マン汁とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > マン汁の意味・解説 

マン汁

マン汁は、女性膣内分泌される体液を指す卑俗表現。「まん汁」とも表記される。公的学術的文脈では「膣分泌液」と呼ばれ、通俗的には「愛液」と呼ばれることが多い。「マン汁」は、露骨かつきわめて卑俗部類語彙であり、もっぱらポルノ該当するコンテンツか、あるいは、それに類する猥雑文脈限って用いられる表現といえる公の場での言明憚られる

マン汁という言葉構成は、女性器を意味する卑語省略(頭2文字)に、単に液体くらいの意味であろう「汁」を組み合わせたものと推察される。なお「がまん汁」とは響き似ている言葉成り立ち上は直接的な関係はない。

マン汁すなわち膣分泌液は、膣内部における分泌液総称である。膣壁の粘膜保護し、老廃物などの排出助け性交の際には男性器受け入れ助ける(潤滑剤として機能する)等、女性生理上たいへん重要な役割を果たしている。なお膣外へ排出された老廃物膣分泌液混合物一般的におりもの」と呼ばれる

「マン汁」という語彙は特に「性交の際に挿入受け入れやすくする」役割を果たすものとして言及される。この文脈では、膣口にある腺から分泌されるバルトリン腺液なども含めて「マン汁」あるいは「愛液」と呼ばれていることが多い。バルトリン腺液なども含めたマン汁は性的興奮の高まりと共に分泌量を増す。外性器愛撫などの直接的刺激限らず淫ら妄想のような精神的興奮によっても分泌促される。その分泌量は、個人によっても年齢状況などによっても差がある。

女性膣分泌液いわゆるマン汁)や男性精液およびカウパー腺液などの「性的刺激興奮に伴い分泌される体液」を総称して「性液」と呼ぶことがある

マン汁

読み方:まんじる

膣分泌液」の俗称俗に愛液」などとも呼ばれる

膣分泌液

(マン汁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/08 03:19 UTC 版)

膣分泌液(ちつぶんぴつえき、: Vaginal discharge)、もしくは膣液(ちつえき)愛液(あいえき)とは、女性膣壁から分泌される無色透明で粘性のある液体である。平常時でも一定量が分泌され膣の粘膜を湿潤に保ち、膣の自浄作用を担っている。平常時に分泌され膣口から排出される膣分泌液(および女性内性器由来のその他の粘液)は下り物(おりもの)と呼ばれる。又外陰部に刺激を受けたり、性的興奮した際などには顕著に分泌され、性交時の潤滑剤の役割を果たす。ウィリアム・ハウエル・マスターズ(William Howell Masters, 1915.12.27 – 2001.02.16)により他の分泌物とは別に独立して分泌されていることが確認された。女性器からの分泌液は、膣分泌液に他の分泌物も混ざり合っている。




  1. ^ Woman Health: Female Body Fluids”. 2007年10月18日閲覧。
  2. ^ Device and Method for Identifying and Treating Vaginal Affections”. 2007年10月18日閲覧。
  3. ^ Moses, Scott, MD (2000年). “Vaginal Fluid pH”. Family Practice Notebook, LLC. 2007年2月4日閲覧。
  4. ^ https://www.lovecosmetic.jp/column/sonota/lovejuice.html 愛液の成分、出る仕組み・原因は?愛液を飲むときれいになる?【LC公式】
  5. ^ 【カップルの最高のラブグッズ】ローションの選び方 https://geothek.org/45735.html


「膣分泌液」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マン汁」の関連用語

マン汁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マン汁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの膣分泌液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS