせて云つたもの。或は殺人。「血達磨」の語より。又は密淫売婦のことを云ふ。
  7. ⑴〔花〕金のないお客のこと、達磨には足がないのをおあし(銭)がないのにかけたもの。⑵淫売婦のこと、よく転ぶの意。
  8. 金のない客のこと。淫売婦のこともいう。〔花柳界
  9. 殺人羽織。〔香具師不良
  10. 羽織売淫するいわゆる達磨芸妓羽織芸妓とも言い転じて単に羽織をいう。〔す〕 ②金のない客。おあし(金)がないから達磨。〔花〕 ③殺人。動かなくなる形容。〔香〕 ④底の丸いアンプル座りよいところから形容して。〔覚〕
  11. 羽織マント、半てんなど。②金銭のないことをいう。お銭を足に通わせたもの。

分類 す/花/香/覚/風俗犯罪東北地方東京囚徒盗賊花柳界香具師不良


達磨

読み方:だるま

  1. 羽織ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・東京府
  2. 羽織ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・茨城県
  3. 羽織ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服部・長野県〕
  4. 叩織(※「羽織」か)ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・石川県
  5. 羽織ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岡山県
  6. 半纏ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岐阜県
  7. 半纏ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・高知県
  8. 半纏ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・福岡県
  9. 短衣ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岩手県
  10. 短衣ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・福岡県
  11. 羽織のことをいふ。〔役者語〕
  12. 羽織。〔掏〕
  13. 羽織を云ふ。
  14. 羽織名古屋
  15. 羽織。〔芸能寄席落語)〕
  16. 羽織のこと。〔芸能俳優)〕
  17. 隠語羽織
  18. 羽織

分類 俳優寄席寄席落語岐阜県岡山県岩手県役者役者語、掏摸東京府石川県福岡県芸能茨城県長野県高知県


達磨

読み方:だるま

  1. 同上(※「だんご」参照)。〔第二類 人物風俗
  2. 淫売婦の事をいふ。転ぶからいつたもの。〔花柳語〕
  3. 淫売婦
  4. 埼玉地方方言酌婦のこと。淫を売るため転がるの意。

分類 ルンペン大阪埼玉地方花柳


達磨

読み方:だるま

  1. 殺人血達磨ノ略〔京阪地方〕。〔第三類 犯罪行為
  2. 殺人 不良仲間

分類 不良仲間京阪地方


達磨

読み方:だるま

  1. 金の無いお客のことをいふ。達磨はお足がないからいつたものである。〔花柳語〕
  2. 達磨はお足がないから、金のないお客のこと。〔花柳界
  3. 達磨に手足のない所から金のない客のことをいふ。
  4. 金の無い客。おあしがないから。
  5. 金のない客。

分類 花柳界花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

達磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/17 08:39 UTC 版)

菩提達磨(ぼだいだるま、簡化字:达摩、サンスクリット語: बोधिधर्म, bodhidharmaボーディダルマ)は、中国禅宗の開祖とされているインド人仏教僧である。達磨達磨祖師達磨大師ともいう。「ダルマ」というのは、サンスクリット語で「」を表す言葉。達摩との表記もあるが、いわゆる中国禅の典籍には達磨、古い写本は達摩と表記する。画像では、眼光鋭く髭を生やし耳輪を付けた姿で描かれているものが多い。




  1. ^ 大正新脩大蔵経 T2092_.51.0999c08
  2. ^ 大正新脩大蔵経 T2092_.51.1000b19 - 24
  3. ^ 坐禅の定義
  4. ^ この伝説もまた、慧可と曇林が盗賊に臂を斬られたという唐高僧伝のエピソードからの潤色であろう水野弘元などは指摘する。
  5. ^ 瑩山紹瑾『伝光録』第二十九章を参照。
  6. ^ 大川普済『五灯会元』より(上記の伝光録の記述とは矛盾する)。成尋『参天台五台山記』によると太和19年(495年)10月5日入滅であるが、それより後年にも活動していた記述があり、信憑性にはやや問題がある。
  7. ^ 道元正法眼蔵』第二十五「渓声山色」、瑩山紹瑾『伝光録』第二十八章「菩提達磨章」を参照。


「達磨」の続きの解説一覧





達磨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

達磨に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「達磨」の関連用語

達磨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ナンキョクオキアミ

桐生和紙

アウトランダー

独立基礎

カラープラズマディスプレイ

タイ米

寸胴

TH2100型





達磨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの達磨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS