幸福会ヤマギシ会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 幸福会ヤマギシ会の意味・解説 

幸福会ヤマギシ会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/26 05:07 UTC 版)

幸福会ヤマギシ会(こうふくかいヤマギシかい)とは、とは農業牧畜業を基盤とするユートピア[1]をめざす活動体(農事組合法人[2][† 1])。 通称は「ヤマギシ会」「ヤマギシ」。1953年(昭和28年)、山岸巳代蔵の提唱する理念の社会活動実践母体「山岸式養鶏会」として発足、約10日後に「山岸会」に改名[4]1995年(平成7年)に名称を「幸福会ヤマギシ会」と変更[5]所有の概念を全否定し[6]、「無所有一体」の生活を信条としている。アーミッシュと並べて例えられる場合もある。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 正確には、各地にある「ヤマギシズム社会実顕地」(後述)がそれぞれ農事組合法人として登記されている[3]
  2. ^ ヤマギシズムは「山岸主義」を意味し、山岸巳代蔵が発見したとされる真理・理想を指すが、具体的な内容については不明である[8]
  3. ^ フリーライターの近藤衛は、会員を「特講を受けた後、なんらかの会の活動をする人々」と定義している[14]
  4. ^ 近藤衛によると、生活実顕地の中で暮らす者は私有財産のすべてを幸福会ヤマギシ会に「無条件委任」する。また、実顕地の中での労働に対し賃金が支払われることはない[17]
  5. ^ 一例として、三重県津市にある「豊里ファーム」での販売がある[18]
  6. ^ 1967年生。山岸巳代蔵に関する文献を読んだのをきっかけに幸福会ヤマギシ会に関心を抱き、1995年に特別講習研鑽会を受講。さらに同会の実態を外部者の立場から調査するべく[21]、1999年の春から12月にかけて目的を隠してヤマギシズム社会実顕地に参画した。
  7. ^ 近藤衛は、特別講習研鑽会の受講経緯の「古典的な類型」のひとつは、幸福会ヤマギシ会の謳う「低コストで卵商売ができる養鶏技術に釣られ」、「金もうけが目的でヤマギシ会に近づき、特講を受けると熱烈なユートピアンに変幻」するパターンであるとも述べている[24]
  8. ^ 具体的には、何らかの「提案」があると「研鑽」が行われ、物事が自然と正しい方向へと「調正」されるということに理論上なっている[32]
  9. ^ 近藤衛によると、受講中は着替えや洗面用具を除き、貴重品や身分証明書を含め所持品は幸福会ヤマギシ会側に預ける(ただしタバコは許される)[45]
  10. ^ 米本は、受講者は「自ら変化した素晴らしい体験」として特講をとらえていると分析している[75]
  11. ^ 米本は、特別講習研鑽会の目標に「感情……等に執着する心を放ち(一応棚上げして)」という一文があることに着目し、「それ以外にはない」はずの答えが進行役に受け入れられないという矛盾に受講者が苦痛を感じ、矛盾から逃れようとすることで脳の状態に変化が生じ、「特講の目標がするりと脳のどこかに入り込」む可能性を指摘している[81]。そして米本は進行役が同じ質問を執拗に繰り返したことについて、「理屈をわからせるために十数時間も延々と同じ質問を発していたのではないはずだ。実際に特講性の脳に変化が訪れ、感情の神経回路が遮断されることを期待して、執拗に同じ問いを繰り返していたとしか考えられない」と推測している[82]
  12. ^ 米本和広は豊里村実顕地において、参画者が「私の身体だって私のものではない」と発言するのを聞いたとしている[106]
  13. ^ a b 近藤は脱退にあたり「世話係り」から「自分勝手に働いていたことにし、脱退後に給料を要求しない」よう求められたという(近藤2003、284頁。)。
  14. ^ 米山はこれについて「ヤマギシが目指す社会は『法に縛られぬ社会』、『権利・義務のない社会』である。しかし、この通達では法律に定められた権利は主張し、分割割合分相当の遺産はきちんと相続しろというのだ」と矛盾を指摘している[113]
  15. ^ 近藤衛によると、ある住人が「世話係り」に人間関係の希薄さを訴えたところ、「実顕地は他人や関係面(人間関係のこと)を観る場所ではない」と返答されたという[117]
  16. ^ 米本和広によると、参画者の労働時間は年間4000時間弱で、日本における平均の2倍近い長さである[119]
  17. ^ 近藤衛によると、山岸巳代蔵は外部社会を「百鬼夜行の陰惨な、混濁世界」と表現した[135]。近藤自身も生活実顕地で暮らす中で外部の人間の「獣性」について語る参画者を目撃したという[135]
  18. ^ 米本和広によると、豊里村実顕地の最初期のメンバーは外部社会の人間を「外のバイ菌と」表現した[136]
  19. ^ 米本和広は豊里村実顕地において、参画者が「私の子どもだって私のものではない」と発言するのを聞いたとしている[106]
  20. ^ 1993年、元実顕地参画者の松本繁世が雑誌『自然生活』(野草社)に「私の見たヤマギシズム社会の実態」を発表したことをきっかけに、1994年に松本を代表として発足。「ヤマギシズムという思想・運動の批判的な検討、またそのためのヤマギシ会の歴史の検証」などを目的とする。なお1996年には米本和広や学園生の家族によって「ヤマギシ会の子どもを救う会」が結成されている。
  21. ^ a b 建前上、参画者は農事組合法人の被雇用者である(近藤2003、287頁。)。
  22. ^ 宗教学者の島田裕巳は、幸福会ヤマギシ会が発足以降、外部社会と積極的に関わり勢力を拡大しようとする時期と、外部社会との接触を断ち内に閉じこもろうとする時期を繰り返してきたと分析している[198]
  23. ^ この点についてヤマギシズム学園側は、「学園に入れば、何だってできるような力がつく」としているが、米本和広によると現実には中卒の肩書しかもたない学園出身者にとって職業の選択肢は極めて限られている[210]
  24. ^ ヤマギシズム学園事務局は米本の取材に対し、学園設立の目的は「革命の後継者づくり」にあるとコメントした[221]
  25. ^ ヤマギシズム学園事務局は米本の取材に対し、体罰の行使を認める発言をしている[222]
  26. ^ 米本和広は、転校により広島弁護士会の調査対象をなくすことがヤマギシズム学園側の狙いであったと推測している[225]

引用

  1. ^

    小田「たとえばおれみたいな怠け者で酒のみがいて、毎日、毎日、グータラグータラと酒を飲んで何もしなかったらどうするんや」
    村人「べつに困りまへんで。あんたも入れて、みんなで話し合いしますのや。そうすると、あんたもお酒をそないにのまんようになる」
    小田「すると説得されるわけやな」
    村人「説得やおまへん。人を説得すると、必ずカドがたちます。あんたの心に、畜生、うまいこと言いまかされてしもた、という気持ちが残ります。それが、あんた、この世界の争いのもとですで。『説得』とちごうて、わてらのは『納得』です。話し合っているうちに(もちろん、あんたの意見もちゃんときくんでっせ)あんたもフウーンとうなずくようになる。それでっせ、わてらのヤマギシズムの根本は。」

    米本和広、米本1997、45頁。米本1999、50頁。

出典

  1. ^ 知的革命(95) 社会愛主義社会(76) 吉本隆明氏との対話(四)」、『機関紙 けんさん』2005年7月号、幸福会ヤマギシ会全国事務局、2005年7月。
  2. ^ a b 近藤2003、287頁。
  3. ^ 斎藤1997、319頁。
  4. ^ 米本1999、301頁。
  5. ^ a b c 幸福会ヤマギシ会の沿革” (日本語). 幸福会ヤマギシ会 概要. 幸福会ヤマギシ会. 2012年1月30日閲覧。
  6. ^ a b 斎藤1997、313頁。
  7. ^ 週刊東洋経済2012年7月28日号
  8. ^ 米本1997、29-30頁。
  9. ^ a b c d 「FACTA」2013年5月
  10. ^ a b c 幸福会ヤマギシ会の活動” (日本語). 幸福会ヤマギシ会 概要. 幸福会ヤマギシ会. 2012年1月30日閲覧。
  11. ^ 斎藤1997、319-320頁。
  12. ^ 米本1999、29頁。
  13. ^ 米本1997、46-47頁。
  14. ^ a b 近藤2003、40頁。
  15. ^ 斎藤1997、312頁。
  16. ^ 米本1997、47頁。
  17. ^ a b c d 近藤2003、3頁。
  18. ^ 「農業共済新聞」2013年8月28日付
  19. ^ 斎藤1997、324頁。
  20. ^ 斎藤1997、344-346頁。
  21. ^ 近藤2003、74頁。
  22. ^ 近藤2003、227頁。
  23. ^ 米本1997、108-114頁。
  24. ^ 近藤2003、22頁。
  25. ^ 『気流の鳴る音―交響するコミューン』 (ちくま学芸文庫、2003年3月10日発行)18頁
  26. ^ a b c 幸福会ヤマギシ会の理念” (日本語). 幸福会ヤマギシ会 概要. 幸福会ヤマギシ会. 2012年1月30日閲覧。
  27. ^ 米本1997、30頁。
  28. ^ 近藤2003、4頁。
  29. ^ 近藤2003、175頁。
  30. ^ a b 幸福会ヤマギシ会の組織” (日本語). 幸福会ヤマギシ会 概要. 幸福会ヤマギシ会. 2012年1月30日閲覧。
  31. ^ 斎藤1997、317-320頁。
  32. ^ a b c d 米本1997、44頁。
  33. ^ 米本1997、43頁。
  34. ^ 米本1997、270-271頁。
  35. ^ 米本1997、271-273頁。
  36. ^ 米本1997、271頁。
  37. ^ a b 近藤2003、224頁。
  38. ^ 米本1997、302-303頁。
  39. ^ a b 近藤2003、15-16頁。
  40. ^ 近藤2003、40-41頁。
  41. ^ 近藤2003、75頁。
  42. ^ 『無欲のすすめ』(島田裕巳・著、角川書店)29頁~30頁
  43. ^ 『パソコン創世記』(富田倫生・著)
  44. ^ a b c 「特講」とは?” (日本語). ヤマギシズム特別講習研鑽会. 幸福会ヤマギシ会. 2012年1月30日閲覧。
  45. ^ 近藤2003、24頁。
  46. ^ ヤマギシズム特別講習研鑽会「特講」開催要項
  47. ^ 近藤2003、246-248頁。
  48. ^ 『神と空』(海鳴社)199頁
  49. ^ 朝日新聞夕刊2001年8月1日付
  50. ^ 「ヤマギシズム特別講習研鑽会・参加のしおり」2頁(山岸会発行)
  51. ^ 「ヤマギシズム特別講習研鑽会・参加のしおり」2頁(山岸会発行)
  52. ^ 近藤2003、25-29頁。
  53. ^ 近藤2003、29-30頁。
  54. ^ 近藤2003、32-37頁。
  55. ^ 『無欲のすすめ』(島田裕巳・著、角川書店)33頁
  56. ^ 近藤2003、35頁。
  57. ^ a b 近藤2003、37頁。
  58. ^ 斎藤1997、334頁。
  59. ^ 近藤2003、36-37頁。
  60. ^ 米本1997、151-152頁。
  61. ^ 米本1997、155頁。
  62. ^ 米本1997、215-216頁。
  63. ^ 『無欲のすすめ』(島田裕巳・著、角川書店)33頁。
  64. ^ 『フィールドとしての宗教体験』(法蔵館)158頁
  65. ^ 近藤2003、30-31頁。
  66. ^ 近藤2003、31頁。
  67. ^ 近藤2003、31-32頁。
  68. ^ 近藤2003、32頁。
  69. ^ 米本1997、209-211頁。
  70. ^ 米本1997、219-220頁。
  71. ^ 米本1997、211-214頁。
  72. ^ 米本1997、208頁。
  73. ^ 米本1997、210-211頁。
  74. ^ 米本1997、229頁。
  75. ^ a b 米本1997、233頁。
  76. ^ 米本1997、244-246頁。
  77. ^ 米本1997、117-118頁。
  78. ^ 米本1997、230-231頁。
  79. ^ a b 米本1997、180頁。
  80. ^ 米本1997、205-206頁。
  81. ^ 米本1997、143頁。
  82. ^ 米本1997、161頁。
  83. ^ a b 米本1997、206頁。
  84. ^ a b 近藤2003、196頁。
  85. ^ 武田1994、20頁。
  86. ^ 近藤2003、10-11頁。
  87. ^ 米本1999、49頁。
  88. ^ 米本1997、276頁。
  89. ^ 『ヤマギシズム特別講習研鑽会への招待』(「既存の概念を再構築する」杉本厚夫・執筆、ヤマギシ会)頁3
  90. ^ 米本1997、252頁。
  91. ^ 近藤2003、257-258頁。
  92. ^ 斎藤1997、332-333頁。
  93. ^ 『けんさん』1977年10月25日号
  94. ^ 『けんさん』1977年10月25日号
  95. ^ 『けんさん』1977年10月25日号
  96. ^ 『不可視のコミューン―共同体原理を求めて』(新宿書房刊)18頁
  97. ^ 米本1997、42頁。
  98. ^ a b 『ユートピアの模索』(村岡到・著、ロゴス)28頁~36頁
  99. ^ 『パソコン創世記』(富田倫生・著)
  100. ^ 近藤2003、75-76頁。
  101. ^ 近藤2003、185頁。
  102. ^ 近藤2003、205-210頁。
  103. ^ 米本1997、33頁。
  104. ^ 近藤2003、186-190頁。
  105. ^ 近藤2003、285-286頁。
  106. ^ a b 米本1997、36頁。
  107. ^ 近藤2003、187頁。
  108. ^ 米本1997、40-41頁。
  109. ^ a b 米本1997、295頁。
  110. ^ 近藤2003、228-229頁。
  111. ^ 米本1997、291-292頁。
  112. ^ 米本1997、295-296頁。
  113. ^ 米本1997、296頁。
  114. ^ 『期待と回想 上』(晶文社)290頁
  115. ^ 近藤2003、213頁。
  116. ^ a b 近藤2003、230頁。
  117. ^ a b c 近藤2003、242頁。
  118. ^ 近藤2003、243頁。
  119. ^ 米本1997、41頁。
  120. ^ 近藤2003、223頁。
  121. ^ 近藤2003、221頁。
  122. ^ 近藤2003、231頁。
  123. ^ 近藤2003、221-222頁。
  124. ^ a b c d 近藤2003、68頁。
  125. ^ 近藤2003、203頁。
  126. ^ 近藤2003、222頁。
  127. ^ 近藤2003、181頁。
  128. ^ 近藤2003、168-169頁。
  129. ^ 近藤2003、170頁。
  130. ^ 近藤2003、222-223頁。
  131. ^ 近藤2003、243-344頁。
  132. ^ 近藤2003、244頁。
  133. ^ 近藤2003、260-261頁。
  134. ^ 近藤2003、245頁。
  135. ^ a b 近藤2003、249頁。
  136. ^ 米本1997、106-107頁。
  137. ^ 近藤2003、248-249頁。
  138. ^ a b c 近藤2003、237頁。
  139. ^ a b 近藤2003、239頁。
  140. ^ a b 近藤2003、239-240頁。
  141. ^ 近藤2003、240頁。
  142. ^ a b c 近藤2003、235頁。
  143. ^ a b 近藤2003、234頁。
  144. ^ 『ユートピアの模索』(村岡到・著、ロゴス)20頁
  145. ^ 米本1997、38頁。
  146. ^ 近藤2003、233頁。
  147. ^ 『ユートピアの模索』(村岡到・著、ロゴス)19頁
  148. ^ 『ユートピアの模索』(村岡到・著、ロゴス)10頁
  149. ^ 『ユートピアの模索』(村岡到・著、ロゴス)20頁
  150. ^ a b c 米本1997、278頁。
  151. ^ 米本1997、278-279頁。
  152. ^ a b 米本1997、279-280頁。
  153. ^ a b c d e f 米本1997、280頁。
  154. ^ a b c d e 米本1997、281頁。
  155. ^ 「農業共済新聞」2013年8月28日付
  156. ^ 『ユートピアの模索』(村岡到・著、ロゴス)42頁~43頁
  157. ^ 『農業が創る未来』424
  158. ^ 『農業が創る未来』44頁~48頁
  159. ^ 『農業が創る未来』48頁
  160. ^ 『農業が創る未来』49頁~50頁
  161. ^ 『農業が創る未来』123頁~125頁
  162. ^ 『農業が創る未来』127頁~128頁
  163. ^ 『農業が創る未来』129頁~130頁
  164. ^ 『農業が創る未来』130頁~131頁
  165. ^ ヤマギシズム運動の沿革” (日本語). 幸福会ヤマギシ会. 2012年1月30日閲覧。
  166. ^ 近藤2003、48頁。
  167. ^ 近藤2003、53頁。
  168. ^ 近藤2003、47-50頁。
  169. ^ 近藤2003、51-52頁。
  170. ^ 近藤2003、58頁。
  171. ^ 山岸会幹部逮捕” (日本語). 昭和毎日. 毎日新聞. 2012年1月30日閲覧。
  172. ^ 近藤2003、54-55頁。
  173. ^ 近藤2003、55頁。
  174. ^ a b c 斎藤1997、316頁。
  175. ^ 斎藤1997、315頁。
  176. ^ 近藤2003、56-57頁。
  177. ^ a b 近藤2003、56頁。
  178. ^ 近藤2003、60-61頁。
  179. ^ 近藤2003、61-62頁。
  180. ^ 近藤2003、62-64頁。
  181. ^ 米本1997、41頁。
  182. ^ 米本1997、53頁。
  183. ^ 近藤2003、66-67頁。
  184. ^ 近藤2003、65頁。
  185. ^ 近藤2003、69頁。
  186. ^ 近藤2003、56頁。
  187. ^ a b c 近藤2003、71頁。
  188. ^ 近藤2003、72頁。
  189. ^ 斎藤1997、329-330頁。
  190. ^ a b 近藤2003、257-258頁。
  191. ^ 近藤2003、258頁。
  192. ^ 近藤2003、261-262頁。
  193. ^ a b 近藤2003、262-264頁。
  194. ^ 近藤2003、265頁。
  195. ^ a b 近藤2003、266頁。
  196. ^ 近藤2003、295頁。
  197. ^ 近藤2003、282頁。
  198. ^ 近藤2003、67頁。
  199. ^ 近藤2003、296頁。
  200. ^ 『ユートピアの模索』(村岡到・著、ロゴス)175頁
  201. ^ 『無欲のすすめ』(角川書店)82頁
  202. ^ 近藤2003、54-55頁。
  203. ^ 昭和毎日:山岸会幹部逮捕 1959年07月10日”. 毎日新聞. 2012年3月25日閲覧。
  204. ^ 近藤2003、56-57頁。
  205. ^ a b 「春日山50年のあゆみ」(春日山50年のあゆみ編集委員会)
  206. ^ 斎藤1997、316-317頁。
  207. ^ 近藤2003、66頁。
  208. ^ 米本1997、53-54頁。
  209. ^ 米本1997、56-57頁。
  210. ^ 米本1997、75頁。
  211. ^ a b 米本1997、54頁。
  212. ^ a b c d 米本1997、56頁。
  213. ^ 米本1997、72-73頁。
  214. ^ 米本1997、82頁。
  215. ^ 斎藤1997、317頁。
  216. ^ 斎藤1997、326頁。
  217. ^ 米本1997、73頁。
  218. ^ a b 米本1997、74頁。
  219. ^ 米本1997、76頁。
  220. ^ 米本1997、83頁。
  221. ^ 米本1997、84・105頁。
  222. ^ 米本1997、106頁。
  223. ^ 米本1997、83-91頁。
  224. ^ 米本1997、93頁。
  225. ^ 米本1997、102頁。
  226. ^ a b 衆議院会議録情報 第145回衆議院予算委員会第11号” (日本語). 2012年1月30日閲覧。
  227. ^ 米本1997、100-101頁。
  228. ^ 近藤2003、73頁。
  229. ^ a b 松本篤周. “奪われた財産と信用を返せ。-ヤマギシズムに対する財産返還賃金支払請求事件-” (日本語). 人権派弁護士集団・ナゴヤ. 2012年1月30日閲覧。
  230. ^ 米本1997、297-298頁。
  231. ^ 判例時報1881号67頁
  232. ^ 判例時報1900号217頁
  233. ^ 判例時報1900号217頁
  234. ^ 判例時報1990号217頁
  235. ^ 判例時報1990号217頁
  236. ^ 判例時報1990号217頁
  237. ^ 判例時報1792号72頁
  238. ^ 判例時報1792号73頁
  239. ^ 広辞苑第5版2349頁
  240. ^ 判例時報1990号218頁
  241. ^ 判例時報1990号218頁
  242. ^ 判例時報1990号218頁
  243. ^ 判例時報1990号217頁
  244. ^ 判例時報1990号217頁
  245. ^ 判例時報1990号217頁
  246. ^ 判例時報1990号219頁
  247. ^ 判例時報1990号219頁
  248. ^ 判例時報1990号221頁
  249. ^ Bundestags-Drucksache 13/4132: Antwort der Bundesregierung auf die Kleine Anfrage Drucksache 13/3712 (1.Welche Gruppierungen zählt die Bundesregierung zu den sog. Jugendsekten oder Psychogruppen, und welche dieser Gruppierungen treten z.Z. verstärkt in Deutschland in Erscheinung?) AGPF(Aktion für Geistige und Psychische Freiheit; 精神的・心理的自由のためのアクション) 1996年3月15日 2009-9-19閲覧 "ドイツ連邦政府はすべての州と協力し、パンフレット"ドイツ連邦共和国のいわゆる若いカルトと精神異常グループ"(Sogenannte Jugendsekten und Psychogruppen in der Bundesrepublik Deutschland)を作成した。以下のグループ、団体を含む:"(Die Bundesregierung hat in Kooperation mit allen Bundesländern den Entwurf einer Informationsbroschüre »Sogenannte Jugendsekten und Psychogruppen in der Bundesrepublik Deutschland« erarbeitet, in den u. a. die nachfolgenden Gruppierungen und Organisationen aufgenommen wurden:)
  250. ^ 近藤2003、42-43頁。
  251. ^ 近藤2003、41頁。
  252. ^ 近藤2003、43頁。
  253. ^ 近藤2003、47-52頁。
  254. ^ 近藤2003、223-226頁。
  255. ^ 近藤2003、275-277頁。
  256. ^ a b 近藤2003、264頁。
  257. ^ 近藤2003、38-39頁。
  258. ^ 斎藤1997、322-323頁。
  259. ^ 米本1997、255-256頁。
  260. ^ 米本1997、256-257頁。
  261. ^ 米本1997、253-254頁。
  262. ^ 米本1997、258-259頁。
  263. ^ 米本1997、259-260頁。
  264. ^ 米本1997、264-265頁。
  265. ^ 『神と空』哀しきユートピア(海鳴社)222頁






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幸福会ヤマギシ会」の関連用語

幸福会ヤマギシ会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

砂

鯉魚図揃金具

トンネル

601号車

FLSTFB

アメリカン

青ランプ

ニューかめりあ





幸福会ヤマギシ会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幸福会ヤマギシ会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS