僧とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > の意味・解説 

そう [1] 【僧】

samgha音訳僧伽(そうぎや)」の略。衆または和合衆和合僧などと訳す。仏門にはいって仏道修行する者の団体の意から〕 出家し,仏門にはいって修行する人。僧侶出家法師沙門(しやもん)比丘(びく)
ある宗教入信してその修行をしている人。 「回教の-」

【そう】[漢字]

【 双 ( 雙 ) 】 さう [音] ソウ
ふたつ。対(つい)。 「 双肩双手双生双翼双眼鏡
ならぶ。匹敵する。 「 双璧そうへき無双
【 爪さう [音] ソウ
つめ。 「 爪牙(そうが)指爪
外国語音訳字。 「 爪哇(ジヤワ) 」 〔「瓜(か)」は別字
【 壮 ( 壯 ) 】 さう [音] ソウ
若く元気な年頃。三,四〇代の男。 「 壮漢壮士壮者壮丁壮齢少壮
勇ましい。さかんである。 「 壮快壮挙壮健壮言壮絶壮図壮烈強壮悲壮勇壮
立派だ。大きい。 「 壮観壮大壮麗広壮豪壮
【 早 】 さう [音] ソウ ・サッ
ある期間・時間のうち,初めの方。 「 早期早暁早秋早春早朝
時期としてはやい。若い。 「 早婚早世早退早発早晩尚早
物事にかける時間が短い。すみやか。 「 早急(さつきゆう)(そうきゆう)) ・早熟早早 ・早速(さつそく)
はやまる軽はずみだ。 「 早計
【 争 ( 爭 ) 】 さう [音] ソウ
あらそう。あらそい。 「 争議争奪争覇争乱競争抗争政争戦争闘争紛争論争
いさめる。 「 諫争かんそう
【 走 】 [音] ソウ
はしる。 「 走破走路滑走競走疾走馳走(ちそう)帆走暴走奔走
逃げる。 「 脱走逃走遁走とんそう敗走
走り使いをする。 「 走狗(そうく)
【 宗 】 [音] ソウ ・シュウ
祖先みたまや。 「 宗社宗廟(そうびよう)祖宗
おおもと本家一族。 「 宗家宗室宗族
中心として尊ばれるもの。大切なもの。 「 宗主宗匠
神や仏の教え。また,その一つの派。 「 《 シュウ宗教宗旨宗徒宗派宗門宗論真宗禅宗浄土宗
【 奏 】 [音] ソウ
さし上げる。献上する。 「 奏書奏覧
申し上げる。 「 奏者奏上奏請奏聞執奏伝奏
楽器を鳴らす。 「 奏楽奏者演奏合奏吹奏弾奏独奏伴奏協奏曲
なしとげる。 「 奏功奏効
【 相 】 さう [音] ソウ ・ショウ
かたち。ありさま。すがた。 「 相好そうごう相貌そうぼう家相観相形相真相人相貧相面相様相
みる。うらなう。 「 相術相法
互いに。ともに。 「 相違相応相互相剋そうこく相殺そうさい相思相似相識相対相談 ・相当 」
受け継ぐ。 「 相続相伝
君主助ける。大臣。 「 《 ショウ外相宰相首相
相模(さがみ)国」の略。 「 相州
さう [音] ソウ
くさ。 「 草原草食草本草木雑草除草牧草薬草野草緑草
草深い。いなか。 「 草沢
間に合わせの。簡単な。 「 草庵そうあん草草草堂
下書き。 「 草案草稿起草
漢字書体の一。行書(ぎようしよ)をさらにくずした書体。 「 草書草体真行草
はじめ。はじまり。 「 草創草昧そうまい
【 荘 ( 莊 ) 】 さう [音] ソウ ・ショウ
おごそか。整っている。 「 荘厳そうごん荘重(そうちよう)
いなかの家。別宅。 「 山荘別荘
旅館などの宿泊設備。 「 旅荘
貴族寺院などが私有する土地。 「 《 ショウ荘園荘官
荘子のこと。 「 荘子老荘
【 送 】 [音] ソウ
物をよそへやる。おくる。 「 送還送金送検送達送電運送転送電送発送返送郵送輸送
見おくる。 「 送迎送辞送別歓送葬送奉送目送
【 倉 】 さう [音] ソウ
くら。 「 倉庫倉廩そうりん営倉穀倉
あわてる。にわか。 「 倉皇倉卒
【 叟[音] ソウ
老人。おきな。 「 村叟三番叟さんばそう
【 捜 ( 搜 ) 】 さう [音] ソウ
さがす。さぐる。 「 捜査捜索
【 挿 ( 插 ) 】 さふ [音] ソウ
さす。さしはさむ。さし入れる。 「 挿秧そうおう挿花挿入挿話
さう [音] ソウ
くわのき。 「 桑園桑海桑梓(そうし)桑田扶桑
【 巣 ( 巢 ) 】 さう [音] ソウ
のすみか。 「 営巣燕巣えんそう帰巣
まっている場所。 「 巣窟病巣卵巣
【 掃 】 さう [音] ソウ
はく。 「 掃除(そうじ)清掃
すっかりのぞく。 「 掃海掃射掃討掃滅一掃
【 曹 】 さう [音] ソウ
役所部屋。つぼね。 「 曹司(ぞうし)
ともがら。なかま。 「 吾曹
軍隊で,下士官。 「 曹長軍曹兵曹
【 爽 】 さう [音] ソウ
さわやか。すがすがしい。 「 爽快爽涼清爽颯爽(さつそう)
あかるい。あきらか。 「 俊爽昧爽まいそう
【 窓 】 さう [音] ソウ
まど。まどのある部屋。 「 窓下窓外窓前蛍窓けいそう獄窓車窓深窓同窓
【 創 】 さう [音] ソウ
きずつける。きず。 「 創痍(そうい)金創刀創絆創膏ばんそうこう
はじめる。はじめてつくる。 「 創意創刊創業創世創設創造創立草創独創
【 喪 】 さう [音] ソウ
も。とむらい。 「 喪家喪礼国喪除喪大喪
失う。なくす。 「 喪失喪心喪神
【 惣[音] ソウ
すべて。 「 惣菜惣領
中世農民自治組織。 「 惣中 」 〔「総」とも書き換えられる〕
【 曽 】 [音] ソウ ・ソ
かつて。以前に。 「 曽遊未曽有(みぞう)
【 葬 】 さう [音] ソウ
ほうむる。 「 葬儀葬具葬祭葬送葬列会葬改葬火葬合葬土葬本葬埋葬密葬
【 装 ( 裝 ) 】 さう [音] ソウ ・ショウ
身なりを整える。よそおう。 「 《 ソウ仮装軽装盛装男装服装武装扮装ふんそう変装洋装旅装 」 「 《 ショウ装束衣装
飾る。外側を飾る。 「 装飾装丁改装新装表装装身具
機械などをとりつける。 「 装置装塡そうてん装備艤装(ぎそう)装甲車
【 僧 ( 僧 ) 】 [音] ソウ
出家して仏門にはいった人。 「 僧院僧正(そうじよう)僧都(そうず)僧籍僧俗僧尼僧侶(そうりよ)高僧禅僧尼僧虚無僧こむそう破戒僧仏法僧
【 想 】 さう [音] ソウ ・ソ
思い浮かべる。思う。思い。 「 想起想像想到想念感想空想構想思想追想夢想予想理想連想無念無想
【 愴さう [音] ソウ
いたむ。悲しむ。いたましい。 「 愴然悽愴せいそう悲愴
【 搔 さう [音] ソウ
かく。ひっかく。 「 搔爬(そうは)搔痒そうよう
【 蒼さう [音] ソウ
あおい。 「 蒼海蒼穹(そうきゆう)蒼然蒼天蒼波蒼白蒼氓そうぼう蒼茫そうぼう
草木が茂る。 「 鬱蒼(うつそう)
古びる。 「 蒼古蒼枯蒼然
あわてる。 「 蒼惶そうこう
【 嗽[音] ソウ
せき。 「 咳嗽がいそう
口をすすぐ。 「 含嗽
【 層 ( 層 ) 】 [音] ソウ
何階もある建物。また,階。 「 層楼高層
重なり。重なる。 「 層雲層畳上層断層地層成層圏中間層
さう [音] ソウ
やり。 「 槍術銃槍石槍刀槍
【 漕さう [音] ソウ
こぐ。 「 漕手漕艇競漕力漕
船で運ぶ。 「 漕運運漕回漕転漕
【 漱[音] ソウ
口をすすぐ。うがいをする。 「 盥漱かんそう含漱
【 箏さう [音] ソウ
撥弦はつげん楽器の一。こと。 「 箏曲楽箏俗箏
【 綜[音] ソウ
あつめる。まとめる。 「 綜合綜覧錯綜
機織りで,縦糸を下に開いて横糸を通す器具。 「 綜絖そうこう
【 総 ( 總 ) 】 [音] ソウ
ふさ。糸をたばねて先を散らしたもの。 「 総角総状
一つにまとめる。 「 総括総計総合
全体。すべて。 「 総意総員総額総称総数総説総攬そうらん総力総辞職総選挙総動員
取り締まる支配する。 「 総監総裁総長総統総督総理総領
上総(かずさ)国」「下総しもうさ国」の略。 「 総州 」 〔「惣」の書き換え字としても用いられる〕
【 聡[音] ソウ
耳ざとい。かしこい。 「 聡慧そうけい聡悟聡察聡知聡明
【 遭 】 さう [音] ソウ
めぐりあう。であう。 「 遭遇遭難遭逢そうほう
さう [音] ソウ
おけ。ふね。箱形の容器。 「 酒槽水槽浴槽
おけの形をしたもの。 「 歯槽
【 瘡さう [音] ソウ
かさ。できもの。 「 凍瘡痘瘡疱瘡ほうそう
きず。きずあと。 「 瘡痕瘡瘢そうはん金瘡
【 痩 】 [音] ソウ
体が細くなる。やせる。 「 痩軀(そうく)痩身痩羸そうるい肥痩
地質悪くなる。やせる。 「 痩地
【 踪 】 [音] ソウ ・ショウ
あしあと。ゆくえ。 「 踪跡失踪
【 噪さう [音] ソウ
さわぐ。さわがしい。 「 噪音喧噪けんそう蟬噪せんそう
【 操 】 さう [音] ソウ
手にとる。あやつる。 「 操業操觚(そうこ)操作操縦
みさお。固く守って変えない志。 「 操行操守志操情操節操貞操
【 燥 】 さう [音] ソウ
かわく。かわかす。 「 乾燥高燥枯燥
【 糟さう [音] ソウ
さう [音] ソウ
しも。また,しものように白い。 「 霜害霜雪霜天霜髪秋霜晩霜風霜秋霜烈日
としつき。 「 星霜
【 叢[音] ソウ
くさむら。 「 叢生草叢
むらがる。あつめる。 「 叢雲叢樹叢書叢林淵叢えんそう談叢
[音] ソウ
やぶ。 「 藪沢林藪
【 騒 ( 騷 ) 】 さう [音] ソウ
さわがしい。乱れる。 「 騒擾(そうじよう)騒然騒動騒乱物騒
漢詩の一体。また,詩を解する風流。 「 騒客そうかく(そうきやく) ・騒人騒体風騒
うれい。うれえる。 「 離騒
さう [音] ソウ
も。水草。 「 藻類海藻珪藻けいそう
あや。模様。また,美し詩文。 「 詞藻文藻
品定めする。 「 品藻
【 躁さう [音] ソウ
落ち着きがない。さわがしい。 「 躁鬱そううつ躁急軽躁焦躁


作者小川未明

収載図書小川未明幽霊船文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2008.8
シリーズ名ちくま文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/23 05:18 UTC 版)

(そう)は三宝の1つで、本来は「仏教の戒律を守る、男性の出家者である比丘、女性の出家者である比丘尼(びくに)の集団」である、「僧伽」(そうぎゃ、サンスクリット語: संघsaṃgha、サンガ)のこと[1]。今日では、「僧伽に属する人々」の意である「僧侶」が転じて、個人を「僧」と呼ぶことが多いが、原義として、僧とは戒師により親しく具足戒波羅提木叉)を授けられ、これを守る出家修行者たちの集団そのものを、集合的に指す[2]




  1. ^ 他の音写として「僧佉」「僧企耶」などがあり、漢訳して「衆和合」「衆」と呼ぶ。
  2. ^ 「サンガとは、中国語で「衆」という意味である。「戒律を守る出家者(比丘)が一処に和合すること、これをサンガというのである。」原文:「僧伽、秦に衆という。多くの比丘、一処に和合する。これを僧伽となずく」(『大智度論 』)
  3. ^ 本来は鑑真和上の戒や、その後の中国伝来の戒に繋がる真言宗真言律宗、南都六宗の律宗法相宗などは本来、具足戒を保持すべきであるが、現在はそうではない。
  4. ^ 天台宗およびそこから派生した諸宗は基本的に具足戒を伝授されない。
  5. ^ a b 僧伽(修行者たちの集まり=僧)の本質 - ニンマ派高僧トゥルシック・リンポチェによる「37の菩薩の実践」
  6. ^ 『円頓戒概説』(浄土宗宗務庁)、「円頓戒の道徳思想」pp.40-44、「円頓戒の授戒について」pp.59-68。
  7. ^ この時、嵯峨天皇が授けた授戒の証明書である『光定戒牒』(国宝:弘仁14年4月14日付)が比叡山に残されている。
  8. ^ 『梵網菩薩戒経』(四季社)、pp.21-23。『梵網経』(大蔵出版)、pp.75-76。
  9. ^ 『梵網菩薩戒経』(四季社)、pp.25-27。『梵網経』(大蔵出版)、pp.88-89。
  10. ^ 『梵網菩薩戒経』(四季社)、pp.30-31。『梵網戒』(大蔵出版)、pp.99-100。
  11. ^ これらの戒を破れば大乗戒の「波羅夷罪」となる。『円頓戒概説』(浄土宗宗務庁)、「円頓戒の道徳思想」p46。
  12. ^ 比叡山の結界内、または特定の寺院内に篭って、そこから外に出ることを禁止し、学問と修行の完成に尽力した。
  13. ^ 『末法燈明記』(安居事務所)、[引用]p9、[末法燈明記原文]pp.176-205。
  14. ^ インド仏教にはない、「終末思想」に基づく中国仏教独自の末法観を背景とした日本の緯書。最澄の死後の400年後に世に出て、出典の経名に誤りが多く誤字や脱字も見られるので、最澄に仮託されるも文献学的には「偽書」とされる。緯書としての性格から鎌倉仏教に与えた影響は大きく、法然(1133-1212)の『逆修説法』等をはじめとして、日蓮の『四信五品鈔』、親鸞(1173-1263)の『教行信証』、栄西(1141-1215)の『興禅護国論』に依用するところから、各宗派の宗学においては神聖視され、最澄の著作として疑うことを許さない。いわゆる緯書は時代の変わり目に出現し、中国では革命思想を生む切っ掛けともなったが、この書は本来の目的を離れて、日本仏教における戒律否定の大きな原因となった。
  15. ^ 浄土真宗には、開祖の親鸞が還俗したのを先例として、正式な僧はいない。現在、便宜上は僧侶と呼ばれる人々はいるが、浄土真宗では受戒はまったく行わず、形式上も、実質的にも僧ではない。
  16. ^ 特に男色の弊害を示す好例として、自らの男性遍歴を告白する文書を残した東大寺の僧侶・宗性をあげることができる
  17. ^ 『叡尊教団における戒律復興運動』、p21-41。
  18. ^ この版は明代の『大蔵経』に基づくもので、別名を『鉄眼版大蔵経』とも呼ばれる。
  19. ^ 「日本佛光山」の各寺院や、「東京佛光山寺」における専門学校など多数が存在する。
  20. ^ ただし、このことは僧伽(サンガ)のあり方を根底から変えることになるため、「波羅夷罪」に抵触する。また、伝統的な仏教において説かれる無間地獄に落ちるとされる「五逆罪」を犯すことにもなる。
  21. ^ 戒律の条項については、真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺HP [1]を参照した。
  22. ^ 「蓄髪」は単に「髪を伸ばすこと」また「その髪型」「髪を伸ばした人」という意味もあるが、現代ではあまり使われない表現。
  23. ^ : āraññika-bhikkhu, 阿練児比丘
  24. ^ 「仏在王舎城。(…)爾時六群比丘。留髪令長。仏言。不応留髪令長。若留者突吉羅。若阿練児比丘長至二寸無罪。」(『十誦律』巻第三十七)
  25. ^ 「時諸比丘。仮作編髪螺髻。来指仏所白言。此是頭陀端厳法。願仏聴。仏言不応爾。此是外道法。若作如是如法治。(『四分律』巻第四十)」
  26. ^ 「復次仏住舎衛城。広説如上。爾時世尊四月一剃髪。世人聞仏剃髪故。送種種供養」(『摩訶僧祇律』十八)


「僧」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/04/06 06:01 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

僧に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「僧」の関連用語

僧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アカアシガメ

花竹

MF100型

KTM 50 MINI ADVENTURE

MA65T/T

イボアシヤドカリ

3000系

Jetta





僧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの僧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS