イッテンモノ!とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > イッテンモノ!の意味・解説 

イッテンモノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 23:32 UTC 版)

イッテンモノ』は、テレビ朝日で放送されていたバラエティ番組




注釈

  1. ^ ただし7月18日(17日深夜)と7月25日(24日深夜)は『世界水泳ブダペスト』中継のため中断。
  2. ^ a b ノブは司会進行、小宮は主に書記を担当。
  3. ^ ごく稀に相田が書記の担当を直訴することがある。その際「僕は筆で(爪痕を)残すしかない」と自虐的に語っている(2018年1月3日放送回)。
  4. ^ 相田は2018年1月3日放送のスペシャルでナレーションを務めたが、以降番組内でナレーションはない。
  5. ^ テレ朝夏祭りナビ』(1:20 - 1:24)放送のため、4分遅れ(2:00 - 2:25)放送。
  6. ^ 加藤一二三が千鳥をコンビだと把握しておらず、初めて元のコンビ同士で漫才を披露した。
  7. ^ 相棒 season16 初回拡大スペシャル』(18日・21:00 - 22:24)放送のため、30分遅れ(0:45 - 1:15)放送。
  8. ^ 相棒 season16 15分拡大スペシャル』(25日・21:00 - 22:09)放送のため、15分遅れ(0:30 - 1:00)放送。
  9. ^ 『M-1王者が緊急参戦!シャッフル漫才スペシャル』(58分繰り上げ、28分拡大・水曜23:17 - 翌0:15)のスペシャル版を放送。
  10. ^ 『相棒 season16 15分拡大スペシャル』(7日・21:00 - 22:09)放送のため、15分遅れ(0:30 - 1:00)放送。
  11. ^ 『織田信成 涙のオリンピック 〜知られざるサイドストーリー〜』(14日・23:10 - 23:20)放送のため、10分遅れ(0:25 - 0:55)放送。
  12. ^ トリオ漫才。
  13. ^ 特番『超イッテンモノ』(水曜23:30 - 翌0:30)とレギュラー放送第29回(15分遅れ・0:30 - 1:00)を連続放送。
  14. ^ 23:15 - 翌0:05に放送。『土曜ナイトドラマ』の改編期休止代替特番のため、通常時の同枠とは異なり、ローカルセールス枠。
  15. ^ ゲストの千原ジュニアの発案により3組すべてが本来のコンビのまま漫才をした。漫才発表時の代理MCはゲストのジュニアが務めた。
  16. ^ 2017年10月19日より放送開始。2018年3月までは遅れネットで木曜 0:20 - 0:50(水曜深夜)に放送。2018年4月5日より同時ネット。
  17. ^ 2017年10月19日より放送開始。2018年5月3日までは木曜 0:50 - 1:20(水曜深夜)。
  18. ^ 2018年5月28日より放送開始。
  19. ^ 2018年1月9日より放送開始。
  20. ^ 2018年3月までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
  21. ^ 2018年1月15日より放送開始。同年3月12日までは月曜 0:40 - 1:10(日曜深夜)。同年9月30日で打ち切り。
  22. ^ 2018年5月30日より放送開始。放送内容は関東広域圏と同じだが、メーテレニュースを挟むため、5分遅れで放送。
  23. ^ 2018年5月10日より放送開始。同年9月27日までは木曜 1:40 - 2:10(水曜深夜)。
  24. ^ 2017年11月9日より放送開始。
  25. ^ 2018年4月20日より放送開始。
  26. ^ 2017年12月6日より放送開始。唯一の系列外での放送。

出典



「イッテンモノ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イッテンモノ!」の関連用語

イッテンモノ!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イッテンモノ!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイッテンモノ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS