黒田勇樹 黒田勇樹の概要

黒田勇樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/07 16:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
くろだ ゆうき
黒田 勇樹
本名 黒田 勇樹
生年月日 (1982-04-23) 1982年4月23日(38歳)
出生地 東京都世田谷区
国籍 日本
血液型 O型
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画舞台テレビドラマ
活動期間 1983年 - 現在
活動内容 ドラマ映画舞台バラエティ
配偶者 中村瑠衣2012年 - 2013年
事務所 株式会社ベンヌ(業務委託)
公式サイト プロフィール
主な作品
人間・失格~たとえばぼくが死んだら
セカンド・チャンス
ひとつ屋根の下2
劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE
テンプレートを表示

略歴

1歳からモデルとしてCMや雑誌に出る。1988年にNHK大河ドラマ武田信玄』で信玄の孫・武田信勝役で、俳優デビュー。1990年に帝国劇場のミュージカル『オリバー!』で2792倍の難関を越えて主役のオリバーに抜擢、8歳の帝国劇場最年少主役となる。

1994年、ドラマ『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』にいじめの主犯格の同級生・武藤和彦役として出演し、最高視聴率28.9%を記録する。

1998年山田洋次監督の『学校III』に小島富美男役として出演。同作でキネマ旬報賞新人男優賞、日本映画批評家大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞、全国映連賞男優賞を受賞。

2004年、映画『劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』にて、志村純一 / 仮面ライダーグレイブを演じる。後に、同作の原作であるテレビドラマ『仮面ライダー剣』の終盤に出演。2009年にはテレビドラマ『仮面ライダーディケイド』に出演し、先述の映画『仮面ライダー剣』の志村純一同様、仮面ライダーグレイブに変身する「海東純一」を演じる。

2010年5月をもって、俳優業を一度引退。フリーランスとなって以降、“ハイパーメディアフリーター”として、メルマガ配信やネット配信番組で活躍の場を拡大し続けつつも食肉加工工場でアルバイトをしていた。Twitterを頻繁に更新しており、ファンとの交流は続けている[1][2]2012年1月には黒田がTwitter上にて拡散させた「メールマガジンの読者を増やすために流行のステルスマーケティングに挑戦している」という趣旨の冗談とその顛末がTogetterにまとめられて反響を呼び、翌月に行われた「つぶやきメディアサミット2012」でツイートエンターテインメント部門賞、および年間大賞であるゴールデントゥギャり大賞を受賞した[3][4]

2012年8月1日中村瑠衣と7月10日に結婚したことを発表。併せて日本初の映画に特化したクラウドファンディングサービス 『FiRoom』を利用し特撮映画「メンタルヒーローJ1」(仮)で監督デビューすることを発表した。

2012年8月30日に妻・中村瑠衣がDVの被害に遭っていることをtwitterで暴露し[5]2013年1月12日には警視庁へ被害届を出している。一方、黒田側も妻からDVを受けていたと反論[6]2013年5月27日離婚を正式に発表。

その後、ワークショップなどでの演技指導と映像制作を経て2014年1月、俳優で演出家のIKKANの誘いで舞台復帰。中小規模の劇場ではあるが劇場主宰の演劇賞を受賞、映画監督飯田譲治の初舞台化作品への出演など2年間で20本以上という驚異的なペースで舞台出演を重ねる。

また『仮面ライダー剣』で共演した椿隆之杉浦タカオウチクリ内倉、斎藤このむ等同年代の役者たちと演劇ユニットサーティワンアイスクリーマーズ[7]を結成し活動している。

2016年2月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭に監督作品が出展される。

2017年8月より株式会社ベンヌと業務提携となる。

出演

テレビドラマ

映画

舞台

  • オリバー!(帝国劇場、1990年)
  • スタンド・バイ・ミー(サンシャイン劇場)
  • リボンの騎士(セゾン劇場)
  • ROCK TO THE FUTURE(Panasonic D・LIVE/1996年・1997年/赤坂BLITS)
  • ビューティフル・ゲーム(青山劇場、2006年)
  • ソフィストリー 〜詭弁〜(2006年) - エクス 役
  • トーチソングトリロジー(2006年)
  • ツラヌキ怪賊団「みんなのうた」(2014年)
  • カプセル兵団「男ばかりの会話劇第3弾!『アベンジャーズ Ver2014』カプセル兵団EX公演」(ワーサルシアター八幡山劇場/STAGE+PLUS、2014年)
  • カプセル兵団月光条例〜カグヤ編〜」原作:藤田和日郎(笹塚ファクトリー、2015年)
  • 飯田譲治初舞台作品『戯曲Operation』(2015年)

(作・監修飯田譲治、演出久米伸明、プロデューサー中野敦之、出演鳳恵弥梅宮万紗子山田太一関口アナム長島慎治伊藤孝太郎渡部将之)

CM

ラジオ

バラエティ

ライブイベント

  • トークライブ 『僕と黒田と勇樹と俺と、』 (2011年1月14日) [1]
  • カレーライブ 黒田勇樹 presents 『僕と黒田と勇樹と俺と、部屋とYシャツとカレー。』 (2011年3月26日) [2]
  • インターネットライブ『めざますテレビ』 (2011年7月7日)[3]
  • 黒田勇樹の離婚報告会〜何となく横浜で〜(2013年6月15日) YOKOHAMA Three S





「黒田勇樹」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒田勇樹」の関連用語

黒田勇樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒田勇樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒田勇樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS