大正新脩大蔵経とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 学術書籍 > 日本の叢書 > 大正新脩大蔵経の意味・解説 

たいしょうしんしゅうだいぞうきょう たいしやうしんしうだいざうきやう 【大正新脩大蔵経】

〘仏〙 大正13年1924)から昭和9年にかけて刊行された日本最大大蔵経インド中国選述の仏典収めた正篇五五巻,日本選述の仏典収め続篇三〇巻,図像等を収め別巻一五巻の計一〇〇巻。

たいしょうしんしゅうだいぞうきょう 【大正新脩大蔵経】

大蔵経

大正新脩大蔵経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/27 23:33 UTC 版)

大正新脩大藏經(たいしょうしんしゅうだいぞうきょう、大正一切経刊行会)は、大正13年(1924年)から昭和9年(1934年)の10年間をかけて、北宋代に蜀(四川省)で開版された漢訳大蔵経である『開宝蔵』を最もよく保存していた韓国海印寺高麗大蔵経再彫本を底本としつつ、日本にあった各地・各種の漢訳仏典をすべて調査校合した、民間人の手による[1]、「漢訳仏典の総集」とも言える大蔵経である。大正大蔵経大正蔵とも。




  1. ^ 通常は、国家事業である
  2. ^ 評伝に、『紫雲の人、渡辺海旭 壺中に月を求めて』(前田和男、ポット出版、2011年)
  3. ^ SAT大正新脩大藏經テキストデータベース 東京大学大学院人文社会系研究科 大藏經テキストデータベース研究会(SAT)
  4. ^ 中華電子佛典協會(CBETA)


「大正新脩大蔵経」の続きの解説一覧





大正新脩大蔵経と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大正新脩大蔵経に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大正新脩大蔵経」の関連用語

大正新脩大蔵経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

児手柏

ヒューム石

ホンヤドカリ

ウッドチップ・コース

3000系

室戸阿南海岸国定公園

第二しょうどしま丸

フェリー海龍





大正新脩大蔵経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大正新脩大蔵経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS