ナトロンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ナトロンの意味・解説 

ナトロン

英語:natron

 
天然産出する炭酸ナトリウム水和物の名称。塩湖などから採取できる。古代エジプトにおいて、石鹸洗剤、あるいは死者ミイラにする際の脱水処理などに用いられた。

京都府長岡京市にある宇津久志古墳群1号墳では、1980年代に数点の「重層ガラス玉」が出土しているが、2012年にこの重層ガラス玉成分解析した結果加工過程においてナトロンが使用されていたことが判明した。これにより、エジプト領地としていた1~4世紀帝政ローマ製造されたものである可能性が高まった。

ちなみに、ナトロンの語は後の「ナトリウム」の語源となっている。

関連サイト
宇津久志古墳群(うつくしこふんぐん) - 公益財団法人長岡京市埋蔵文化財センター

ナトロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/29 05:13 UTC 版)

ナトロンnatron)は、炭酸ナトリウム10水和物Na2CO3·10H2O)と約17%の炭酸水素ナトリウム(NaHCO3、重曹とも)を主成分とする、天然に産出する鉱物である。通常、これに少量の岩塩塩化ナトリウム)や硫酸ナトリウムが混じっている。ナトロンは純度が高ければ色がないので白く見えるが、不純物が含まれていると、灰色黄色を呈する。ナトロン鉱床塩湖が乾燥によって干上がったところにできる。歴史上、古くから様々な用途に使用されてきており、今もその鉱物成分は広く利用されている。


[ヘルプ]
  1. ^ Natron, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=2858 2011年10月16日閲覧。  (英語)
  2. ^ a b Natron, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Natron.shtml 2011年10月16日閲覧。  (英語)
  3. ^ Trona, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Trona.shtml 2011年10月16日閲覧。  (英語)


「ナトロン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナトロン」の関連用語

ナトロンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナトロンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナトロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS