機能不全家族 機能不全家族の概要

機能不全家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/16 20:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

機能不全家族とは、「子育て」「団欒」「地域との関わり」といった、一般的に家庭に存在すべきとされる機能が、健全に機能していない家庭の問題を指す。

この機能不全家族において最も被害者となるのは、自らに生活力が無いため、その家庭から脱出することができない子供である。子供は、周囲に適合しにくかったり、様々な問題を引き起こす場合がある。

主要原因

機能不全家族となる要因としては、家族構成員のアルコール依存虐待(子供への暴言や威圧的態度も含まれる)、共依存などが挙げられる。更に、このような機能不全的な家庭となっている場合は、その家庭を構成する親、または祖父母などが、機能不全家族で育った可能性もある。

アルコール依存症ギャンブル依存症薬物依存症、親の自殺、親の死亡、親の浮気、両親の離婚、親の再婚、親から見捨てられる行為(ネグレクト)、精神的な児童虐待、肉体的な児童虐待、性的な児童虐待(児童性的虐待)、兄弟姉妹間での処遇格差、家庭不和、家庭内の暴力、借金などがある[1][信頼性要検証]

家庭内の特徴

機能不全家族で育った者は、その家庭内での経験のため、一定の傾向、行動パターンが見受けられる。

スティーブン・ファーマーによると、機能不全家庭は家庭内にいくつかの兆候が見られる[2]

  • 拒絶
  • 矛盾
  • 家族への無共感
  • 家族間の境界線の欠如
  • 親子逆転
  • 社会からの孤立
  • 曖昧なメッセージ
  • 極端な論争・対立

またDan Neuharthは、機能不全の要因として、健全でない親の8つの兆候を示している[3]

  • 条件付きの愛情
  • 非尊重
  • 発言の抑圧
  • 感情の強制
  • 嘲笑
  • 過大なしつけ
  • 内面の否定
  • 社会に対する機能不全、または社会からの孤立

彼はさらに、機能不全家庭を引き起こす8つの親のパターンについても説明している[4]

  • 窒息(子のアイデンティティーの侵害)
  • 利用
  • 虐待
  • 混乱
  • 完全主義
  • カルト信仰
  • 剥奪(子の欲するものを奪う)
  • 精神的な幼稚(虐待を排除しない)

昨今では、「毒になる親」(スーザン・フォワード著)を語源として、こういった親を「毒親」と呼ぶことも多い。

関連項目

対策

  1. ^ 大越崇 『アダルトチャイルド物語』 星和書店 1996年
  2. ^ Farmer, S.: "Adult Children of Abusive Parents", pgs. 19-34. Ballantine Books, 1989,
  3. ^ Neuharth, D.: "If You Had Controlling Parents: How to Make Peace With Your Past and Take Your Place In the World", pgs. 4-5 Quill Books, 2002
  4. ^ Neuharth, D.: "If You Had Controlling Parents: Making Peace With Your Past and Taking Your Place In the World", pgs. 14-15, Quill Books, 2002


「機能不全家族」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機能不全家族」の関連用語

機能不全家族のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機能不全家族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機能不全家族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS