ナトーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ナトーの意味・解説 

ニャトー


ニャトーと呼ばれる木材は、多数樹種からのもので、木材組織はよく似ていますが、材質的にはかなり幅の広いものを含んでいます。台湾東南アジア一帯、さらに、ニューギニアソロモン群島わたって広く分布しています。ニューギニア産のものにはペンシルシーダーという名がつけられていますが、これは米国産のエンピツビャクシン呼ばれるものとは全く関係がありません。この類の木材の材面が、日本産の樹種では、マカンバなどとよく似ています。したがって、その代替材として好まれています。この類の木材中には樹種によっては、サポニン多く含んでいて、木材小さく削り、その水浸出液をつくって、それを振湿すると泡が沢山出来てなかなか消えないものがあります

木材
心材の色は、褐色ないし赤褐色で、樹種によってかなり違っています。木理交錯しています。肌目はやや精で、このことが日本産の広葉樹材の代替材として好まれる理由一つでしょう気乾比重は0.47から0.89にも及び、かなり軽軟なものから重硬なものまであります。耐朽性もほぼ気乾比重と同じように、かなり低いものからかなり高いものまであります。P.guttaからグッタペルカ採取されます。これは、樹液をかためたゴム状物質です。

用途
フタバガキ科木材のようには大量に得られないことと、木材のもつ材質が、マカンバなどに似ていることから、家具内装キャビネット建築に用いられます。しかし、気乾比重の低いものは、心材の色が淡く、軽軟すぎるので、家具用材としてはあまり好まれていません。


ナトー

名前 Natheaux

北大西洋条約機構

(ナトー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/14 15:18 UTC 版)

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。29カ国が加盟し、北マケドニアの加盟を承認済み [1]。非加盟のスウェーデンフィンランド[2]日本などとも協力関係にある[3]。前身はブリュッセル条約 (1948年)ベルギー首都ブリュッセルに本部を置く[4]








英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナトー」の関連用語

ナトーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナトーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北大西洋条約機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS