アメーバピグ ピグモバイル

アメーバピグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:04 UTC 版)

ピグモバイル

携帯電話版のアメーバピグ。ただし以下のように、パソコン版とは大きく機能が異なる。

  • 自分の部屋や部活の部室はない。そのため「きたよ」機能がないほか、アイテムショップでも家具類は販売されていない。
  • 実際に画面内でアバターを動かすことはできない。
  • アバターの背景画像を変更できる「背景」アイテムが存在する。
  • 2010年4月13日の仕様変更をもって「おでかけ」機能は削除され、「マイピグ」ページから直接アバター用のアイテムショップ、掲示板、ゲームに飛ぶようになった。
  • パソコン版のチャットに代え、掲示板が設置されているが、チャットと異なりメッセージがリアルタイムには反映されないため、新しいメッセージを読むにはページの再読み込み等が必要。また2010年4月13日の仕様変更以降、各カテゴリーごとに更新の新しい順に上位11掲示板しかアクセスすることができなくなったが、2010年5月11日より上位11掲示板の制限が解除された。
  • ピグとも・対戦ゲーム機能がない。
  • スクラッチカード機能がない。代わりにアイテムキャッチャーが用意されていた。
  • 相手がログインしていなくても、グッピグ履歴やプロフィール画面、掲示板など[44]を用いてグッピグ可能。

2010年7月6日より「わくわくメダル広場」を提供開始。2010年9月までに月間30万人の利用を目指すとしていた[45]

スマホ版

スマートフォンAndroid版のアメーバピグ。Android2.2以上のスマートフォンでのみ利用可能。Androidマーケット(現:Google Play)からダウンロードする。現在はインストールできない。

用語

アメ
ピグの中でのみ通用するポイント。基本的にログイン時、アバターを着せ替えた時、部屋の模様がえ時に獲得できるほか、他のアバターからグッピグを受けた際、他のアバターが自分の部屋を訪問して「きたよ」ボタンを押した際(どちらも1日20人分まで)にも獲得することができる。
それ以外に不要なアイテムを「持ち物を整理する」ボタンでリサイクルすると、アイテムの価格にかかわらず、1アイテムにつきアメ1個が手に入る。ただし、不定期に開催されるリサイクルアメ5倍・10倍キャンペーンや「グッピグ」「きたよ」アメ2倍キャンペーンで、アメの獲得数が増加することもある。また、ピグモバイルの『はらぺこアメきゃっち』で1日最高10個のアメが貰える。
アメを使うことで、ランダムにアイテムを得られるスクラッチカードに挑戦することができるほか、一部の広場ではアイテムとの交換にも使われる。コミュニティの作成で20個、イベントの作成などにも10個が必要となる。
コイン(旧称:アメゴールド)
Amebaの各サービス共通の仮想通貨。ショップでほとんどのアイテムを購入する際必要となるほか、ペットの入手、アバターのアクション追加はコインを使わないと行えない。入手方法は携帯電話による決済、ウェブマネークレジットカード等で有料で購入するか、あるいはブログのアフィリエイト、オフィシャルタイアップ一覧の閲覧、マイページでの抽選などによる。
2010年8月3日以降、所有数に1年間増減がない場合は、2010年8月3日以前からの所有分や有料購入分も含め、コインは全て消滅する仕様となった。
2014年5月より、それまで混在していた「コイン」と「アメゴールド」が「コイン」に統合された。
引換券
ショップでアイテム1つと交換できる券。新規登録時の特典やスクラッチカードで入手可能。ショップで使用するとコインの支払いが免除され、無料でアイテムを獲得できる。ただし、ショップには引換券が使えない「引換券不可」のアイテムも存在し、この場合はコインを消費して獲得する必要がある。
カメラ
ピグの中で写真が撮れる機能。撮った写真は保存もでき、ブログにアップすることも可能。また拡大縮小で寄りや引きでの写真が撮影できる。写真保存枚数上限は10000枚。ピグチャンネルエリアなど一部のエリアでは使用できない。
グッピグ
ピグの中で他のアバターを褒める際に使われる機能。名称は「Good Pigg」に由来。ピグのプロフィール画面にある「グッピグ」ボタンを押すことで機能する。
PC版では、グッピグされたアバターは後光を放つようになり、されたことが周囲のピグにもわかるようになっている。またグッピグは同一の場所にいるアバターに対してのみ行える。グッピグによるアメ獲得は1日最大20個。
ピグモバイルでは、相手がログインしているか否かを問わず、各アバターの「コーディネート帳」からグッピグが可能。ただしグッピグボタンを押したり、その前段階として相手のページにアクセスしようとすると、会員登録のページにリンクされるという不具合もときどき発生していた。
ショップ
コインや引換券を使用して、ピグの服や小物、自分の部屋用の家具、アクションを購入できる仮想店舗。ペット機能が追加されてからはペットのえさも買えるようになった。
ギフト機能もあり、他のアバターへアイテムを送ることもできる。
ポケット
2009年8月26日、期間限定アイテム「手持ち花火」の提供開始に合わせてスタートされた機能。ここには使い捨てのアイテムが入る。ペット機能追加後はペットのえさもここに保管される。
ワクワク
  • ポチくじ
一日に一度だけ引けるくじ。
当たると1コインまたは10コインが手に入る。ごく稀な確率で100コインが当たることもある。
  • スクラッチカード
ランダムにアイテムを獲得できるカード。1枚のカードにつき5×5のマス目があり、1日1回のみ一つのマス目を開けることができる。挑戦には1回につきアメ20個が必要。
開けられるマス目はすでに開いているマス目に隣接したところのみで、初期状態では中央しか開けられない。各カードには1枚ずつ、所定のマス目にアイテムの代わりに引換券が存在する。ハズレはないが、すでに持っているアイテムと重複する場合が多い。
カードは複数種類が存在し、途中で変更することも可能。ただし5×5のマス目を全て開けると、通常のアイテム以外にコンプリート特典としてもう一つアイテムを得られるため、途中でカードを変更するよりは1つのカードをコンプリートするほうが得となる。
デイリーボーナス
ログイン時にアメやアイテムがもらえる機能。毎日連続してログインすると、獲得できるアメの数が増加したり、限定アイテムや引換券を獲得できたりする。
ピグとも
仲の良い友達とアバターを相互に登録し合うSNS的機能。ピグともになると「ピグとも一覧」から簡単に相手を探し出すことができるほか、オンライン設定されているピグともを追跡することもできる。なお他のユーザからのピグとも申請を拒否する設定も可能。ピグともの上限は300名。2010年2月には「ピグとも招待」機能が追加された。
ピグトーク
ピグ上で行えるグループトーク機能で、PC版・スマートフォン版の18歳以上のピグで利用可能。ピグとも同士だと複数人で会話することができる。
つりゲーム
アメーバピグのミニゲーム。さまざまな種類の魚を釣り、ポイントを貯めるシステムとなっている。貯まったポイントはショップで釣りの餌や竿、その他色々なアイテムと交換できる。
つりポイント(つりP)
つりゲームエリアで使えるポイント。魚を釣ることで獲得でき、大きくてレア度の高い魚になるほど獲得ポイントが多くなる。集めたポイントは釣り道具や限定アイテムと交換できる。Pポイントをつりポイントに交換することができる。なお、コインをつりポイントに交換することはできない。
カジノエリア
カジノ$で遊べるギャンブルエリアで、スロットルーレットブラックジャックミニバカラがある。
カジノ$
カジノエリアのみで使える通貨で、カジノゲームやコインとの交換で獲得できる。集めたカジノ$は限定アイテムと交換できる。
アイテムキャッチャー
ピグモバイルで遊べるゲーム。PC版のスクラッチカードに相当する機能で、UFOキャッチャーをイメージしたゲームでカプセルを獲得することを目指す。プレイには1回につき20アメが必要で、1日2回まで挑戦可能。カプセルの中にはアイテムが入っているほか、カプセル獲得に失敗した場合でも残念賞としてアメ20個またはアメ30個与えられる。スクラッチカードに引換券が存在することへの対応として、プレイ回数50回ごとに引換券1枚が与えられる。
はらぺこアメきゃっち
ピグモバイルで遊べるゲーム。キャラクターを操作して、画面上部から落ちてくるアメをどれだけ獲得できるかを競う。落ちてくるものにはアメ以外に時間延長・落下速度低下のアイテムや岩もあり、3回岩に当たるとゲームオーバー。スコアが30万点以上で1~2個、120万点以上で1~4個のアメを獲得できるが、1日で獲得できるアメは最高10個となっている。
わくわくメダル広場
ピグモバイルで遊べるメダルゲーム。コインと交換したメダルを使って、スロットやトランプ(ハイ&ロー)などのゲームをプレイし、さらにメダルを獲得することができる。獲得したメダルは、1,000メダルからアメーバピグ限定アイテムと交換可能。交換可能なアイテムは当初は12種類を用意し、その後も「ブーシュカ」などのアイテムや、メダルゲームも随時追加予定としていた。
Pポイント
2013年3月12日に導入された機能。アメーバピグ、ピグライフ、ピグアイランド、ピグカフェ、ピグワールドの指定された条件をクリアするともらえるポイント。Pポイントを貯めるとPポイント数に応じて各種ゲームで使用できるアイテムや、コインと交換できる。
日記
2014年7月29日にリリース。160字以内で日記を書くことができる。ピグ内の写真も貼り付けられる。
2015年5月12日のメンテナンスで、日記の「ひろめる機能」が追加された。これはTwitterで言えばリツイート機能にあたる[46]。また2015年9月3日には、日記の投稿記事上限が1ユーザーあたり10000件に引き上げられた[47]

注釈

  1. ^ サイバーエージェントの2010年9月期第2四半期決算説明会資料 p.28によれば、Ameba事業課金売上高の2/3をアメーバピグが占めており、3ヶ月で4億円以上をアメーバピグだけで売り上げている。
  2. ^ 月に行くには宇宙服が必要
  3. ^ 2011年3月30日に不具合による一時閉鎖の再開
  4. ^ ピグシャトルは宇宙服の着用が入場条件になっている
  5. ^ タイムトラベルの1655年大航海時代にもある。
  6. ^ タイムトラベルの1646年江戸時代にもある。
  7. ^ ホワイトは基本ルールのみ・ブルーは8切りが適用・ブラウンは8切りとしばりが適用・レッドは8切りとしばりと11バックが適用。
  8. ^ タイムトラベルの1990年バブル時代にもある。
  9. ^ AKB学園は、校門前が10年桜・体育館が大声ダイヤモンド・教室が涙サプライズをイメージしたデザインとなっている。
  10. ^ ワールドプロレスリング』とのタイアップ
  11. ^ 沖合・遠洋・超遠洋は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  12. ^ 西灯台・南灯台・北灯台は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  13. ^ 定められている条件をクリアしていないと入れないエリア
  14. ^ 中流・上流・超上流は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  15. ^ 定められている条件をクリアしていないと入れないエリア
  16. ^ 本流は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  17. ^ 部屋から直接庭に行くことができる。
  18. ^ 109パロディ
  19. ^ ルーレット・ブラックジャック・ミニバカラのVIPエリアはカジノカードがGOLD以上じゃないと入れない。
  20. ^ 全室基本ルール(階段・革命・都落ち・スペ3返し・反則あがり)は適用される。そして、8切りエリアなど、エリアごとに適用されるルールが少し違う。
  21. ^ 一部地域では放送されない場合あり

出典

  1. ^ 沿革” (日本語). 株式会社サイバーエージェント. 2020年11月8日閲覧。
  2. ^ アメーバピグ、PC版終了へ 背景には「Flashのサポート終了」” (日本語). J-CAST ニュース (2019年3月13日). 2020年7月16日閲覧。
  3. ^ PC版アメーバピグはサービスを終了いたしました” (日本語). PC版アメーバピグはサービスを終了いたしました. 2020年7月16日閲覧。
  4. ^ 【AKB48】メンバー本人のピグに会えるかも?! - アメーバピグスタッフブログ・2010年1月22日
  5. ^ ピグの推奨利用環境を教えてください - Amebaヘルプ
  6. ^ 仮想空間「アメーバピグ」50万人突破 有料アイテム好調、月数千万円の売り上げ - ITmedia・2009年7月8日
  7. ^ a b 「アメーバピグ」利用者数600万人を突破、仮想通貨流通量は月間約6億円規模に(2011年1月31日)
  8. ^ a b c アメーバピグ|みなさまに大切なお知らせ” (日本語). content.ameba.jp. 2019年5月12日閲覧。
  9. ^ アメーバピグに対象年齢はありますか? - Aamebaヘルプ
  10. ^ a b c d アメーバピグ「15歳以下規制」で大騒動 悲しむ子供に「大人」もコメント「参戦」” (日本語). J-CAST ニュース (2012年3月14日). 2020年11月8日閲覧。
  11. ^ 【重要なお知らせ】お手紙、ひそひそ話機能の終了について” (日本語). アメーバピグ スタッフブログ (2012年2月24日). 2020年11月8日閲覧。
  12. ^ a b c d アバター同士の性行為「ピグH」は本当に行われているのか 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 朝日新聞出版 (2012年5月19日). 2020年11月8日閲覧。
  13. ^ 【お知らせ】アメーバピグ「18歳未満専用利用環境」の仕様変更について- アメーバピグスタッフブログ・2016年11月22日
  14. ^ a b 「分身」同士が下着姿でH会話 アメーバピグで「バーチャル性行為」横行” (日本語). J-CAST ニュース (2012年4月12日). 2020年11月8日閲覧。
  15. ^ 15歳未満利用規制で大問題の『アメーバピグ』 『ピグエッチ』というサイトがひどすぎる” (日本語). ガジェット通信 GetNews (2012年3月14日). 2020年11月8日閲覧。
  16. ^ 海外向けアバターコミュニティサービス「AmebaPico」の提供を開始(2010年3月8日)
  17. ^ 海外向けアバターコミュニティサービス「AmebaPico」が約2ヶ月半で利用者数100万人突破 新機能「Events(イベント告知板)」を追加(2010年5月26日)
  18. ^ ComicWorld - サイバーエージェントではたらく広報担当のブログ・2010年4月20日
  19. ^ 海外向け仮想空間サービス「ComicWorld」をFacebookアプリとして開始(2010年4月20日)
  20. ^ ピグモバイルのオープン延期について - アメーバスタッフブログ・2009年8月18日
  21. ^ a b コミュニティサービス「アメーバピグ」がユーザー数140万人を突破 ペットを飼える新機能「ペット機能」を開始(2009年10月28日)
  22. ^ 1日に1万匹のペットが飼い主と出会う――仮想空間アメーバピグ - ITmedia・2009年11月17日
  23. ^ 【1人につき300アメG】ピグとも招待機能リリースのお知らせ
  24. ^ AAAが仮想空間“ピグドーム”で公演へ、初の試み - エキサイトニュース
  25. ^ 史上初のAAAピグLIVE、会場エリアを急遽増設 - BARKS
  26. ^ 【レポート】AAAピグLIVE「AAA Heart to ♥ TOUR 2010」に参加しました - THE SECOND TIMES(アーカイブ
  27. ^ アメーバピグfor Androidβ版がはじまりました! - アメーバピグスタッフブログ・2010年11月1日
  28. ^ a b アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」、お部屋の拡張機能を追加(2010年12月14日)
  29. ^ 【ピグ】推奨利用環境の変更について - アメーバスタッフブログ・2011年3月2日
  30. ^ 「アメーバピグ」で大トラブル 「ログインできない!」と運営ブログ炎上 - J-CASTニュース・2011年3月4日
  31. ^ 「アメーバピグが使えない」 動作条件変更に混乱のユーザー殺到、スタッフブログ炎上 - ITmedia・2011年3月3日
  32. ^ 【更新】ピグ新ゲーム「ピグライフ」について - アメばこ・2011年5月18日
  33. ^ ピグライフがリリースされました。
  34. ^ コミュニティサービス「アメーバピグ」が開始1ヶ月でユーザー数10万人突破 ブログでピグを紹介できる「カメラ機能」開始(2009年4月14日)
  35. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2009年5月20日). 2019年3月28日閲覧。
  36. ^ コミュニティサービス「アメーバピグ」がユーザー数50万人突破 新コミュニティ機能「部活」を開始(2009年7月8日)
  37. ^ Ameba 会員数850 万人、アメーバピグ会員数300 万人を突破「アメーバピグ」、TVCM の放映開始で、さらなる会員増加へ~DAIGO さん、千秋さん、矢口真里さんが「アメーバピグ」に出現~」(2010年4月14日)
  38. ^ 「アメーバピグ」利用者数が400万人を突破、「釣りゲーム」の提供を開始(2010年6月9日)
  39. ^ 2011年9月期第2四半期決算説明会資料 p.26(2011年4月28日)
  40. ^ 「アメーバピグ」内のソーシャルゲーム「ピグライフ」が3週間で利用者数100万人を突破 1日に収穫される作物は約1,300万点以上(2011年6月24日)
  41. ^ 「アメーバ広告ニュースブログ - Ameba最新データ - サイバーエージェント・2013年12月末
  42. ^ 【重要】アメーバピグ内での違反行為について” (日本語). アメーバピグ スタッフブログ (2010年7月5日). 2020年11月8日閲覧。
  43. ^ 【新機能】お部屋の増やし方・お部屋の大きさの変更の仕方” (日本語). アメーバピグ スタッフブログ (2010年12月14日). 2020年11月8日閲覧。
  44. ^ 2010年12月14日でマイピグからの掲示板とピグハローの利用終了。2011年1月末掲示板とピグハローのページが完全終了。
  45. ^ 「Amebaモバイル」にて携帯ゲーム「わくわくメダル広場」を提供開始 メダルを貯めて、「アメーバピグ」アイテムと交換
  46. ^ [1]
  47. ^ 【お知らせ】日記の投稿記事上限数がアップしました!” (日本語). アメーバピグ スタッフブログ (2015年9月3日). 2020年11月8日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アメーバピグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメーバピグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメーバピグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS