VUCAとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > VUCAの意味・解説 

VUCA

別名:Volatility, Uncertainty, Complexity, AmbiguityVolatility, Uncertainty, Complexity, and Ambiguity不安定・不確実・複雑・曖昧不安定性・不確実性・複雑性・曖昧性変動性・不確実性・複雑さ・曖昧さ

当世端的に表現するキーワードとしてしばしば言及される語。不安定さ、不確実さ、複雑さ、曖昧さという、困難な状況世の中通底しているという見方を示す。

VUCAの語は軍事分野で用いられ始めたとされ、1990年代にはすでに登場している。2010年第には経営マネジメント文脈においてVUCAがキーワードに取り上げられ、あらため注目集めている。

VUCA

「VUCA」とは、Volatility変動)、Uncertainty不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity曖昧)の頭文字をつなぎ合わせ造語で、これら四つ要因により、現在の社会経済環境きわめて予測困難な状況直面しているという時代認識を表す言葉です。もともとは1990年代アメリカ冷戦終結後の複雑化した国際情勢を意味する軍事用語として使われ始め2010年代には経営マネジメント文脈においてもとりあげられるようになりました。今年1月各国要人集め開催された世界経済フォーラム通称ダボス会議でも、世界現状を指す「VUCAワールド」というキーワードが盛んに使われました。想定外事象次々と発生するVUCAの時代を、個人組織生き抜くための人材論・組織論にも注目が集まっています。

VUCA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/11 00:54 UTC 版)

VUCA(ブカ[1]、ブーカ[2])はビジネス用語。Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べたアクロニム[2][3][4]。1990年代後半にアメリカ合衆国軍事用語として発生したが、2010年代になってビジネスの業界でも使われるようになった[2][4]。「世界はVUCAワールドとなった」というような文脈で使われることも多い。


  1. ^ a b 遠藤功 (2015年5月7日). “脱フラット型経営! トヨタの最強組織づくり”. プレジデントオンライン. 2017年9月11日閲覧。
  2. ^ a b c 齊藤美保 (2016年5月9日). “シャープがハマった「VUCA時代」の罠”. 日経BP. 2017年9月11日閲覧。
  3. ^ Oliver Mack; Anshuman Khare; Andreas Krämer; Thomas Burgartz (2015). Managing in a VUCA World. Springer. p. 5. ISBN 9783319168890. 
  4. ^ a b c d 山下竜大 (2017年7月27日). “軍事用語として誕生したVUCA――激変するビジネスの戦場でリーダーはいかに立ち振る舞うか (1/2)”. ITmedia. 2017年9月11日閲覧。


「VUCA」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「VUCA」の関連用語

VUCAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型

W62CA

ひてん

伊豆鳥島

裏メリヤス編み

車力

VRSCDX ANV

アーミーナイフ





VUCAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2018 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのVUCA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS