輪廻とは?

りん ね -ゑ [1] 【輪廻

( 名 ) スル
〔「りんえ」の連声
〘仏〙 〔 samra 流れる意〕 生あるものが死後迷い世界である三界六道次の世に向けて生と死と繰り返すこと。インド思想広くみられる考えで,仏教基本的概念生死(しようじ)輪廻転生(りんねてんしよう)流転(るてん)
連歌俳諧で,一巻中に同意・同想の語句趣向繰り返されるのを嫌っていう語。
ある一連の経過経て生起する地学現象が,循環的に繰り返す考えていう語。地形輪廻など。サイクル
執着の深いこと。 「 -したる女かな/浄瑠璃出世景清

輪廻

読み方:リンネrinne

生あるものが死後迷い世界である三界六道次の世に向けて生と死と繰り返すこと


輪廻

読み方:リンネrinne

車輪廻転してとどまることのないように、無限に生死繰り返すこと。

別名 輪回輪廻転生


輪廻

作者ルイス・シャイナー

収載図書恐怖ハロウィーン
出版社徳間書店
刊行年月1986.10
シリーズ名徳間文庫


輪廻

作者後藤田みどり

収載図書輪廻
出版社たま出版
刊行年月1996.7
シリーズ名たまの新書


輪廻

作者櫻井正実

収載図書フーコー短編小説傑作14
出版社フーコー
刊行年月2004.1


輪廻

作者高橋菊子

収載図書桜もなか
出版社一粒社
刊行年月2004.11


輪廻

作者七瀬由秋

収載図書アリスは語る
出版社リーフ
刊行年月2006.9
シリーズ名ジグザグノベルズ


輪廻

作者浜尾まさひろ

収載図書生きもの記憶
出版社日本文学館
刊行年月2007.2


輪廻

読み方:リンネrinne

作者 森田草平

初出 大正12~14年

ジャンル 小説


輪廻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/27 07:43 UTC 版)

輪廻(りんね、サンスクリット:संसार saṃsāra)は、ヴェーダ仏典などに見られる用語で、人が何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わること、また、そう考える思想のこと。漢字の輪廻は生命が無限に転生を繰り返すさまを、輪を描いて元に戻る車輪の軌跡に喩えたことから来ている。なお、「輪廻」をリンネと読むのは国語学上の連声れんじょうという現象である(リン+エ=リンネ)。




[ヘルプ]
  1. ^ ブラーフマナは、ヴェーダのシュルティ(天啓文書)のひとつで、ヴェーダの祭式を解説するいくつかの注釈書。紀元前900年頃から紀元前500年頃にかけて成立したとされ、この時代をブラーフマナ時代という。
  2. ^ 紀元前800年頃以降にサンスクリットで書かれた哲学書で「奥義書」と称される。
  3. ^ 『南アジアを知る事典』(1992)
  4. ^ 中村元『原始仏教:その思想と生活』日本放送出版協会〈NHKブックス〉2007年、第69刷、ISBN 4140011114 p.101.
  5. ^ a b 石飛道子 『仏教と輪廻(下)ブッダは輪廻を説かなかったか』
  6. ^ a b c V.F Gunaratna 『仏教から見る死(中)』
  7. ^ a b c V.F Gunaratna 『仏教から見る死(下)』
  8. ^ A.スマナサーラ, 藤本晃(共著)『アビダンマ講義シリーズ〈第5巻〉業(カルマ)と輪廻の分析』サンガ、p.83
  9. ^ アビダルマ教学では、二つのエネルギーの因果関係が距離の影響を受けるとは考えない。(V.F Gunaratna 『仏教から見る死(中)』)
  10. ^ 仏教は完全な意識(路心 vīthi-citta)と無意識(有分心 bhavaṅga-citta)を区別し、どちらも意識(viññāṇa)と見做す。(V.F Gunaratna 『仏教から見る死(中)』)
  11. ^ ウ・ウェープッラ、戸田忠=訳註『アビダンマッタサンガハ [新装版]』、中山書房仏書林、p.125
  12. ^ 地神に依止している堕処の阿修羅 (: bhummassita-vinipātikāsura) - 「堕処の阿修羅(…)地神(…)2神とも四大王天に属する天衆である」(ウ・ウェープッラ、戸田忠=訳註『アビダンマッタサンガハ [新装版]』、中山書房仏書林、p.133-134)
  13. ^ 和辻哲郎『原始仏教の実践哲学』岩波書店、望月海慧『ブッダは輪廻思想を認めたのか』日本佛教学會年報第六十六号、並川孝儀『ゴータマ・ブッダ考』大蔵出版など
  14. ^ 「輪廻転生」考(一)~(四)[1][2][3][4]
  15. ^ a b c d e 松尾宣昭 「輪廻転生」考(三) : 一つの論点をめぐる補足 龍谷大學論集 龍谷大學論集 476, 60-75, 2010-10-01 龍谷大学
  16. ^ 松尾はこの説に詳細な批判を行っている。 cf.松尾宣昭『「輪廻転生」考(一) : 和辻哲郎の輪廻批判
  17. ^ ただし松尾は、『中論』がそのように読めるとは思われないとする。
  18. ^ アンベードカル『ブッダとそのダンマ』光文社田中公明『性と死の密教』春秋社山際素男『破天 インド仏教徒の頂点に立つ日本人』光文社
  19. ^ 「アンベードカルを知らないと仏教がわからない。(...)アンベードカルを全部勉強することによって初めて本尊である仏陀がわかる。」世界遺産級の遺跡発掘に成功: インド仏教僧  佐々井秀嶺(2004)


「輪廻」の続きの解説一覧





輪廻と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「輪廻」の関連用語

輪廻のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

乳飲料

オニウスタケ

H001

芦田川

小型車

スクリムショー

カスモサウルスの一種

アラブ





輪廻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの輪廻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS