THEE MICHELLE GUN ELEPHANT タイアップ一覧

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/20 09:40 UTC 版)

タイアップ一覧

使用年 曲名 タイアップ
1996年 キャンディ・ハウス NHK-FMミュージック・スクエア』1996年8・9月度オープニングテーマ
スペースシャワーTV夕陽のドラゴン』エンディングテーマ
1997年 カルチャー テレビ神奈川saku saku MORNING CALL』オープニングテーマ
ゲット・アップ・ルーシー テレビ神奈川『ミュージックトマトJAPAN』テーマソング
バードメン テレビ朝日系『ぷらちなロンドンブーツ』オープニングテーマ
1998年 ギャガ・コミュニケーションズ配給映画『JOKER 疫病神』主題歌
2000年 ベイビー・スターダスト テレビ朝日系『ぷらちなロンドンブーツ』オープニングテーマ
深く潜れ NHK総合NHK-BS2 ドラマ『深く潜れ〜八犬伝2001〜』挿入歌[20]
2002年 赤毛のケリー ゼアリズエンタープライズ配給映画『青い春』オープニングテーマ[21]
ドロップ ゼアリズエンタープライズ配給映画『青い春』エンディングテーマ[21]
ブギー ゼアリズエンタープライズ配給映画『青い春』挿入歌[21]
モナリザ
2003年 エレクトリック・サーカス テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2003年10月度オープニングテーマ
2008年 太陽をつかんでしまった 日活配給映画『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』挿入歌[22]
remember Amsterdam 日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない新聞社24時』CM予告曲[23]
2010年 ドロップ テレビ東京ドラマ24モテキ』第4話モテ曲[24]
2024年 ミッドナイト・クラクション・ベイビー iPhoneで撮影 - Shot on iPhone」『ミッドナイト』エンディングテーマ[25]

  1. ^ a b c d e THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ザ・ミッシェル・ガン・エレファント)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2021年6月14日閲覧。
  2. ^ a b c d Spano, Charles. Thee Michelle Gun Elephant | Biography & History - オールミュージック. 2021年6月14日閲覧。
  3. ^ ミッシェル・ガン・エレファント - プロフィール”. CDJournal. 株式会社シーディージャーナル. 2021年6月14日閲覧。
  4. ^ a b rockin' blues.com. “rockin' blues.com”. THEE MICHELLE GUN ELEPHANT公式ウェブサイト. 2008年2月1日閲覧。
  5. ^ 【訃報】モッズスーツ「洋服の並木」店主が逝去”. FASHIONSNAP [ファッションスナップ] (2011年5月14日). 2016年8月23日閲覧。
  6. ^ a b J-ROCKmagazine編集部「Web版バックナンバー・アーカイブ」『J-ROCKmagazine』1997年12月号、株式会社ジェイロックマガジン社、1997年。 
  7. ^ 『ミッシェル・ガン・エレファント』ロッキング・オン、2000年4月28日、395頁。ISBN 4947599812 
  8. ^ 『ミッシェル・ガン・エレファント』ロッキング・オン、2000年4月28日、188-190頁。ISBN 4947599812 
  9. ^ 渋谷陽一 (2001年6月16日). “風格とクールな自覚 ミッシェル・ガン・エレファント公演”. 渋谷陽一の部屋. ロッキング・オン. 2003年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月11日閲覧。
    横浜アリーナライブの模様はライブビデオ『WORLD PSYCHO BLUES』にて鑑賞することが可能である。
  10. ^ 「出たくねえ」t.A.T.u.がボイコットした伝説のMステ”. エキサイトニュース (2015年7月23日). 2023年3月8日閲覧。
  11. ^ BARKS (2003年10月14日). “ミッシェルガンエレファント、幕張で解散ライヴ”. BARKS. アイティメディア株式会社. 2010年10月11日閲覧。
  12. ^ THEE MICHELLE GUN ELEPHANT SEASON LIMITED WEB SITE”. thee.asia. 2023年3月8日閲覧。
  13. ^ 『ミッシェル・ガン・エレファント』ロッキング・オン、2000年4月28日、388頁。ISBN 4947599812 
  14. ^ チバユウスケ『ROCKIN'ON JAPAN』1998年2月号、ロッキング・オン、1998年2月。 
  15. ^ 出演者ラインナップ”. ミュージックステーション. テレビ朝日. 2021年10月1日閲覧。
  16. ^ 『Mステ』30年目の今、聴き返してみたい5曲”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2015年9月28日). 2021年10月1日閲覧。
  17. ^ 禁断!〈歌番組の放送事故〉一挙公開!<Mステ、その他篇>タモリが「あいつら逃げやがった」憤慨コンビ”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2021年5月23日). 2021年10月1日閲覧。
  18. ^ ミュージックステーション 2020/08/21(金)20:00 の放送内容”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション. 2021年10月1日閲覧。
  19. ^ (インタビュー)「タモリ『Mステ』生放送の意義を語る「音楽が創られる現場を目撃してもらいたい」」『テレビドガッチ』、TVer、2015年9月11日https://plus.tver.jp/news/35156/detail/2021年10月1日閲覧 
  20. ^ 深く潜れ~八犬伝2001~”. テレビドラマデータベース. 2022年12月9日閲覧。
  21. ^ a b c 【コラム】ミッシェルの曲に揺さぶられる、儚くて残酷な青春映画『青い春』”. OTOTOY (2022年7月17日). 2022年12月9日閲覧。
  22. ^ 三浦春馬さんが金髪を披露...主題歌も歌った映画『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』を無料配信中”. トレンドニュース (2021年5月7日). 2023年1月23日閲覧。
  23. ^ 『ガキの使い』大晦日SPのCMで流れていた曲は?”. CDJournal リサーチ (2009年1月7日). 2023年1月11日閲覧。
  24. ^ モテキ”. テレビドラマデータベース. 2023年1月3日閲覧。
  25. ^ THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの『ミッドナイト・クラクション・ベイビー』がエンディングテーマに起用!”. rockin'blues. 2024年3月12日閲覧。
  26. ^ むむむ 2009/09/02 01:19 at the Wayback Machine (archived 2009-09-18)
  27. ^ 後藤正文『ゴッチ語録 GOTCH GO ROCK』ぴあ、2006年3月17日。ISBN 978-4835616131 
  28. ^ 椎名宗之、9mm Parabellum BulletWeb版バックナンバー」『Rooftop』2007年5月号、有限会社ルーフトップ、2007年5月、2010年10月11日閲覧 
  29. ^ 【ACIDMAN】Relaxing, and Reminding|MUSICSHELF at Archive.is (archived 2013-07-02)
  30. ^ おだか”. ランクヘッドBLOG (2010年10月25日). 2023年3月8日閲覧。
  31. ^ かりゆし58 » プロフィール at Archive.is (archived 2010年10月7日)
  32. ^ 2009/7/22*卓郎”. 9mm Parabellum Bullet | Blog. 2023年3月8日閲覧。
  33. ^ 特集 コンドルズ × jealkb|MUSICSHELF at the Wayback Machine (archived 2016-03-06)
  34. ^ [1]WWD JAPANのインタビューより2019年2月5日
  35. ^ THANK YOU ROCKERS - WORDS - STRAIGHTENER.NET at the Wayback Machine (archived 2007-08-17)
  36. ^ マキシマムザホルモン. “マキシマムザ亮君”. マキシマムザホルモン公式ウェブサイト. 2010年10月11日閲覧。
  37. ^ Base Ball Bear; 湯浅将平. “メンバー詳細プロフィール”. Base Ball Bear公式ウェブサイト. 2007年12月15日閲覧。
  38. ^ 石井亮輔 Official Twitter”. 2015年6月27日閲覧。
  39. ^ まゆゆ、スペシャ特番第2弾で再びTMGEを熱く語る”. 2012年12月6日閲覧。



thee michelle gun elephant

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/20 05:55 UTC 版)

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)は、日本ロックバンド。俗称として『ミッシェル』や『TMGE』が用いられる。1960年代から1970年代のパンク・ロックパブロックガレージロックからの影響を濃く見受けられるサウンドが特徴。1991年に結成され、2003年に解散した。




[ヘルプ]
  1. ^ 1997年5月6日放送「ミュージックスクエア (NHK-FM)」ゲスト出演時におけるウエノの発言より。
  2. ^ チバユウスケ『ROCKIN'ON JAPAN』1998年2月号、ロッキング・オン、1998年2月。
  3. ^ a b c rockin' blues.com. “rockin' blues.com” (日本語). THEE MICHELLE GUN ELEPHANT公式ウェブサイト. 2008年2月1日閲覧。
  4. ^ a b J-ROCKmagazine編集部「Web版バックナンバー・アーカイブ」『J-ROCKmagazine』1997年12月号、株式会社ジェイロックマガジン社、1997年。
  5. ^ 渋谷陽一 (2001年6月16日). “風格とクールな自覚 ミッシェル・ガン・エレファント公演” (日本語). 渋谷陽一の部屋. ロッキング・オン. 2003年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月11日閲覧。
    横浜アリーナライブの模様はライブビデオ『WORLD PSYCHO BLUES』にて鑑賞することが可能である。
  6. ^ BARKS (2003年10月14日). “ミッシェルガンエレファント、幕張で解散ライヴ” (日本語). BARKS. アイティメディア株式会社. 2010年10月11日閲覧。
  7. ^ プロジェクト特設サイト
  8. ^ [1]2009年9月2日付の日記より
  9. ^ 後藤正文 『ゴッチ語録 GOTCH GO ROCK』 ぴあ、2006年3月17日。ISBN 978-4835616131
  10. ^ 椎名宗之、9mm Parabellum BulletWeb版バックナンバー」『Rooftop』2007年5月号、有限会社ルーフトップ、2007年5月、2010年10月11日閲覧。
  11. ^ 梶原有紀子; the pillows (2004年11月4日). “勢いとポップセンスが同居!『GOOD DREAMS』特集【インタヴュー】” (日本語). BARKS. アイティメディア株式会社. 2010年10月11日閲覧。
  12. ^ [2]ランクヘッドBLOG 2010年10月25日
  13. ^ [3]公式サイトのプロフィール欄より
  14. ^ [4]9mm Parabellum Bulletブログ 2009年7月22日
  15. ^ [5]
  16. ^ [6] 公式サイトの「DIARY」より 2003年10月14日
  17. ^ マキシマムザホルモン. “マキシマムザ亮君”. マキシマムザホルモン公式ウェブサイト. 2010年10月11日閲覧。
  18. ^ Base Ball Bear; 湯浅将平. “メンバー詳細プロフィール”. Base Ball Bear公式ウェブサイト. 2007年12月15日閲覧。


「thee michelle gun elephant」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」の関連用語

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT (改訂履歴)、thee michelle gun elephant (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS