洛陽伽藍記とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 記録文学 > 洛陽伽藍記の意味・解説 

らくようがらんき らくやう- 【洛陽伽藍記】

中国北魏楊衒之ようげんし記録文学。五巻。547年成立洛陽の諸寺の旧聞古跡および政治風俗人物地理などの移り変わりを記したもの

洛陽伽藍記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/10 00:22 UTC 版)

洛陽伽藍記』(らくよう がらんき)全5巻は、5世紀中国東魏楊衒之が撰した、北魏の都・洛陽における仏寺の繁栄の様を描いた記録である。






「洛陽伽藍記」の続きの解説一覧





洛陽伽藍記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

洛陽伽藍記に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「洛陽伽藍記」の関連用語

洛陽伽藍記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カルカッソンヌ

エクサ

Jaguar XKR

磐梯山

吉川 一

マンゴヤン オレンジ

伊藤真吾

木型





洛陽伽藍記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洛陽伽藍記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS