舎利弗とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 舎利弗の意味・解説 

しゃりほつ 【舎利弗】 ○

Ś āriputra〕 釈迦十大弟子一人十六羅漢の一。懐疑論者弟子だったが,のち仏弟子となり,智慧第一といわれた。舎利子。鶖(しゆうろし)

舎利弗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/20 01:03 UTC 版)

舎利弗(しゃりほつ、サンスクリットŚāriputra シャーリプトラ、パーリSāriputta サーリープッタ)は釈迦十大弟子の一人である。


  1. ^ そのとき阿説示が舎利弗に語ったのが「縁起法頌」だとされる。『縁起法頌・・・諸法は因より生じる。それら諸法の因を如来は説いた。また、それら諸法の滅をも。大沙門はこのように説きたもう。(律蔵『大品』)』


「舎利弗」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「舎利弗」の関連用語

舎利弗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




舎利弗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの舎利弗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS