唯識とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 唯識の意味・解説 

ゆい しき [2] [0] 【唯識】

〘仏〙
この世事物現象は,客体として実在しているのではなく人間の心の根源である阿頼耶識あらやしきが展開して生じたものであるとする思想法相宗(ほつそうしゆう)根本教義。 → 阿頼耶識
唯識宗」の略。

唯識

読み方:ユイシキ(yuishiki)

観念論一種


唯識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/28 14:38 UTC 版)

唯識(ゆいしき、sktविज्ञप्तिमात्रता Vijñapti-mātratā)とは、個人、個人にとってのあらゆる諸存在が、(ただ)、八種類のによって成り立っているという大乗仏教の見解の一つである(瑜伽行唯識学派)。ここで、八種類の識とは、五種の感覚(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)、意識、2層の無意識を指す。よって、これら八種の識は総体として、ある個人の広範な表象、認識行為を内含し、あらゆる意識状態やそれらと相互に影響を与え合うその個人の無意識の領域をも内含する。






「唯識」の続きの解説一覧





唯識と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

唯識に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「唯識」の関連用語

唯識のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SH-60J

docomo STYLE series N-03A

コリドラス・デルファクス

斜め包み

リフレックス

三乗

ヤブレガサ

SM400R





唯識のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの唯識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS