酢酸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 酢酸 > 酢酸の意味・解説 

さく さん [0] [3] 【酢酸・醋酸】

刺激臭酸味とをもつ無色液体化学式 CH3COOH 酢の中に約3パーセント含まれ,その酸味主成分をなす。酒類酢酸発酵によって生じるほか,工業的にはエチレンからアセトアルデヒド経て大量につくられる。生体の代謝の重要物質染色食品調味料として使われるほか,医薬品や,酢酸ビニル酢酸セルロースなど化学工業における用途が広い。エタン酸


酢酸

分子式C2H4O2
その他の名称:Carboxymethane、Acetic acid、Ethanoic acid氷酢酸ビネガー酸、Vinegar acidGlacial acetic acid
体系名:カルボキシメタン、エタン酸、酢酸


物質
酢酸
慣用名
化学式
CH3COOH
融点(℃)
16.6
沸点(℃)
117.8


酢酸

エタノール酸化や木の分解蒸留で得られる、カルボン酸を持つ有機酸。酢酸は主に試薬として用いられ、刺激剤として用いられることもある。純度が高く含水量少ないものは固体となるため、氷酢酸呼ばれることがある

Name Acetic acid
Molecular Weight 60.05196 g/mol
Molecular Formula C2H4O2
XLogP -0.1
safety0363
酢酸

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


酢酸(さくさん)

食酢主成分次の反応式によって、酢酸菌生産する。
CH3CH2+O2CH3COOH-H2O
エチルアルコール酸素→酢酸+

酢酸

無色透明で独特の刺激臭酸味有する。  

酢酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/03 03:49 UTC 版)

酢酸(さくさん、醋酸: acetic acid)は、化学式示性式 CH3COOH、分子式 C2H4O2と表される簡単なカルボン酸の一種である。IUPAC命名法では酢酸は許容慣用名であり、系統名はエタン酸 (ethanoic acid) である。純粋なものは冬に凍結することから氷酢酸(ひょうさくさん)と呼ばれる。2分子の酢酸が脱水縮合すると別の化合物の無水酢酸となる。




[ヘルプ]
  1. ^ Cheung, Hosea; Tanke, Robin S.; Torrence, G. Paul (2005). “Acetic Acid”. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. Weinheim: Wiley-VCH. doi:10.1002/14356007.a01_045. 
  2. ^ a b c d e f Payen, Anselme M. (1878). Paul, B. H.. ed. Industrial chemistry: A manual for use in technical colleges or schools and for manufacturers, etc. London: Longmans, Green, and Co. pp. 961–962. http://books.google.co.jp/books?id=GR9DAAAAIAAJ&pg=PA961. 
  3. ^ Church, Arthur Herbert (1890). The chemistry of paints and painting. London: Seeley. p. 111. http://books.google.co.jp/books?id=a4c6AAAAMAAJ&pg=PA111. 
  4. ^ Great Britain Patent Office (1871). Patents for inventions: abridgments of specifications. London: Office of the Commissioners of Patents for Inventons. p. p. xx. 
  5. ^ a b Thomson, Robert Dundas (1854). Cyclopaedia of chemistry with its applications to mineralogy, physiology. London and Glasgow: Griffin and Co.. p. 3. http://books.google.co.jp/books?id=8tDnAAAAMAAJ&pg=PA3. 
  6. ^ 村田徳治 『廃棄物のやさしい化学』 第1巻、日報出版、2009年、52頁。ISBN 4-89086-180-7
  7. ^ Rezende, Lisa (2006). Chronology of science. New York: Facts on File. p. 61. ISBN 0-8160-5342-1. 
  8. ^ a b Othmer, Donald F.; Kirk, Raymond E.; Kroschwitz, Jacqueline I.; Howe-Grant, Mary (1991). Kirk-Othmer encyclopedia of chemical technology. 1. New Jersey: Wiley. p. 121. ISBN 047152669X. 
  9. ^ Griffiths, Ralph (1799). “Memoir on the Acetic Acid. By P A. Adet”. The Monthly review 28: 558. 
  10. ^ Adet, P. A. (1798). “Mémoire sur l'acide acétique”. Annales de Chemie 27: 299–319. 
  11. ^ Darracq, M. (1802). “Obsercations on the Acetous and Acetic Acids”. Journals of the Royal Institution of Great Britain 1: 132. 
  12. ^ Rocke, Alan J. (1993). The quiet revolution: Hermann Kolbe and the science of organic chemistry. Berkeley: University of California Press. pp. 59–60. 
  13. ^ Goldwhite, Harold (September 2003). “Short summary of the career of the German organic chemist, Hermann Kolbe”. The New Haven Section of the American Chemical Society 20 (3). 
  14. ^ 山口、山本、田村 (2010)、2頁。
  15. ^ a b 桜井 (2001)、2頁。
  16. ^ a b c d e Martin, Geoffrey (1917). Industrial and Manufacturing Chemistry (Part 1, Organic ed.). London: Crosby Lockwood. pp. 330–31. http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?view=image;size=100;id=mdp.39076005015040;page=root;seq=366;num=330. 
  17. ^ McClure, David Courtney. “Kilkerran Pyroligneous Acid Works 1845 to 1945”. Ayrshire History. 2011年8月19日閲覧。
  18. ^ Almqvist, Ebbe (2003). History of industrial gases. Berlin: Springer. p. 118. ISBN 0306472775. ; Brown, William H.; Foote, Christopher S.; Iverson, Brent L.; Anslyn, Eric V. (2011). Organic Chemistry (6th edition ed.). Belmont. p. 660. ISBN 084005498X. 
  19. ^ Aftalion, Fred (1991). A history of the international chemical industry. Philadelphia: University of Pennsylvania Press. p. 135. 
  20. ^ 桜井 (2001)、3頁。
  21. ^ 紫垣明典 「酢酸製造プロセスの進歩」『有機化学合成協会誌』 第41巻、1983年、553–560頁。
  22. ^ 藤森萬年 『産業倫理』 文芸社、2006年、43頁。
  23. ^ 桜井 (2001)、8頁。
  24. ^ 桜井 (2001)、6頁。
  25. ^ 大森晋爾 (2000年12月). “舎密開教”. 会報 第43号. 岡山日独協会. 2011年8月19日閲覧。
  26. ^ マクマリー (2009)、740頁。
  27. ^ IUPAC (2004), “Chapter P-1 Nomenclature of Organic Compounds”, Preferred IUPAC Names, p. 4, http://old.iupac.org/reports/provisional/abstract04/BB-prs310305/Chapter1.pdf .
  28. ^ 貞廣知行 (2008年2月24日). “エタン誘導体”. 化合物命名法談義. 2011年8月19日閲覧。
  29. ^ a b c d e Stoddard, John Tappan (1918). Introduction to Organic Chemistry (2nd ed. ed.). Philadelphia: P. Blakiston's Son & Co.. p. 96. http://books.google.com/books?id=ZKW4-3S8ryIC&pg=PA96. Forgotten Books から2010年に再版されている。
  30. ^ 山口、山本、田村 (2010)、30頁。
  31. ^ a b c d Senning (2007), p. 3.
  32. ^ Senning (2007), 2.
  33. ^ Hilmen, Eva-Katrine (2000年11月). “Separation of Azeotropic Mixtures: Tools for Analysis and Studies on Batch Distillation Operation”. Norwegian University of Science and Technology, dept. of Chemical Engineering. p. 13. 2011年8月20日閲覧。
  34. ^ Armarego, Wilfred L. F.; Chai, Christina L. L. (2009). Purification of Laboratory Chemicals (6th ed. ed.). Burlington: Elsevier. p. 40. 
  35. ^ a b Product Description. Acetic Acid, Glacial”. Celanese. 2011年8月20日閲覧。
  36. ^ Zieborak, K.; Olszewski, K. (1958). Bulletin de l'Academie Polonaise des Sciences. Serie des Sciences Chimiques Geologiques et Geographiques 6 (2): 3315–3322 
  37. ^ Emsley, John (1986-02-13). “The solution is the problem”. New Scientist: 33–37. http://books.google.co.jp/books?id=Gu6wFrdExO4C&pg=PA33. 
  38. ^ a b Thorpe, Gary (2007). AP Chemistry (4th ed. ed.). Hoboken: John Wiley and Sons. p. 63. http://books.google.co.jp/books?id=peKfop1XI8AC&pg=PA63. 
  39. ^ a b マクマリー (2009)、742頁。
  40. ^ Karle, J.; Brockway, L. O. (1944). “An Electron Diffraction Investigation of the Monomers and Dimers of Formic, Acetic and Trifluoroacetic Acids and the Dimer of Deuterium Acetate”. Journal of the American Chemical Society 66 (4): 574–584. doi:10.1021/ja01232a022. 
  41. ^ Jones, R. E.; Templeton, D. H. (1958). “The crystal structure of acetic acid”. Acta Crystallographica 11 (7): 484–487. doi:10.1107/S0365110X58001341. 
  42. ^ Briggs, James M.; Nguyen, Toan B.; Jorgensen, William L. (1991). “Monte Carlo simulations of liquid acetic acid and methyl acetate with the OPLS potential functions”. The Journal of Physcal Chemistry 95: 3315–22. doi:10.1021/j100161a065. 
  43. ^ Davies, M. M.; Sutherland, G. B. B. M. (1938). “The Infra‐Red Absorption of Carboxylic Acids in Solution I. Qualitative Features”. The Journal of Chemical Physics 6: 755–767. doi:10.1063/1.1750166. 
  44. ^ Walker, James (1899). Introduction to Physical Chemistry. New York: Macmillan and Co.. p. 197. http://books.google.com/books?id=evU_p902bKYC&pg=PA197. 
  45. ^ “Hydrgen Bonding”. Competition Science Vision 1 (8): 1164–1172. (1998). http://books.google.com/books?id=F-gDAAAAMBAJ&pg=PA1164. 
  46. ^ Product Description. Methyl Acetate”. Celanese. 2011年8月20日閲覧。
  47. ^ Sorrell, Thomas N. (2006). Organic Chemistry (2nd ed. ed.). Sausalito: University Science Books. p. 69. http://books.google.com/books?id=txmp1aoCJp8C&pg=PA69. 
  48. ^ a b 山口、山本、田村 (2010)、32頁。
  49. ^ a b マクマリー (2009)、743頁。
  50. ^ 地球環境化学夏休み宿題解答-1, 東京工業大学附属科学技術高等学校, http://www.hst.titech.ac.jp/~meb/answer05.pdf 
  51. ^ Schorlemmer, Carl (1874). A manual of the chemistry of the carbon compounds. London: Macmillan. p. 137. http://books.google.co.jp/books?id=Kjs3AAAAMAAJ&pg=PA137. 
  52. ^ Craig, Bruce D.; Anderson, David S. (1995). Handbook of Corrosion Data (2nd ed. ed.). Russell Township, Ohio: ASM International. pp. pp. 88–89. http://books.google.co.jp/books?id=KXwgAZJBWb0C&lpg=PA11&pg=RA1-PT41#v=onepage&q&f=false. 
  53. ^ Jain, Rahul (2005). Xam Idea - Science (6th ed. ed.). New Delhi: V. K. (India) Enterprises. p. 31. http://books.google.co.jp/books?id=nRLQcNzSyVAC&pg=PP41. 
  54. ^ Pavia, Donald L. (2005). Introduction to Organic Laboratory Techniques. Belmont: Thomson Learning. pp. pp. 93–96. http://books.google.co.jp/books?id=ega5c11VHvkC&pg=PA93#. 
  55. ^ Kozhevnikov, Ivan V. (2002). Catalysis by Polyoxometalates. Catalysts for Fine Chemical Synthesis. 2. Chichester: John Wiley & Sons. p. 178. http://books.google.co.jp/books?id=jaTXrZyGSuAC&pg=PA178. 
  56. ^ a b Coleman, G. H.; Alvarado, A. M. (1923), “Acetamide”, Org. Synth. 3: 3, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0003 ; Coll. Vol. 1: 3 .
  57. ^ a b Ahluwalia, V. K.; Aggarwal, R. (2000). Comprehensive Practical Organic Chemistry. Hyderabad: Universities Press (India). pp. pp. 14–15. http://books.google.co.jp/books?id=mnsKyupepQEC&pg=PA14. 
  58. ^ マクマリー (2009)、781頁。
  59. ^ Chauvel, A.; Lefebvre, G. (1989). Petrochemical Processes. Vol. 2. Paris: Editions Technip. p. 59. http://books.google.co.jp/books?id=3fkEv6TDqpkC&pg=PA59. 
  60. ^ Wittcoff, Harold; Reuben, B. G.; Plotkin, Jeffrey S. (2004). Industrial Organic Chemicals (2nd ed. ed.). Hoboken: John Wiley & Sons. pp. pp. 365–369. http://books.google.co.jp/books?id=4KHzc-nYPNsC&pg=PA365. 
  61. ^ Kane, Robert; Draper, John William (1851). Elements of Chemistry. New York: Harper and Brothers. p. 564. http://books.google.co.jp/books?id=1KWzya73ITsC&pg=PA564. 
  62. ^ Maki-Arvela, Paivi; Salmi, Tapio; Paatero, Erkki (1994). “Kinetics of the Chlorination of Acetic Acid with Chlorine in the Presence of Chlorosulfonic Acid and Thionyl Chloride”. Industrial & Engineering Chemistry Research 33 (9): 2073–2083. doi:10.1021/ie00033a008. 
  63. ^ Dalton, David R. (2011). Foundations of Organic Chemistry. Hoboken: John Wiley & Sons. pp. pp. 648–649. http://books.google.co.jp/books?id=2rxFRgp57_0C&pg=PA648. 
  64. ^ a b 泉屋信夫、野田耕作、下東康幸 『生物化学序説』 第2版、化学同人、1998年、129–135頁。
  65. ^ パウラ・Y・ブルース 『有機化学概説』 第2版、大船泰史、香月勗、西郷和彦、富岡清 監訳、化学同人、2010年、559頁。
  66. ^ マクマリー (2009)、1125–1135頁。
  67. ^ ブルース (2009)、1273–1275頁。
  68. ^ ブルース (2009)、1281–1282頁。
  69. ^ EC 6.2.1.1”. IUBMB Enzyme Nomenclature. 2011年9月4日閲覧。
  70. ^ EC 6.2.1.1”. IUBMB Enzyme Nomenclature. 2011年9月4日閲覧。
  71. ^ K・P・C・ボルハルト、N・E・ショアー 『現代有機化学』 第4版 下巻、古賀憲司、野依良治、村橋俊一 監訳、大嶌幸一郎、小田嶋和徳、小松満男、戸部義人 訳、化学同人、2004年、921–925頁。
  72. ^ マクマリー (2009)、1054–1073頁。
  73. ^ 畑山巧 『ベーシック生化学』 化学同人、2009年、149–151頁。
  74. ^ 米谷民雄 『食品中の化学物質と安全性』 日本食品衛生協会、2009年、28頁。
  75. ^ 湯川英明 監修 『CO2固定化・削減と有効利用』 CMC出版、CMCテクニカルライブラリー 地球環境シリーズ 第336巻、2009年、223–224頁。
  76. ^ 工藤俊章、大熊盛也 監修 『難培養微生物の利用技術』CMC出版、CMCテクニカルライブラリー バイオテクノロジーシリーズ 第344巻、2010年、107頁。
  77. ^ ジョージ・C・マクガヴァン 『完璧版昆虫の写真図鑑』 日本語版 野村周平 監修、日本ヴォーグ、2000年、219頁。
  78. ^ Myers, Richard L. (2007). The 100 most important chemical compounds. Westport: Greenwood. p. 3. http://books.google.co.jp/books?id=MwpQWcIKMzAC&pg=PA3. 
  79. ^ Yoneda, Noriyki; Kusano, Satoru; Yasui, Makoto; Pujado, Peter; Wilcher, Steve (2001). “Recent advances in processes and catalysts for the production of acetic acid”. Applied Catalysis A: General 221: 253–265. doi:10.1016/S0926-860X(01)00800-6. 
  80. ^ マクマリー (2009)、739頁。
  81. ^ 経済産業省生産動態統計・生産・出荷・在庫統計平成20年年計による
  82. ^ "Production report". Chem. Eng. News (July 11, 2005), 67–76.
  83. ^ a b c d e Suresh, Bala (2003). "Acetic Acid". CEH Report 602.5000, SRI International.
  84. ^ a b c アルペ (2004), 188頁。
  85. ^ Wagner, F. S. (1978). "Acetic acid". In Kirk-Othmer Encyclopedia of Chemical Technology; Grayson, M., Ed.; New York: John Wiley & Sons.; 3rd edition.
  86. ^ a b van Santen, Rutger A.; van Leeuwen, Piet W. N. M.; Moulijin, Jacob A.; Averill, Bruce A. (1999). Catalysis: An Integrated Approach (2nd ed.). Amsterdam: Elsevier. p. 15. ISBN 0444829636. 
  87. ^ アルペ (2004), 189–190頁。
  88. ^ アルペ (2004), 190–191頁。
  89. ^ Lancaster, Mike (2002). Green Chemistry: an Introductory Text. Cambridge: Royal Society of Chemistry. pp. pp. 262–266. ISBN 0-85404-620-8. 
  90. ^ a b 桜井 (2001)、3–4頁。
  91. ^ 桜井 (2001)、5頁。
  92. ^ アルペ (2004), 184頁。
  93. ^ アルペ (2004), 185頁。
  94. ^ アルペ (2004), 185–186頁。
  95. ^ Sano, Ken-ichi; Uchida, Hiroshi; Wakabayashi, Syoichirou (1999). “A new process for acetic acid production by direct oxidation of ethylene”. Catalyst Surveys from Japan 3: 55–60. doi:10.1023/A:1019003230537. 
  96. ^ 桜井 (2001)、7–8頁。
  97. ^ “休止状態の酢酸プラント廃棄も 昭和電工”, 大分合同新聞, (2009-08-01), http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_124908787945.html 2011年9月11日閲覧。 
  98. ^ a b Hromatka, Otto; Ebner, Heinrich (1959). “Vinegar by Submerged Oxidative Fermentation”. Industrial & Engineering Chemistry 51 (10): 1279–1280. doi:10.1021/ie50598a033. 
  99. ^ Partridge, Everett P. (1931). “Acetic Acid and Cellulose Acetate in the United States. A General Survey of Economic and Technical Developments”. Industrial & Engineering Chemistry 23 (5): 482–498. doi:10.1021/ie50257a005. 
  100. ^ Hromatka, Otto; Ebner, Heinrich (1949). “Investigations on vinegar fermentation: Generator for vinegar fermentation and aeration procedures”. Enzymologia 13: 369. 
  101. ^ JP 2010239913, 坂志朗, "有機酸発酵および直接水素化分解によるアルコール類の製造方法" 
  102. ^ アメリカ合衆国特許第5,173,429号
  103. ^ Jia Huey Sim, Azlina Harun Kamaruddin, Wei Sing Long and Ghasem Najafpour (2007). “Clostridium aceticum—A potential organism in catalyzing carbon monoxide to acetic acid: Application of response surface methodology”. Enzyme and Microbial Technology 40 (5): 1234–1243. doi:10.1016/j.enzmictec.2006.09.017. 
  104. ^ 松原市年産20万トン酢酸プロジェクト”. 中国吉林省 政府ネット. 2012年2月21日閲覧。
  105. ^ 足立、岩倉、馬場 (2004)、107頁。
  106. ^ ブルース (2009)、1399頁。
  107. ^ 足立、岩倉、馬場 (2004)、120–121頁。
  108. ^ 中原勝儼 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、107-108頁。
  109. ^ 祖父江、友田 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、108-109頁。
  110. ^ ロバート J. ウーレット 『ウーレット 有機化学』 高橋知義、橋元親夫、堀内昭、須田憲男 訳、化学同人、2002年、380頁。ISBN 4759809147
  111. ^ ブルース (2009)、1444頁。
  112. ^ a b Klaus Weissermel,Hans-Jürgen Arpe (2008). Industrial Organic Chemistry. John Wiley & Sons. p. 187. ISBN 3527614591. 
  113. ^ CERI有害性評価書”. 化学物質評価研究機構. 2012年8月21日閲覧。
  114. ^ PRTR・MSDS対象物質ハザードデータ”. 製品評価技術基盤機構. 2012年8月21日閲覧。
  115. ^ VINEGAR (pdf)”. Global AgriSystem. p. 1-2. 2012年3月6日閲覧。
  116. ^ 食酢の生産動向”. 全国食酢協会中央会 全国食酢公正取引委員会. 2012年3月6日閲覧。
  117. ^ 韓国産「氷酢酸」飲まないで…急性胃炎発症も”. 読売新聞 (2009年11月20日). 2009年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月5日閲覧。
  118. ^ Charles Sell (2007). “Ingredients for the Modern Perfumery Industry”. In Charles Sell. The Chemistry of Fragrances: From Perfumer to Consumer. Royal Society of Chemistry. p. 80. ISBN 0854048243. 
  119. ^ Roger Arthur Sheldon,Isabel Arends,Ulf Hanefeld (2007). Green Chemistry and Catalysis. Wiley-VCH. p. 99. ISBN 352730715X. 
  120. ^ 桜井弘 『薬学のための分析化学』 化学同人、1999年、142-143頁。ISBN 4759808418
  121. ^ 増田芳男、澤田清 『理系のための基礎化学』 化学同人、2006年、126頁。ISBN 4759810552
  122. ^ 中央精機のホログラフィ (pdf)”. 中央精機. p. 43. 2013年5月26日閲覧。
  123. ^ 大矢勝 『よくわかる最新洗浄・洗剤の基本と仕組み』 秀和システム、2011年、90-91頁。ISBN 4798031828
  124. ^ 心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン 2010 (pdf)”. アメリカ心臓協会. p. 28. 2013年5月24日閲覧。
  125. ^ 外耳道炎”. メルクマニュアル18版 日本語版. 2013年5月24日閲覧。
  126. ^ 熱帯地域サイレージ調製・利用の手引き (pdf)”. 畜産技術協会. pp. 3-4. 2013年5月28日閲覧。
  127. ^ 植木實、猪木千春 (2001). “研修医のための必修知識 B.産婦人科検査法 5.コルコスコピー”. 日産婦誌 53 (5): 1. http://www.jsog.or.jp/PDF/53/5305-069.pdf. 
  128. ^ 小出剛 『マウス実験の基礎知識』 オーム社、2009年、74-75頁。ISBN 4274502171
  129. ^ 主成分は酢酸カリウム、グリセリン・水。
  130. ^ a b 安全データシート(SDS) (pdf)”. 昭和化学. p. 4. 2013年5月27日閲覧。
  131. ^ 林裕造 『食品安全ハンドブック』 食品安全ハンドブック編集委員会、丸善、2010年、306-308頁。ISBN 4621081829
  132. ^ a b 製品安全データシート 酢酸銅(II)”. 中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター. 2013年5月27日閲覧。
  133. ^ 小林孝行、山本周治 (2008). “地域農産物由来天然色素による染色技術の開発”. 愛知県産業技術研究所研究報告 (愛知県産業技術研究所) 7: 137. http://www.aichi-inst.jp/mikawa/research/report/mikawa_2008_03.pdf 2013年5月27日閲覧。. 
  134. ^ 窪田周平 『創薬支援研究の展望』 鳥澤保廣・監修、シーエムシー出版、2008年、138-139頁。ISBN 4882319985
  135. ^ モノクロロ酢酸”. 日本化学物質安全・情報センター. p. 2. 2013年5月27日閲覧。
  136. ^ ブロモ酢酸”. 厚生労働省. 2013年5月27日閲覧。
  137. ^ Trifluoroacetic acid (TFA)試薬 製品仕様書”. シグマアルドリッチ. 2013年5月27日閲覧。



酢酸

出典:『Wiktionary』 (2011/11/13 04:07 UTC 版)

名詞

さくさん

  1. 化学式CH3COOH と表されるカルボン酸一種IUPAC命名法における系統名エタン酸食用(す)主成分

翻訳






酢酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

酢酸に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「酢酸」の関連用語

酢酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

羽根谷砂防堰堤

STS-5

821N

緊急通報システム

ユナ

バイカイカリソウ

白山川

600形





酢酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2017 Japan Sake Brewers Association
イシハライシハラ
Copyright (C) 2017 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酢酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの酢酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS