大蔵経とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 経典 > 大蔵経 > 大蔵経の意味・解説 

だいぞう きょう だいざうきやう [0] 【大蔵経】

〘仏〙 経・律・論の三蔵中心とした仏教聖典叢書梵語パーリ語原典のほか,チベット語中国語蒙古語満州語訳本がある。一切経蔵経

大蔵経

読み方:ダイゾウキョウ(daizoukyou)

仏教聖典総集したもの

別名 一切経三蔵


だいぞうきょう 【大蔵経】

一切経または蔵経とも。経・律・論の三蔵中心に、これにいくらか中国撰述加え一大仏教叢書をいう。中国隋代以降呼称一切経の名は南北朝以降)。パーリ語漢語チベット語蒙古語満州語日本語西夏語(散逸)など諸国語の大蔵経があり、南方諸国伝えられたパーリ語のを日本では南伝大蔵経といっている。大蔵経に編入されない仏典外という。日本では漢語漢訳)大蔵経が幾種類出版されているが、大正末から昭和初めにかけて出された大正新脩大蔵経が有名であり、また国訳大蔵経・国訳一切経などもあって重宝がられている。外については、江戸中期鳳潭が『扶桑現存目録』を著し明治時代には『大日本続蔵経』が出ている。→ 三蔵 南伝大蔵経 高麗大蔵経 鳳潭

大蔵経(元版)

主名称: 大蔵経(元版
指定番号 128
枝番 00
指定年月日 1899.08.01(明治32.08.01)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 5428帖
時代区分
年代
検索年代
解説文: 時代作品

大蔵経〈宋版五千百五十七帖/和版 百十一帖/写本百九十五帖〉

主名称: 大蔵経〈宋版五千五十七帖/和版 百十一帖/写本九十五帖〉
指定番号 473
枝番 00
指定年月日 1939.05.27(昭和14.05.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 5463帖
時代区分 南宋
年代
検索年代
解説文: 南宋時代作品

大蔵経〈/中版本六冊〉

主名称: 大蔵経〈/中版本六冊〉
指定番号 608
枝番 00
指定年月日 1935.04.30(昭和10.04.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 2018
時代区分 奈良南北朝
年代
検索年代
解説文: 奈良南北朝時代作品
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  大般若経音義  大蔵経  大蔵経  大蔵経  大蔵経宋版 五千三百五十六箇 五千八百四十七巻  大覚禅師墨蹟  大覚禅師墨蹟

経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/09 08:41 UTC 版)

(大蔵経 から転送)

経典(きょうてん、きょうでん、: sūtra , スートラ: sutta, スッタ)とは、仏教において釈迦が説いた教えを記録した聖典のこと。




  1. ^ スートラとは - 世界大百科事典/コトバンク
  2. ^ a b 須田牧子「大蔵経輸入とその影響」『中世日朝関係と大内氏』(東京大学出版会、2011年) ISBN 978-4-13-026227-9 (原論文:2007年)
  3. ^ Yoshimura, Shyuki 芳村修基 (1950). The Denkar-ma: An Oldest Catalogue of the Tibetan Buddhist Canons. Kyoto: Ryukoku University.
  4. ^ 川越英真『パンタン目録英語版』の研究、日本西蔵学会会報、51: 115 – 131.
  5. ^ Kawagoe Eishin 川越英真 (2005b). Dkar chag ʼPhang thang ma. Sendai: 東北インド・チベット研究会Tōhoku Indo-Chibetto Kenkyūkai.







大蔵経と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大蔵経に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大蔵経」の関連用語

大蔵経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




大蔵経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2014 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2014 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS