セントエルモの火とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > セントエルモの火の意味・解説 

セントエルモ の ひ [4]-[1] 【セントエルモの火】

〔セントエルモ(St. Elmo)は船員守護聖人
雷雲接近したとき,船のマスト教会尖塔,また山頂から発する青紫色の光。先端放電。 → コロナ放電

【セントエルモの火】(せんとえるものひ)

雨の中航海する際、マスト先端部などに発生する事がある青白い炎。シューシューという独特の音を伴う。
「火」のように見えるが焦げたり燃えたりする事はほとんどなく、古代から船乗りの間で心霊現象として畏怖されていたほか、航海守護神とあがめられ、船乗りの間ではセントエルモの火が二つ出現すると嵐が収まると信じられたという。

その正体湿気チリなどと船体接触して生じる静電気コロナ放電であり、現代では航空機でも発生する事がある


セントエルモの火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/28 14:41 UTC 版)

セントエルモの火(セントエルモのひ、: St Elmo's fire[※ 1][※ 2])は、悪天候時などに船のマストの先端が発光する現象。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ イギリス英語発音:/snt ˌelməʊz ˈfaɪə(r)/ スントゥ・エルモウズ・ファイ(ア)
  2. ^ アメリカ英語発音:/seɪnt ˌelmoʊz ˈfaɪər/ セイン(トゥ)・エルモウズ・ファイアー
  3. ^ イギリス英語発音:/ˈkɔːpəˌzænt/ ーパザントゥ
  4. ^ アメリカ英語発音:/ˈkɔrpəˌsænt/ ーパサントゥ、/ˈkɔrpəˌzænt/ ーパザントゥ

出典

  1. ^ Letter 178 — Darwin, C. R. to Henslow, J. S., (23 July – ) 15 August (1832)(Darwin Correspondence Project)
  2. ^ Darwin, Charles R., (1839) Narrative of the surveying voyages of His Majesty's Ships Adventure and Beagle between the years 1826 and 1836, describing their examination of the southern shores of South America, and the Beagle's circumnavigation of the globe. Journal and remarks. 1832-1836., London: Henry Colburn, pp. 619.
    44頁でダーウィンは、"On a second night we witnessed a splendid scene of natural fireworks; the mast-head and yard-arm ends shone with St. Elmo's light; and the form of the vane could almost be traced, as if it had been rubbed with phosphorus." と述べている(強調:引用者)。


「セントエルモの火」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

セントエルモの火に関連した本

セントエルモの火に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セントエルモの火」の関連用語

セントエルモの火のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




セントエルモの火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセントエルモの火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS