圧延とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 圧延 > 圧延の意味・解説 

あつ えん [0] 【圧延】

( 名 ) スル
二個またはそれ以上のロール回転させ,その間に金属材料通して板・棒・管などの形に成形加工すること。成形同時に材質均一化する。材料加熱して行う熱間圧延常温で行う冷間圧延がある。


圧延(あつえん)

アルミ塊を溶解し、引き伸ばしアルミニウムの板や箔をつくることです。アルミ塊は主にスラブが使われます。日本では、圧延業はアルミ産業の上流に位置し、業界対すプレゼンスが高くなります。

圧延

英語 rolling

圧延機の上下に組み付けられているローラー隙間に、加工ようとする金属材料高温または常温通しローラー押し付け板状薄くしたり、H型材、鋼管線材棒材などにする加工法をいう。圧延方法にはおもに薄板の圧延を代表として冷間圧延厚板、形や棒などを加工する熱間圧延の2とおりがある。自動車車体部品には、一般的に熱間圧延鋼板(板厚1.4~6mm)および冷間圧延鋼板(板厚0.4~3.2mm)が使用されている。外板などの見栄え重視するものや大きな内板では、重量軽くしたい場合基本的に1mm以下の冷延鋼板多用されている。

参照 熱間圧延鋼板シートメタル冷間圧延鋼板
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

圧延

【英】rolling

熱間または冷間において各種金属素材いろいろな形状回転するローラの間を通過させ,板,棒、各種形鋼,管などを製作する加工法,板の場合シート状,帯状2種類があり,仕上がりの厚みから厚板薄板,はくに大別される。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

圧延

スラブ呼ばれる金属の塊を、ローラー金属を延ばし目的形状を得る方法
平板製造する場合円筒状のローラーを用い、 表面滑り止め模様の付いたデッキプレート製造する場合は、 ローラー滑り止め模様を刻んだローラーを用い表面模様転写する。
スラブ赤熱状態で圧延する熱間圧延と、常温付近で行う冷間圧延がある。

圧延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/23 09:20 UTC 版)

圧延(あつえん、英語: rolling)とは、金属加工方法の一つ。2つあるいは複数のロール(ローラー)を回転させ、その間に金属を通すことによって板・棒・管などの形状に加工する方法である。材料に大きな力を加えて加工する、塑性加工の一種。




「圧延」の続きの解説一覧





圧延と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

圧延に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「圧延」の関連用語

圧延のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミッドシップ

オートザムAZ-ワゴン→マツダAZ-ワゴン

ディディエ・ピローニ

ティレル

サニー

アジアカー

コイルスプリング

ステンレス鋼





圧延のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2017 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2017 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの圧延 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS