ニューギニアワニとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 爬虫類 > ワニ > ニューギニアワニの意味・解説 

ニューギニアワニ(一般和名); ラージクロコ

商業名:Freshwater Crocodile
学名Crocodylus novaeguineae

日本で最も多く使用されているワニ革です。腹部正方形近く大きさは、スモールスケールタイプより大きく、頸から肛門までの横列の数は約2432あります
生息地は、パプアニューギニアインドネシアなどの淡水の沼や川です。この皮の多くは、野生のもので、主に日本シンガポール輸出されています。
用途は、ハンドバッグベルト時計バンド小物類等です。

ニューギニアワニ
Crocodylus novaeguineae
ニューギニアワニ
ニューギニアワニ

ニューギニアワニ(一般和名); ラージクロコ

商業名:Freshwater Crocodile
学名Crocodylus novaeguineae

ニューギニアワニの後頭鱗板は、大型のものが4~6、横一列並び、頸鱗板は、頸部中央大型の4が、四角形並びその左右小さ鱗板が、1ずつ並んでいます。
鱗板は、頸鱗板から離れてやや規則的17横列、6~10縦列に並んでいます。




ニューギニアワニと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューギニアワニ」の関連用語

ニューギニアワニのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニューギニアワニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2019 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS