法然とは?

ほう ねん ほふ- [1] 【法然】

法爾(ほうに) 」に同じ。

ほうねん ほふねん 【法然】 ○

1133~1212浄土宗開祖。諱(いみな)源空。諡おくりな円光大師・明照大師黒谷上人吉水よしみず上人とも称される。美作みまさかの人。比叡山源光皇円次いで黒谷別所叡空師事。のち善導の「観無量寿経疏」や源信の「往生要集」に啓発され,1175年専修念仏教え唱え浄土宗を開いた。京都東山吉水に庵を結んで布教に努め,主に武士農民帰依を得た。旧仏教からの激し圧迫を受け,1207年専修念仏停止され四国に流されたが,のち許されて帰洛。著「選択本願念仏集」など。

ほうねん 【法然】

鎌倉新仏教先駆者浄土宗開祖。法然房源空美作岡山県)の人。押領使父が敵夜討ちで死んだのを機に九歳で出家一三歳で比叡山登り源光皇円叡空らに学び、さらに諸師に参じ、一切経読破のすえ、中国善導の『観無量寿経疏』で開眼凡夫救済念仏帰投した。一一七五(承安五)年四三歳の時で、これが浄土宗開宗の起点以後比叡山下り京都布教し、天皇公家から遊女盗賊まで教化したが、旧仏教からのねたみと、弟子不始末のため土佐実際に讃岐)に流され、すぐ許されて京都で没。親鸞熊谷直実など大物弟子多く東山天皇より円光中御門天皇より東漸桃園天皇より慧成、光格天皇より弘覚、孝明天皇より慈教、明治天皇より明照、昭和天皇より和順の各大師号を贈られている。主著選択本願念仏集』。(一一三三一二一二)→ 浄土宗

法然

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/18 18:39 UTC 版)

法然(ほうねん、長承2年(1133年) - 建暦2年(1212年))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の日本である。はじめ山門(比叡山)で天台宗の教学を学び、承安5年(1175年)、専ら阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄土宗の開祖と仰がれた。法然は房号で、源空(げんくう)。幼名を勢至丸[1]。通称は黒谷上人吉水上人とも。






「法然」の続きの解説一覧





法然と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

法然に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「法然」の関連用語

法然のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

星空のうごき

御前埼灯台

裏筋

探偵

日向の棚田

コウヤマキ

薄層アスファルト舗装

頬骨





法然のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法然 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS